カリビアンスタッドポーカーのルールと遊び方

オープンポーカー(スタッド系)の一種、カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーとプレイヤーが1対1で勝負をするポーカーです。

日本人に馴染みのあるクローズドポーカー(ドロー系)と同様、5枚のカードで役を揃えるルールとなりますが、カード交換はできないため、どう動くかが勝負のカギとなります。

▼通常のポーカールールを確認したい方はこちら

 

カリビアンスタッドポーカーのルール

別名、パシフィック、バミューダ、トロピカルとも呼ばれるカリビアンスタッドポーカーは、オープンポーカーに属する種類であることから、「プレイ中、ディーラーのハンドが1枚オープン(表向き)」になることが最大の特徴です。

カード交換もないので、はじめに配付されたカードの影響が大きく、ポーカーの醍醐味であるブラフ(ハッタリ)といった駆け引きがないこともドローポーカーとは違う点です。

また、後述しますが、プログレッシブジャックポットと呼ばれる大当たりの賞金に賭けることもでき、一定の役ができたらディーラーのアクションに関係なく賞金がもらえることもカリビアンスタッドが支持される理由のひとつといえます。

※通常のベットエリア以外に用意されたベットエリア=サイドベットと呼びます

・カード交換がない
・ディーラーのカードが1枚オープン(表)になる
・ブラフなどの駆け引きがない
・ディーラーとの1対1勝負
・サイドベットに賭けることもできる

 

使用するカード

ジョーカーを除く52枚

カリビアンスタッドポーカーはジョーカー(Joker)を除く、計52枚のトランプを使います。

  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A
  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A
  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A
  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A

 

プレイ人数

カリビアンスタッドポーカーはディーラーとの1:1勝負であるため、

  • プレイヤーとして1人
  • ディーラーとして1人

いればプレイできます。

テーブルに同席がいたとしても、プレイヤー全てがディーラーとのタイマン勝負ですので、自分とディーラー以外の人数は気にせずでOKです。

 

カードの強さ

ポーカーのカードの強さ

通常のドローポーカー同様、カードの強さは2・3・4・5・6・7・8・9・10・J・Q・K・Aの順です。

ただし、カリビアンスタッドポーカーはジョーカーを使用しないため、最も強いカードはAとなります。最弱は2です。

 

勝敗の判断

ポーカーの勝敗の決め方

カリビアンスタッドも通常のポーカーと同様、「役の強さ」によって勝敗を判断し、その役のランクに応じて配当が支払われます。(配当についてはこちら)

ただし、カリビアンスタッドはディーラーの動きに特有があるので、そのあたりは入念に確認しておきましょう。

 

カリビアンスタッドポーカーの進め方・流れ

カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーに勝ったときの役に応じて配当倍率が決められているなど、ちょっとややこしいルールもあるので、以下よりしっかり確認してみてください。

 

Step1 アンティを支払う

ベットする

まずは開いているテーブルに座り、ゲームの参加費であるアンティ(ANTE)の支払いをおこないます。

アンティとは参加時に支払う強制ベットのことですが、各テーブルによって異なる場合があるため、勝負をやめたければ、自由に席を外しても構いません。

参加しているプレイヤー全員がアンティを賭け終わると、ゲームが始まります。

 

プログレッシブジャックポット(サイドベット)

プログレッシブジャックポット

冒頭で少し触れましたが、カリビアンスタッドポーカーにはプログレッシブジャックポットと呼ばれる大当たり賞金にベットすることもできます。

プログレッシブジャックポットとは「一定以上の役が完成したとき、勝敗に関係なく賞金が支払われるシステム」を指しますが、これを用いることで、「大役が完成したにも関わらず、ディーラーがゲームを降りたためにアンティの2倍分しかもらえない」という最悪の状況をまぬがれることができます。

テーブルやカジノによって金額が決められているので一概いくらとはいえませんが、ゲームを始める前に、一定額をプログレッシブジャックポットのエリアにベットすることが条件ですので、狙う場合はサイドベットにもチップを置きましょう。

 

