テキサスホールデムのレイズ・リレイズ・リリレイズってなに?【徹底解説】

テキサスホールデムにおけるレイズとは、ベット(賭け金)を上乗せすることを指し、リレイズとは、レイズ後さらにレイズする行為を指します。

レイズやリレイズ、さらにリリレイズなどは慣れるまで多くのプレイヤーが戸惑うものですので、基本的な意味合いを理解し、まずはこれらについて少しづつ慣れていくことが大切です。

▼基本的なポーカーの用語はこちらで解説

▼テキサスホールデムの用語はこちらで解説

 

レイズ・リレイズ・リリレイズとは

レイズ・リレイズ・リリレイズ

テキサスホールデムなどでいうレイズとは、「上乗せ」を表すポーカー用語で、

  • テーブル全体の賭け金総額を引き上げたいとき
  • 自分のハンドが強いとき
  • 自分のハンドを強くみせたいとき

などの場面で使う賭け方のひとつです。

例えば2ドルスタートで、先のプレイヤーが2ドルのレイズをした場合、自分は4ドル以上(一般的に倍額以上)をレイズしなければなりません。また、このレイズ後さらにレイズすることをリレイズと呼び、リレイズ後のレイズはリリレイズと呼ばれます。

一方で、レイズせずに同額を賭ける場合をCALL(コール)と呼びます。

コール

 

レイズ分はゲームに勝利することで変換される

レイズした分のチップは、ゲームに勝つことで相手のレイズと共に自分の手元に返ってきます。分かりやすいよう、1ラウンド形式かつ1対1のポーカーで、勝利金からのハウスエッジは無しという簡単ルールで考えてみましょう。

  • 相手:ベット($1)
  • 自分:レイズ($2)
  • 相手:リレイズ($4)
  • 自分:リリレイズ($8)
  • 相手:コール($8)

このとき、自分のチップからは$10がポットへ、相手は$13がポットにある状態です。で、この状態で自分がゲームに勝利すると、相手の$13+自分の$10 の合計$23が自分の手元へ返ってきます。

つまり、自分が勝てる場合は、相手が勝負に乗ってくるであろう額でレイズを行い、テーブル全体の賭け金をできる限り吊り上げることが肝です。

上記は1ラウンドで解説していますが、通常のテキサスホールデムは数ラウンドあるため、あまりにも早い段階でレイズを引き上げすぎると「君は強い役をもっているんだね。だったら自分はこのラウンドを降りておこう」となり、フォールドされてしまいます。

こうなると、思ったよりも賭け金が上がらず、勝ってはいるが儲けられないといった事態になります。

また、当然ですが負けてしまうと相手に自分のレイズを取られてしまうので、レイズのするしないは、実際に自分が勝てるかを見極めながら決めることも大切といえるでしょう。

 

レイズするタイミング

もちろんレイズをしないでゲームを投了(チェック)するという選択肢も考えられます。

ポーカーの勝負は一度きりではないので、勝てる時には大きくレイズを集め、負ける時には少なく負けることを常に考えておけば「大負け」のような最悪の状態を回避できるはずです。

また、レイズの回数はそのゲームごとに決められており、ゲームによってはレイズの上限を決めていないようなケース、さらには前のプレーヤーがあまりにも多くのレイズを行ってしまうことによって、戦意を喪失してしまうというようなケースも出て来ます。

実際には弱い手であるのにもかかわらず、ブラフにハマり、相手にレイズを取られてしまうということもあるでしょう。

ポーカーはもちろん強い役の手を作ることによって勝利を呼び込むものではありますが、相手との心理戦も非常に重要な要素です。その心理戦において非常に効果的なのが「レイズである」ということを初心者のうちに心得ておきましょう。

 

レイズの額で相手のハンド・心を読み取ろう

レイズの額

相手が自分よりも強いハンドの場合、いくら確率的に揃いにくい強めのハンドでも、それまでに積み立てたレイズは没収されてしまいますから、ハンドの強さだけではなく、相手の心やレイズ額を予測することも重要です。

相手のハンドを予測することはなかなか難しいですが、ある程度慣れてこれば、相手のレイズパターンでおおよそのハンドやがイメージできるようになるはずです。

以下はあくまで一例ですが、レイズの大小によって色々なことが想定されます。

強気なレイズ
  • ブラフ(はったり)?
  • 確率とか計算していないかも?
  • ハンドが強い?
  • 資金に余裕がある
弱気なレイズ
  • 確実にコツコツ稼ぐタイプ?
  • 微妙なハンドでアクションに迷いがある?
  • ドロー(ハンドが未完成)?
  • 資金に余裕がない

 

レイズからプレイスタイルを読み取ろう

レイズの額やタイミングをよく観察すれば、相手のプレイスタイルや性格を読み取ることもできます。

例えば、強気なレイズを好むプレイヤーは、

  • スリルをもとめる破天荒型
  • 一発逆転・大勝を好む
  • 小さなミスなどはあまり気にしない

などが想定される一方で、あまり大きなレイズをしてこないプレイヤーは、

  • 堅実な勝負を好む
  • コツコツ稼ぐ継続型
  • 小さな負けも許せない完璧主義者

などが考えられます。

もちろんこの他にも様々なパターンが想像できますし、相手のハンドや残された資金額、目的なども大きく影響してきますが、限られた情報のなかで何が読み取れそうかをよく考えることがポーカー上達の秘訣といえるでしょう。

 

レイズも重要だがポーカーの基本を忘れない

ポーカーに必要なチップ

レイズの方法によってポーカーの勝敗が大きく左右する場面はたくさんありますが、それ以前にプレイヤーがポーカーの基本を理解していないとめちゃくちゃ不利です。

ここでいうポーカーの基本とは、ポーカーの役がどれくらいの割合で完成するのかを確率論で理解しておくことです。忘れてしまいがちですが、結局のところ、一番重要なのは基本なんですよね。

例えばワンペアであれば最初に配られた段階で40%の割合で完成しますが、ツーペアや3カードだと数%まで落ち込みます。

参加人数や自分の手持ちによって完成する確率は変動しますが、基本といわれる確率や定石はしっかり習得しておくことも”勝つ秘訣”です。

 

まとめ

ポーカーを楽しむにあたって、レイズは非常に大きな意味を持ってきます。レイズによって相手の手の内を予想したり、自分にとって有利な展開を作っていくことが可能になるからです。

しかしながら、初心者のうちはレイズをどのようにすればいいか悩んでしまい、ゲームを楽しめなくなってしまう場合もありますから、そのようなときは最少と最高のレイズ額をあらかじめ決め、少しゆとりを持たせながら練習するといいかもしれません。

 

海外旅行が好きなアラサー女です。カジノは片手で数えるぐらいしか行ったことありませんが、ポーカーが大好きです!ポーカー関連の情報を提供いたします★


友達にもシェアしましょう!