ビデオポーカーで勝ちすぎて損!ジャックポットが税金の対象に?

ビデオポーカーの配当は税金の課税対象になります。

従って、ゲームに勝ちすぎてしまうとかなり高額の税金を支払う必要がでてきますので、その点については工夫が必要になります。

ビデオゲームの配当について

ビデオゲームの配当は一定の収入にみなされますので、それに応じた税金を支払う必要がでてきます。

税金の課税割合は配当の額によって変わってきますので、ゲームに勝ちすぎてしまうとかなり大きな税金を支払うことになりますので、節税を考えてゲームをすることもお勧めです。

といっても配当の一部に対して税金が課せられるだけですので、多くの税金を支払うというのはゲームに勝っているということを意味していることになるので、儲けの一部を税金として当たり前のように支払うという考えもあります。

ゲームをする際には税金の課税率が変わってきそうな場合には、大勝を避けて、堅実なプレイを心がけるという方法もあります。

それを可能にするためにはゲームの内容を十分に理解しておくことが必要です。

必要以上に配当を受け取らないような工夫を自分の戦略の中に組み込んでおくようにすることがお勧めです。

税金の事は気にしないという方法も

税金を支払うのはかなりの苦痛に感じるかもしれませんが、それを払うための配当を得ていると考えれば、支払うのもそれほど苦にはならなくなることが想定されます。

ギャンブルには浮き沈みがどんな時にもありますので、配当を得られる時にはできるだけ多くの配当を手に入れておくようにするということも決して間違った方法ではありません。

ビデオポーカーの配当の税金は還付されないものですが、そんなことよりも自分のテクニックによって大きな配当を得ることができたということに満足してみることもお勧めです。

ビデオポーカーゲームは世界レベルの機種となっていますので、一定のスキルを身につけておけば、世界のいたるところで大きな配当を得ることができるようになるはずです。

もうけ過ぎて悪いという概念は税金の面では確かに当てはまりますが、ゲームの勝敗という感覚では気にせずにもうけを上げていくことを考えていく方が堅実であるといえます。

スキルを上げてみる

ビデオポーカーは一定のスキルを身に着けることができれば決して勝てないゲームではありません。

そのためにはポーカーの基本をまず身に着けておくことが必要です。

ポーカーの役のできる確率は当然の事ですが頭に入れておかなくてはなりません。

また、勝敗を大きく左右すると言われているカード交換についての基本的なスキルも身に着けておくことが必要です。

カード交換によって自分の役をより強い物にするにはどのようなチョイスが有効なのかを知っておくことが必要です。

一方で、ゲームごとに配当の方法が違っていますので、それに合わせたカード交換の方法を考えておくことも必要です。

それについての自分なりのスタイルが身に付けば一定の割合の配当を常に得ることができるようになるはずです。

まずは税金のことなどは考えずに、配当を得られるようなテクニックを身に着けていくことを考えることがお勧めです。

トータルで勝負

ビデオポーカーゲームを10回行って、全ての回で勝利を収めることができるという訳ではありません。

ですから、負ける時にはできるだけ損失を出さないようなストラテジーも必要です。

いうまでもありませんが勝てる時には大きな配当を得ることができるストラテジーを持っていなくてはなりません。

それを可能にしてくれるのが自分なりのプレイスタイルということになります。

自分のプレイスタイルはオリジナル要素も含まれていますので、他の人とは違っていても構いません。

基本的な定石以外はかなり他の人とは異なっていることも多いはずです。

基本的な定石についてはゲームの解説書などを読めば簡単にその方法を知ることができるようになっています。

自分のプレイスタイルは決して揺らいではいけないものです。

同じプレイスタイルを常に堅持していなくては、大きな配当は期待できない物であることを知っておくことが必要です。

もちろんビデオポーカーごとに配当の方法やルールなどが異なっていますので、それに合わせた柔軟なプレイスタイルは可能であれば持っていてもいいのですが、同じゲームに対してはつねに同じプレイスタイルを守っていくことがお勧めです。

同時に自分のプレイスタイルを有利に展開するためのゲームに関する情報集めも大きな意味を持ってくることになります。

まとめ

ビデオポーカーの配当は課税対象になりますので、それについて考えながらプレイをして節税を行って行くというプレイスタイルもあるのですが、とにかく税金のことは気にせずに大きく配当を得ようとするというプレイスタイルも考えられます。

絶対にいつでも配当は得られるという訳ではありませんので、節税を考える前にとにかく多くの配当を手にしておくことを考えてみることも実践的であるといえます。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!