ブラックジャックのセオリーを徹底解説!BSの元になった理論

BSはBasic Strategyの略称で、ブラックジャックの基本戦略の一つです。ブラックジャックのアクションは確率的に決まっており、最善のアクションを示す上で必要になるのがBSになります。

BSがブラックジャックのセオリーになる根拠

トランプゲームにベット

基本戦略は、ブラックジャックにおけるプレイヤーの成績を最大限に高める戦略を意味します。ベストな状況下で取り引きできることが重要で、基本戦略において到達できる期待値はゼロであり、プラスマイナスの状況で取り引きを進めていくことになります。

BSはプレイヤーのハンドとアップカードに記載されている情報をベースにゲームを進めていくのが最善の方法です。期待値ゼロなので戦略的には大きな意味を成さないように感じるかもしれません。プレイヤーの方が先にアクションをするという基本的ルールがあるので、このときにバーストが発生するとディーラーは無条件に勝利します。

バーストが起こる可能性は15%であり、ゲームを始める段階の期待値は0%ではなく-15%になるのです。BSは、プレイヤーにとって不利な条件である-15%の期待値でゲームを始める必要があります。期待値を高めるために、統計学的に有利になるゲーム展開でスタートすることになります。

ブラックジャックはカードの合計を21に近づけるゲームですが、本質は21に近づけるのではなくディーラーに勝つことにあります。21に近い数字を出しても、ディーラーがさらに21に近い数字だとプレイヤーは負けてしまいます。以上を踏まえて、BSを駆使してゲームを進めていく必要があります。

BSの理論はこうして作られる

ブラックジャックでディーラーに勝つためには、ディーラーよりも21に近い数字を引き当てるか、相手がバーストするかの二つです。21に近づけるよりも、相手のバーストを待つ方が有効なセオリーになります。バーストする確率は、アップカードの数値によって変化します。

ディーラーが17以上の数値でバーストする可能性は約30%です。3回に1回程度はディーラーのバーストが予想され、この数値を踏まえたアクション選択をすることによって期待値は高まっていきます。

アップカードが2~6のときは、バーストする確率が30%以上と高くなっています。アップカードが4~6に関してはバーストする確率が40%以上です。一方、アップカードが9や10のときは、19や20になる確率が高く強いことが分かります。

BSの理論をマスターするということは、BSに関わる数字に強くなることが前提としてあります。数字を把握することによって、基本戦略のセオリーにおいて正しい理解を持つことができるようになります。バーストしやすいアップカード、強いハンドになりやすいアップカードを知ることで期待値にも変化が生じます。

ディーラーの数字が16以下だった場合はヒットして、17以上であれば引かずに勝負するのが基本的スタンスです。ディーラーの開いているアップカードが6なら、仮に10を引いたとしても最大16になり、もう一枚引く必要が出てくるのでバーストの可能性が出てきます。この場合、自分の数字が仮に12であったとしても、引かずに勝負する対応ができます。

ブラックジャックの勝率を上げるBSですが、効果を一番発揮するのがシングルデッキです。デッキ数が増えれば増えるほどBSの効果は薄れてしまう点に気を付ける必要があります。マルチデッキではなく、シングルデッキで活用することが大事です。

BSで勝率を高めるコツ

カジノのトランプゲーム

BSを元にブラックジャックの勝率を高める上で避けたいのが、サレンダーとインシュランスの使用です。どちらも保険的な役割があるオプションですが、カジノにとっての有利にしかならずプレイヤーにとって悪い選択になることを覚えておきましょう。

BSの理論では、Aと8は必ずスプリットさせるのがポイントになります。Aはゲームで強いカードではあるものの、2枚のAは12なので、スプリットさせて21を狙う方が確率的にも効果的です。8においても8が2枚になると16という悪い数字になるものの、スプリットでハンドが18になれば強い手持ちに変化します。

10と6はスプリットさせないことが大事です。10はいい数字であるものの、10が2つで20になるとスプリットよりもスタンドさせておいた方がリスクは小さくなります。最悪のハンドである6に関しては、12としてスタートした方がいいのでスプリットさせないようにしましょう。

BSを活用することによって、経験が少ないプレイヤーでも経験があるプレイヤーと同じ条件下でゲームを進めることができます。配られたカードとディーラーのカードを確認し、最適なアクションを簡単に選んでゲームを進めることができるので優秀です。BSでハウスエッジを最小限に抑えることもできます。

BSの理論に基づいて取り引きをするなら、最後までBSのルールを守った取り引きが大切です。損失が出ても、それを独自に取り戻そうとすると損失が膨らんでしまいます。常にBSのセオリーが当てはまるとは限らないので、多少の損失は考慮した上でプレイを進めていくようにしましょう。


友達にもシェアしましょう!