ブラックジャックで勝つ戦略方法は「ベーシックストラテジー」

ブラックジャックで勝つために必要なこと、それは戦略といわれています。トランプゲームの中でもルールは単純です。ポイントは「ベーシックストラテジー」この基礎的な戦略法を頭に入れておくことで「勝てる」要素が見えてきます。

ブラックジャックの勝ち負け・引き分け

トランプゲームにベット

ブラックジャックは勝敗決定がとても単純で、わかりやすいルールがあります。配られたカードの合計点が21点を「越えない」、21点に近いハンド「役」を作る方が勝ちです。目的としてはディーラーに「勝つこと」なのでハンドを作る時ディーラーよりも21に近くすることで勝利となります。

21点を超えた場合は「バースト」負け確定です。ディーラーもプレイヤーもバーストとなるとディーラーが勝ちです。また注意点としてはカード枚数が少ない状態で21を作る方が勝ちとなる事、つまり、ディーラーが2枚で21を出した、プレイヤーは3枚で21を出したという場合は、ディーラーの勝利となります。

ディーラー、プレイヤーのハンドが全く同じ点数となった時は引き分けです。このような単純なルールだからこそ、ディーラーのカードがどの組み合わせとなっているのか分析する事が重要なカギとなります。相手の手を読むための勝利方法を得ておくことも重要です。

ベーシックストラテジーを覚えることが「勝利」のポイント

ブラックジャックの勝ち方として、ベーシックストラテジーという必勝法があります。これは、ディーラーが持っているカードが何かを分析し、自分が勝つ可能性をより高めていくための勝利方法、戦略です。

ベーシックストラテジーは、ディーラーは16以下となった場合、必ずもう1枚カードを引く、また17以上となる場合は引かずに勝負に出るという基本ルールを持っています。もしもディーラーのアップカード、つまり開いているカードが「6」だったとしても、最大は16となるのでディーラーは必ず1枚引くことが必要です。バーストする可能性、22以上となってしまう可能性が上がります。

このポイントを押さえておくことで、仮に自分が12だとしてもカードを引かず勝負するということもできる、これがベーシックストラテジーの考え方です。相手のカードを読み、バーストするかどうかを読めるかどうかが勝敗を分けます。

ストラテジーチャートを理解する事が重要

トランプゲームとチップ

ストラテジーの表、チャートを見ると複雑に感じるのですが、慣れてくると次にどう出るべきか、そのアクションを導き出すことができます。表の赤色「H」はヒット、オレンジの「D」がダブルダウン、青色の「S」がスタンドです。

表をうまく見ることができるようになると、勝率が高くなります。例えば最初のターンでプレイヤーが8と2で合計10、ディーラーのオープンカードが4という場合、ここでチャートを確認します。するとプレイヤー側と10とディーラーの4が交わる部分はオレンジの「D」ダブルダウンです。表に従いダブルダウンする事で勝利する可能性を少しでも上げることができます。

ストラテジーチャートは通常のチャートを利用する事でも勝率を向上させる効果を持っていますが、そのほかのチャートを利用する事で勝率をさらに上げることができるといわれています。手札のAを1として数えるチャートはハードハンド、手札のAを11として数えるチャートをソフトハンド、さらに同じカードが出た時のパターンが表となっているスプリット、こうしたチャートの利用も勝率向上の方法です。

ストラテジーチャートのソフトハンドを利用してみると・・

最初に配られえたプレイヤーのカードに「A」があるか、また同じカードがあるのか、まず確認です。プレイヤーにAがある場合、ハードハンド、ソフトハンドいずれかのチャートが利用できるので、合計値をいくつにするか考え表を選択します。

ディーラーのオープンカードが10、自分の合計値を18にしたい、Aを11とするならソフトハンドチャートの利用を考えます。プレイヤーはAと7、ディーラーが10なのでソフトハンドのチャートで、A・7の部分とディーラーのオープンカード10の交わる部分をみるとHヒットです。表にそってヒットを選択する事で勝率を高くすることが可能になります。

スプリットチャートは同じカードがある場合に利用する

プライヤー側に同じカードがあるか、もしくはAがあるかどうかによって利用するのがスプリットチャートです。同じカード、8 ・8があったとしてディーラーのオープンカードが9だったとします。

スプリットチャートのプレイヤー側、8・8とディーラー側のオープンカード9の交わるところをみるとスプリット「P」の表示です。スプリットする事で、ハンドを2つに分割でき、二つの8それぞれに対して追加のトランプを引くことができます。勿論分割した両方に同額の掛け金が必要となりますが、何れかがヒットする可能性があるので勝率が高くなります。

ディーラーのカードの組み合わせがどうなるのか、また自分のカードをどう活用するのか、その分析にチャートを利用するベーシックストラテジーを利用すれば、勝利の可能性を高めることができます。チャートを覚えるのが大変と思う人が多いのですが、繰り返し練習する事で頭に叩き込めば、ブラックジャックで勝利する可能性を広げることも夢ではありません。

フェレットとカジノ(ブラックジャックやスロット)をこよなく愛する30代前半の男です。
平日は会社員をして、土日にはライターとして活動しています。


友達にもシェアしましょう!