ブラックジャックの裏技?「カウンティング」とは

ブラックジャックのカードカウンティング、これは難しい戦術となるので上級者になってから利用した方がいい方法です。色々な流派があるといわれるこの戦術にはどのようなものがあるのか、ちょっとした知識として覚えておいてもいいでしょう。

カードカウンティングは高度な技術

カジノのトランプゲームで遊ぶ

ブラックジャックはカードゲームの中でも唯一、プレイヤーが有利などといわれるカードゲームですが、色々な技、戦術がありシンプルなゲームだからこそ、勝つための策を考えるのが楽しいといわれています。その戦術の中にカードカウンティングがありますが、これは非常に高度な戦術です。

ブラックジャックに精通し熟練したプレイヤーしかできないといわれるカードカウンティングは、すでに開かれた(使用された)カードを自分で記憶し、未使用のカードに関してどのカードがどのくらい残されているのかを読んでいくという非常に高度な戦術です。未使用のカードの中にAce、絵札等の強いカードがどのくらいあるのか予測する、このカードカウンティングは、初心者が手を出せない戦術ともいえます。

カードカウンティングにはいくつかの流派があり、流派によって違いを持っています。例えば出たカードがAce、また10、絵札という場合は1枚マイナス1点、7、8、9であればゼロ、2、3、4、5ならプラス1点、こうした法則がありプレーしている間、次々と合計していくという一般的な流派があります。

合計数値がプラスになっている場合はプレイヤーが有利、マイナスになる場合にはディーラーが有利です。どうしてなのかというと、Aceがカードの山に多い状況となればブラックジャックの確立、つまりヒットの確率はプレイヤーもディーラーも同じとなります。しかしプレイヤー側がヒットした時には1.5倍です。

絵札が山に多く残されているときにもプレイヤー有利、これは17までヒットしなければならないディーラーに取り絵札はバースト確率が高くなります。しかもブラックジャックもできやすくなり、プラス、プレイヤーだけができるダブルダウンが決まりやすくなるという状況を作るからです。

カードの山の中に小さい数のカードが多いと予測される場合ディーラー有利となります。その理由ですがディーラーは16までにヒットしなければならないため、カードの山の中に小さい数字が多い方がバーストしにくくなり、プレイヤーはダブルダウンするとしても効果が薄くなる・・つまりディーラー有利な状況になります。

少ないデック数で実践することがコツとなる

カードカウンティングは実力を持っていてブラックジャックに精通している人ができるもので、初心者は行うべき戦術ではないといわれる戦術です。それは、カードカウンティングを行っているとディーラーが判断したとき、即対抗策を取られてしまうためです。

掛け金の額に不自然な強弱が見られること、プレイヤーの視線が妙に忙しく動くこと、ほかの人にヒットしたカードにも視線を向けるなどがみられるようになるとディーラーはプレイヤーが行っていると思われる戦術を見破ってしまいます。するとディーラーはピットボスからシャッフルを早めカードを読まれないための指示を受けたり、ディーラー自身が気が付き対抗策を練ってくるばかりか、プレー続行を拒否する事もあるくらいです。

一般プレイヤーがしないほうがいい理由はそこにある

カジノのトランプゲーム

一般プレイヤーはブラックジャックのカードゲームを楽しみに来ているはずで、実際に熟練した部レイヤー以外がこれを行うと、掛け金をうまく操りディーラーにわからないようにプレーすることが難しくなります。つまり戦術にとらわれるあまり、カードゲームを楽しめなくなるというデメリットを持っている戦術ということです。

素人がこの戦術を利用し、プレーを拒否する権利を持っているカジノ側にプレー続行を拒否されるなどの場面が出てくる有名なカジノ映画があります。その映画の中でも、熟練者ではない学生がこの手法を行ったことで、追い詰められる様子が出てきます。この戦術に関してはよほど戦術にたけていて、プレー数が多くプロと呼ばれる人以外、行うことが難しい要素が詰まっている戦術を考えられるわけです。

本格的にカードゲームを行っている熟練者は、こうした戦術を頭にしっかり入れ、その上でディーラーとの駆け引きを楽しめるわけで、そこまで到達していないプレイヤーにとって、この戦術はそぐわないことになります。

様々な種類があるカウンティング

カウンティングにはカジュアルシステムといった誰でも気軽に利用できる戦術もありますが、ほぼ、玄人が行う戦術だと考えておくべきです。カジュアルシステムは数値の高いカードが多いと感じた時には積極的に勝負し、数値が低いカードが多いと思う時には慎重にゲームを進めるという戦術です。

K-Oシステムはノックアウトシステムと呼ばれカウント値を利用するもの、レッドセブンカウントはハイローシステムを軸として赤の7のみ特殊に扱う戦術となります。こうした様々な種類がありますが、誰にでも気軽にできるといわれるカジュアルシステム以外は気軽に行いにくい戦術と考えておくほうが無難です。

フェレットとカジノ(ブラックジャックやスロット)をこよなく愛する30代前半の男です。
平日は会社員をして、土日にはライターとして活動しています。


友達にもシェアしましょう!