ブラックジャックの必勝法「マーチンゲール法」のやり方と注意点

ブラックジャックの必勝法の一つとしてあるのがマーチンゲール法です。カジノで広く使用されているオプションで、古くから伝わるギャンブルの一つとしてプレイヤーから重宝されています。

マーチンゲール法とは?

カジノのチップとトランプ

マーチンゲール法は、負ける度に直前に行ったプレイの賭け金を2倍にして、次のゲームに掛けていく方法です。ゲームに勝ったときにはマーチンゲール法をリセットします。ゲームに負けたときだけに使うのが特徴です。

たとえば、負けるとゼロになり、勝つと掛け金が二倍になると仮定し、勝率は50%だったとします。最初に10万円を賭けて、勝てば10万円の得、負ければ次に20万円を賭けます。20万円の時点で勝つと40万円が手元に返ってくるものの、賭けたお金はトータルで30万円になるので10万円の利益が確定したことになります。

マーチンゲール法は、パーレー法とも言われています。賭け方が単純なので、初心者でも安心して使える攻略法として人気です。ブラックジャックにおいてもマーチンゲール法に対応しているところは多く、高い勝率から必勝法と言われています。負けても損をすることが少なく、面白い戦略の一つでもあります。

ギャンブルは負けると終わりというのが一般的なルールです。しかしマーチンゲールは負けているときに真価を発揮する攻略法となっています。マーチンゲール法から派生した攻略法も多く、3倍マーチンゲール法やグランマーチンゲール法などがこれに該当しています。

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法は、1ドルを賭けてゲームをスタートして負けたら次のゲームで2ドルを賭けて、さらに負けると次のゲームで4ドルと掛け金を倍にしてどんどん進めていくやり方になります。カジノではブラックジャックだけでなく、バカラやルーレットのように勝率が5割のゲームで使用されています。

ブラックジャックのマーチンゲール法は、最初の賭け金を1ドルで設定してスタートします。どんなに連敗することがあっても、1回目に賭けた金額が利益になるので、5回目の賭け金16ドルで勝ったとしても利益は1ドルになります。

これが一つのサイクルになりますが、続けたいときはゲームをリセットして新たにベット額を決めてスタートすることができます。マーチンゲール法には、初回ベットを1ドルに設定するというルールがないので、ドルを増やしてゲームすることも可能です。3ドルで設定していれば、連敗が続いて次に勝ったときに3ドルがバックされるので、賭ける額が大きいほどバックも大きくなります。

注意点は何かある?

カジノでチップを積む男

マーチンゲール法はコツコツ勝つことに向いている攻略法です。連敗が続いても最後に勝てばいいというのが強みですが、一方で連敗が続いてしまうとベット額の損失も急激に膨らんでいきます。前のベットの二倍にするためですが、1ドルの設定でマーチンゲール法を使った場合、10回目にはベット額が512ドルになり、累計損失は1023ドルになります。

一回の勝ちで成功できる反面、失敗してしまうと倒産するリスクがあるのはマーチンゲール法の注意点です。勝率が50%のブラックジャックにおいて、5連敗以上するのは確率的に5%を下回ります。ブラックジャックで5連敗以上することは少ないですが、負けだしたら続いてしまうのがギャンブルの怖さです。

テーブルゲームにはベット額の上限が決められているのが普通です。ベット額の上限が200ドルに設定されている場合、マーチンゲール法を使って7連敗してしまうと次の勝負でマーチンゲール法を使うことができなくなってしまいます。300ドル近い損失を一回の勝負で回収することは現実的に考えると不可能です。ベット額の条件に気を付けて運用しなければなりません。

初回のベット数を増やすとゲームできる回数は多くなる代わりに、利益は小さくなります。一方、初回のベット数を増やすとゲームできる回数は小さくなる代わりに、利益は大きくなります。ベット額を増やすと、短期間で大きな利益が狙えるのもマーチンゲール法の特徴です。現実的には、一攫千金よりもコツコツ利益を積み上げていくことが向いている攻略法になります。

ブラックジャックとマーチンゲールの相性

マーチンゲールはカジノゲームの中でも、ブラックジャックとの相性は非常に良いのが特徴です。ブラックジャックはマックスベットが高く、連敗が続いても耐えることができます。引きの強さも肝心になってきますが、最初のベットを減らせば安定して利益を出すことができます。

ブラックジャックでマーチンゲール法を使っても大きく勝つことはできませんが、負ける確率は大幅に減らすことができます。ブラックジャックでマーチンゲール法が使えるかどうかやマックスベットの設定は異なっているので、確認した上で賭けることが大事です。

安定して利益を出しても、連敗の波で資金をすべて持って行かれることがあるのもマーチンゲール法の怖さとなります。ブラックジャックとの相性がいいだけに、連敗に対する警戒心が薄れがちになっているので、最悪の場合を想定した運用を心がけることも大切です。

 

フェレットとカジノ(ブラックジャックやスロット)をこよなく愛する30代前半の男です。
平日は会社員をして、土日にはライターとして活動しています。


友達にもシェアしましょう!