カリビアンスタッドポーカーのルールと遊び方

カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーとプレイヤーが勝負をするポーカーです。5枚のカードで役を揃えます。カードの交換はできないため、どう動くかが勝負のカギになります。

カリビアンスタッドポーカーの流れ

 

カリビアンスタッドポーカーとは、ハンドの一部を公開して行うスタッドポーカーの一種です。プレイヤーとディーラーが1対1で勝負します。
プレイヤーはアンティ(参加時に支払う強制ベット)を支払い、ゲームに参加します。プレイヤーは開いているテーブルがあればいつでも自由に座って勝負を始めることができます。勝負をやめたければ、自由に席を外しても構いません。
カリビアンスタッドポーカーはプレイヤーとディーラーの勝負を行うため、自分以外に何人のプレイヤーがいても自分対ディーラーです。参加しているプレイヤー全員がアンティを賭け終わると、ゲームが始まります。
1人5枚ずつ伏せてカードが配られ、ディーラーには1枚が表を向いた状態でカードが配られます。プレイヤーは自分のカードを確認し、勝負を続けるか降りるかを決めます。勝負を続ける場合はコールし、ベットまたはレイズと書かれた枠の上にカードを伏せて置きます。コールする際はアンティの倍額のチップが必要になります。
フォールドする場合はディーラーにカードを返します。この時、アンティは戻ってきません。
全員のアクションが終わったら、ディーラーのカードが公開されます。ディーラーは、ワンペア以上またはノーペアの状態でAとKの両方がハンドにある場合のみ勝負をします。この条件がそろっていることを「クォリファイする」といいます。クォリファイしていなければ、プレイヤーのハンドに関係なくディーラーは勝負を降りなければなりません。ディーラーがフォールドした時、プレイヤーにはアンティの2倍のチップが払い戻されます。
ディーラーがクォリファイした場合はプレイヤーとの勝負になります。プレイヤーがディーラーに勝った場合はアンティの2倍とベット額に対してハンドの役の倍率分が支払われます。

カリビアンスタッドポーカーの役

カリビアンスタッドポーカーで用いる役は、通常のポーカーと変わりありません。ここでは役のランクが低い順に見ていきましょう。

・ハイカード
…ペアが揃っていない状態で、相手よりもカードのランク(数字)が高い状態です。ただしディーラーがノーペアで勝負をする場合はAとKが必ずあるため、自分のハンドにもそれ以上のものがないと勝負になりません。
・ワンペア
…同じ数字が2枚揃っている状態です。お互いにワンペアだった場合はペアになっているカードのランクが高い方が勝ちです。
・ツーペア
…ワンペアが2組揃っている状態です。お互いにツーペアだった場合は、ランクの高い方のペアで比較します。
・スリー・オブ・ア・カインド
…同じ数字が3枚揃っている状態です。日本では「スリーカード」ともいいますが、海外では通じない呼び方なので注意しましょう。
・ストレート
…連続した数字が5枚並んでいる状態のことです。スート(またはスーツ。カードのマークのこと)は違っても構いません。なお、数字はAで一度途切れるため、10、J、Q、K、AやA、2、3、4、5で繋げることは可能ですが、K、A、2…といった繋げ方はできません。
・フラッシュ
…同じスートのカードが5枚揃っている状態です。数字は連続していなくても構いません。
・フルハウス
…ワンペアとスリーカードが揃った5枚のことです。
・フォー・オブ・ア・カインド
…同じ数字が4枚揃っている状態です。日本では「フォーカード」とも言いますが、スリーカード同様海外では通じない呼び方です。
・ストレートフラッシュ
…同じスートでストレートになっている状態のこと。
・ロイヤルストレートフラッシュ
…ロイヤルストレート、ロイヤルフラッシュともいいます。ストレートフラッシュの中でもランクが最も高い組み合わせ(10、J、Q、K、A)になっている状態を指します。ポーカーの役の中で1番強い役です。

プログレッシブジャックポット

カリビアンスタッドポーカーには「プログレッシブジャックポット(大当たりの賞金)」があるというのが特徴です。プレイヤーはゲームを始める前に、カジノによって定められた一定額(おおよそ2ドル程度)をプログレッシブジャックポットに賭けます。
これはプレイヤーとディーラーの勝負ではなく、プレイヤーのハンドから一定以上の役が出るかどうかに賭けるものになります。スリーカードポーカーのペアプラスに似ていますが、違う点は配当率です。
ペアプラスの場合はアンティに配当倍率を掛けますが、プログレッシブジャックポットの場合は、ポット内の金額によって配当額が決まります。例えばプレイヤーが出した役がフラッシュだった場合は50ドル、ロイヤルストレートフラッシュを出した場合は全額獲得することができます。

カリビアンスタッドポーカーの配当

 

・ハイカード…1:1(2倍)
・ワンペア…1:1(2倍)
・ツーペア…1:1(2倍)
・スリー・オブ・ア・カインド…3:1(4倍)
・ストレート…4:1(5倍)
・フラッシュ…5:1(6倍)
・フルハウス…7:1(8倍)
・フォー・オブ・ア・カインド…20:1(21倍)
・ストレートフラッシュ…50:1(51倍)
・ロイヤルストレートフラッシュ…100:1(101倍)

配当の2:1は、得られる利益:アンティになっており、勝利するとアンティが帰ってくるため、2:1の場合は合わせて3倍の配当となります。

海外旅行が好きなアラサー女です。カジノは片手で数えるぐらいしか行ったことありませんが、ポーカーが大好きです!ポーカー関連の情報を提供いたします★


友達にもシェアしましょう!