ベアビック法はルーレットに94.5%勝てるってホント?

ルーレットは「カジノの女王」と呼ばれポピュラーなゲームのひとつです。そんなルーレットには「ベアビック法」と呼ばれる攻略法があり、その勝率は94.5%と群を抜いた高さになっています。今回はこの「ベアビック法」のやり方や検証を見ていきます。

ベアビック法とは

大喜びしている男性たち

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。
またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。
また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。
そんなルーレットの攻略法として「ベアビック法」と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94.5%というかなりのハイアベレージを誇る戦術で、オンラインカジノなどで実践するプレイヤーも少なくありません。
この「ベアビック法」とはヨーロピアンルーレットであれば37通りのうち、0と「前のゲームで出た数字」のふたつを除き、残りの35カ所すべてにストレートベットするというものです。
ストレートベットは的中すれば賭け金が36倍になるもので、全37通り中35通りが的中となるので、的中率は94.5%となり、ベアビック法で35ドル賭けても当たれば36倍ドルになるので、勝率も94.5%になるのです。

ベアビック法のやり方

それでは「ベアビック法」はどのようにして行うか、やり方をご紹介していきます。
ゲームが始まったらディーラーがベットの終了となる「ノーモアベット」の言葉と共に、レイアウト(賭ける部分)を手でかざすまでの間はベットが可能なので、0と前回出た数字を除く35カ所にベットします。
前回出た数字がわからない場合は1から36の中で好みの数字ひとつをはずして賭けます。
例として前回の結果が「28」であれば、0と28を除くすべてにベットをしますが、自分が座っている位置によっては場所が遠いことがあります。また35カ所にベットをするのは時間がかかるので賭け終わる前に時間切れになってしまい、賭けきれなかった場所がヒットして負けてしまう、ということもあります。
これを防ぐために、「インサイドベット」と「アウトサイドベット」を複合させた「ベアビック法」を行うプレイヤーもいます。
これは前回出た数字がある列はストレートベットをし、残りの列はコラムベットに数字分(1ドルであれば12ドル)をベットすることで、複合させて「ベアビック法」を成立させるというものです。またオンラインカジノであればベットまでの時間制限がないところもあるので、こういったところでは「ベアビック法」がやりやすいと言えるでしょう。
「ベアビック法」のもうひとつのデメリットとして、1ベットが1ドルであれば毎ゲームごとに35ドルが必要となり、当たってもプラスは1ドルなので大きく勝てるものではありません。
さらに勝率は94.5%と高いものの、決して100%ではないので結果が偏った場合、資金的に余裕がなければすぐにお金が尽きてしまうこともあります。このため「ベアビック法」はある程度資金に余裕があるプレイヤーが実践できるルーレット戦術と言えます。

ベアビック法の検証

 

勝率が94.5%と言われても実際にどこまで信用できるのかが気になる人も少なくありません。そのため実際にベアビック法にはどれだけの効率があるのかをご紹介していきます。
ベアビック法がはずれてしまう確率は1ゲームあたり5.5%(2/37)とされています。このため、単純に考えるのであれば20回に1回はベアビック法でも負けると言えるでしょう。
一方で結果がどちらかに偏った場合、最初のゲームで負けることもありますし、40ゲーム以上続けて勝つこともあります。
しかし19ゲームまで勝っていても、20ゲームで負けてしまうとそれまでの勝ち分だった19ドルは一気になくなり、逆に16ドルの負けに転落してしまいます。
このためベアビック法を使う際には「前もってゲーム数を決める」ことや「引き際を見極める」ことが必要になります。
またゲーム数を少なめに決めてベアビック法を使う場合は、あえて賭け金を増やして短期勝負で勝ち分を増やすという方法もあります。
例えば「10ゲームだけベアビック法を使って、少しでも浮きを狙う」や、「消した数字の近くがヒットしたらやめる」というような独自のルールを作り、実践することで追いかけすぎによる負けの確率を減らせます。
この考え方はベアビック法やルーレットに限らず、すべてのギャンブルに通じる考え方と言えるでしょう。ギャンブルである以上必ず「負け」という結果が出る可能性もあります。それを避けるために、自分でリミッターを作ることが何よりも重要になります。

まとめ

いかがでしょうか。今回は「カジノの女王」とも呼ばれるルーレットの戦術のひとつである「ベアビック法」がどのようなものかや、やり方などをご紹介しました。
賭け金が高いわりに1回あたりの儲けは少なく、人によってはハイリクスローリターンとも考えられるベアビック法ですが、負ける確率が低いだけに少なくても勝ちたいという人には向いています。
ルーレットの賭け時間に制限のある現実のカジノでは賭け切るのも一苦労になってしまうので、オンラインカジノなどで使うのがいいとされる戦術なので、堅実なプレイを求めたい人はベアビック法を活用してみてはいかがでしょうか。

実際にカジノをプレイしたことは2回しかなく経験は浅いですが、リサーチをするのは得意分野なので分かりやすくお伝えします。


友達にもシェアしましょう!