ポーカーの基本用語と意味

ポーカーにはいくつも種類があり、例えばテキサスホールデムでしか使わないポーカー用語なんてものもありますが、ここではまずポーカー全般で使用する「基本用語」を解説していきます。

以下はどのポーカーでも出てくる必ず覚えておきたい用語ですので、まずはこれらの意味からおさえていきましょう!

また、ポーカーにおいて現在一番人気といわれるテキサスホールデムポーカーの用語は以下で解説しています。

 

ベット(Bet)

テーブルに賭け金をかけることをベット(Bet)といいます。

ポーカーでも使用しますが、カジノゲーム全般において使用するため、最初に覚えておくべき用語です。

 

コール(Call)

自分の順が回ってきたときに選択できる行動(アクション)のひとつ、コール(Call)とは、相手のベット(賭け金)と同額のベットをするという意味です。

 

チェック(Check)

自分の順が回ってきたときに選択できる行動(アクション)のひとつ、チェック(Check)とは、次のプレイヤーにアクションを譲るという意味です。

 

フォールド(Fold)

自分の順が回ってきたときに選択できる行動(アクション)のひとつ、フォールド(Fold)とは、現在進行しているゲームを降りるという意味です。

自分の手持ちカードをテーブルに置き、フォールドと告げれば現ラウンドのプレイから引き下がることができますが、あなたがこれまで賭けてきたベットはテーブルに残り、まだプレイ中のプレイヤーがゲームを続行します。

また、フォールドした場合は次のゲームから再参加するルールです。

 

レイズ(Raise)

テーブル内の全プレイヤーに与えらたアクション(行動)、レイズ(Raise)とは、ゲームに参加している誰かがベットしたときにその金額を上回るベットをする、という意味です。

ただし、このベット金額を上乗せするレイズは、1プレイのうち~回までと回数制限が設けてある場合があります。

 

リレイズ(Re raise)

こちらもテーブル内の全プレイヤーに与えらたアクション(行動)ですが、リレイズ(Re-raise)とは、名の通り、レイズした後にさらに上乗せでレイズするという意味です。

 

リリレイズ(Re re raise)

リレイズ後、さらにレイズ(上乗せ)する場合をリリレイズ(Re re raise)といいます。

リリレイズする場合はその上乗せ分の金額を声に出し、テーブル全体へ伝えます。

 

ミニマムレイズ(Minimum Raise)

上記のレイズ(上乗せしてベット)する際の最低金額をミニマムレイズ(Minimum Raise)といいます。

 

オールイン(All in)

オールイン(All-in)とは、そのテーブルで持っている手持ちチップを全てベットすることです。つまり「自分の手持ちは絶対に勝てるくらい強いですよ」という他プレイヤーに対しての意思表示となります。

全て賭けるため、負けた場合は全チップを失います。

 

ドロー(Draw)

ドローとは、まだ未完成のハンド(役)でプレイしている状況を指す言葉です。決して引き分けという意味ではありません。

あと1枚で役が完成するがこなければ完成しない手のような場面を”ドローでプレイする”といいます。

 

アンティ(Anti)

ゲーム開始時、最初にベットしなければならない、そのテーブルへの参加費をアンティ(Anti)といいます。

設定されたアンティの額はテーブルによって変わりますが、ゲームの参加者全員が支払わなければならないものですので、拒否することはできません。

また、ポーカーの種類によってはアンティが無い場合(3カードポーカーなど)もあります。

 

サイドポット(side pot)

自分の手持ちチップすべてを賭けるオールイン後、他プレイヤーがレイズ(上乗せ)した場合はメインポットとは別の場所に保管されるのですが、この別の場所をサイドポット(Side pot)といいます。

 

ショーダウン(Shodown)

ゲームの勝敗を決める際に、参加者全員の手札を公開することをショーダウン(Shodown)といいます。

ポーカーにおいて、最も緊張する瞬間です。

 

シャーク(Shark)

参加しているテーブルにおいて、アグレッシブ且つ強いプレイヤーのことをシャーク(Shark)といいます。

また、直訳すると”鮫(サメ)”となるように、弱いものを徹底的に攻撃する様から名づけられたそうです。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!