Step2 カードが5枚配られる

カードを5枚配布

プレイヤー全てのベットが完了したら、プレイヤー、ディーラー共に5枚ずつカードが配られます。

ただし、カリビアンスタッドはオープンポーカーの一種ですので、ディーラーのハンドは1枚のみ公開された状態となります。

 

Step3 各アクションを行う

アクション

プレイヤーは自分のカードと、ディーラーのアップカード(表向きのカード)を確認し、

  1. 勝負を続ける
  2. ゲーム降りる

を決めます。

 

勝負(Call)する場合

勝負を続ける場合は、アンティの倍額のチップを「CALL(コール)」と書かれたベッティングエリアの上に置きます。

  • アンティが$1なら$2を追加
  • アンティが$2なら$4を追加

 

降りる(Ford)する場合

フォールドする場合はディーラーにカードを返します。

この時、アンティは戻ってきません。

 

Step4 勝敗決定

勝敗確定

全員のアクションが終わったら、ディーラーのカードが公開され、勝敗決定と配当の精査がおこなわれます。

ただし、カリビアンスタッドのディーラーは通常のポーカーとはまた少し違う動きをするので、以下にて確認しておきましょう。

 

ディーラーの決められた動き

カリビアンスタッドの勝敗判断

上図のように、ディーラーのハンドに「A・K の両方」が含まれている場合、または「ワンペア以上の役」を持っている場合に限り、強制的に勝負をおこないます。

また、この条件がそろっていることを「クォリファイ」といい、もしプレイヤーがディーラーに勝った場合は「アンティの2倍+(ベット額×役の配当倍数)」が支払われます。

ハンドそれぞれの配当はこの先で解説していますが、例えばアンティ$2、ツーペア(配当2倍)で勝利した場合は以下のとおりです。

  • $2×2=$4
  • $4×2倍=$8
  • 合計:$12 受け取り

 

ディーラーの特殊な動き

一方で、上記に満たない場合はプレイヤーのハンドに関係なく、ディーラーは強制的にそのゲームを降り、この時点で、プレイヤーにはアンティの2倍のチップが払い戻されます。(要はゲームの参加料の倍が戻ってくる)

というように、カリビアンスタッドには特有のルールがあるので、必ず覚えておきましょう。

 

カリビアンスタッドポーカーの役と配当

カリビアンスタッドポーカーで用いる役は、通常のポーカーと同様です。

また、勝利したときの配当倍率は以下のとおりですので、カリビアンスタッドでカジノを行う方は頭に叩き込んでおきましょう。

ハンド例 名称 配当
ロイヤルストレート ロイヤルストレート 100:1(101倍)
ストレートフラッシュ ストレートフラッシュ 50:1(51倍)
フォーオブザカインド フォーカード 20:1(21倍)
フルハウス フルハウス 7:1(8倍)
フラッシュ フラッシュ 5:1(6倍)
ストレート ストレート 4:1(5倍)
スリーオブザカインド スリーカード 3:1(4倍)
ツーペア ツーペア 1:1(2倍)
ワンペア ワンペア 1:1(2倍)
ノーペア ハイカード 1:1(2倍)

配当の2:1とう表記は、「得られる利益:アンティ」です。

カリビアンスタッドはディーラーに勝利するとアンティが戻ってくるため、2:1の場合は合わせて3倍の配当となります。

 

カリビアンスタッドポーカーの控除率(ハウスエッジ)

世の中のギャンブルには控除率(ハウスエッジ)と呼ばれる運営側の取り分があります。

簡単にいうと、賭けた金額に対しての手数料をあらわす割合のことで、控除率は各ゲームによって異なるのですが、カリビアンスタッドポーカーの控除率は約5%となっています。

 

まとめ

カリビアンスタッドポーカーはオープンポーカー(スタッド系)の一種で、ディーラーのハンドが一部公開されるなど、通常のポーカーとはまた違った面白さがあります。

ルールを覚えるのは少し大変かもしれませんが、ぜひこの機会に覚えてみるといいかもしれません。

 

海外旅行が好きなアラサー女です。カジノは片手で数えるぐらいしか行ったことありませんが、ポーカーが大好きです!ポーカー関連の情報を提供いたします★


友達にもシェアしましょう!