レットイットライドのルールと遊び方【カジノ初心者向け】

レットイットライドは、場にいる全員と共有するカード(コミュニティカード)を使って役をつくる「フロップポーカー」の一種です。

私たちが友達と遊ぶような一般的なポーカーとはまた少し違いますので、興味のある方はぜひ覚えてみてくださいね。

 

レットイットライドのルールと遊び方

レットイットライドのルール

レットイットライドは、

の合計5枚で役をつくり、その役のランクに応じて、残したチップ分の配当(1倍~1,000倍)が支払われるゲームです。(チップを残していないと全額没収)

ディーラーや他プレイヤーと競うポーカーではないため、カジノ初心者にもおすすめのゲームとなります。一般的なポーカーの醍醐味である「カード交換」はありません。

 

ゲーム名 Let it ride / RIDEM POKER
属性 フロップポーカー
難易度 簡単 / 初心者向け

 

使用するカード

ジョーカーを除く52枚

一般的なポーカーではジョーカーをワイルドカード(代用カード)として使いますが、レットイットライドではジョーカーを除く52枚で遊びます。

 

カードの強弱

ジョーカーを除いたカードの強さ

レットイットライドのカードの強弱は、基本的にふつうのポーカーと変わりません。

2が最弱、Aが最強です。

 

レットイットライドの進め方・流れ

レットイットライドの進め方

レットイットライドの大まかな流れとしては、

  1. 着席 → ゲームスタート
  2. ベットタイム
  3. カード配布
  4. 1回目のベットタイム
  5. 2回目のベットタイム
  6. 勝負!!!
  7. 勝敗確定

という感じです。

 

Step1. 着席 → ゲームスタート

レットイットライドテーブル

まず空いているテーブルがあれば、いつでも自由に座ってOK。

辞めたければStep2へ行く前にテーブルを去りましょう。

 

Step2. ベットタイム(賭け金をかける)

レットイットライドの進め方

カジノゲームを始めるうえで必ず行うベットタイム。

レットイットライドの場合は

  • 1
  • 2
  • $

と書かれたベッティングエリアに賭けたい分のチップを賭けますが、このとき賭けるチップ全てを同額にしなければなりません。

例えば、1ドル賭ける場合は合計3ドル、2ドル賭ける場合は合計6ドル必要になります。

 

レットイットライドでボーナスに賭ける

もちろん、Bonus(ボーナス)にも賭けられるので、挑戦したい場合は図の位置にチップを置きましょう。

また、以後は追加ベットが行えないので、この時点で賭け金を確定させる必要があります。

 

Step3. カードの配布

レットイットライドの進め方

ベットタイムが終了すると、

  • 2枚のコミュニティカード(共通カード)
  • 3枚の手札

が伏せた状態で配られます。

手札は自分のカードなのでめくって問題ないですが、コミュニティカードには触れてはいけません。

 

Step4. 1回目のベットタイム

レットイットライドの進め方

さて、自分のカードが確認できれば、いよいよ1回目のベットタイムです。

ここでは1番のエリアに置いたチップに対して、

  1. 勝負するか
  2. 降りるか

を判断しますが、降りる場合でもカードやチップに触れてはいけません。

勝負する そのままゲームが続行します
降りる ディーラーにプルダウンと伝えることで1番目のチップが返却されます。(ゲームは続行)

 

Step5. 2回目のベットタイム

レットイットライドの進め方

1回目のベットタイムが終わると、コミュニティカードが一枚オープンします。この状態で2回目のベットタイム開始です。

このステップでも先ほどと同じく

  1. 勝負する
  2. 降りる

を判断しますが、降りられるのはこの段階がラストです。

勝負 そのままゲームが続行します
降りる ディーラーにプルダウンと伝えることで2番目のチップが返却されます。(ゲームは続行)

 

Step6. いざ勝負!

レットイットライドの勝負の瞬間

2回目のベットタイムが終われば、後は勝負するだけ。

ただし、勝負するときは「$やANTEと書かれたマーク」に置いたチップ下に自分の手札を滑りこませてください。

これが「勝負するよ」という意思表示になります。

 

Step7. 勝敗確定

レットイットライドの進め方

最後は残りのコミュニティカードがオープンし、勝敗確定。

図では、

  • 自分の手札にクイーン1枚
  • コミュニティカードにクイーン1枚

があるので、10以上のワンペア成立です!!

 

レットイットライドの役と配当

レットイットライドはポーカーから派生されるゲームであるため、基本の役はポーカーとほぼ同じです。

ただし、同じ数字を2枚そろえる「ワンペア」という役だけは、特殊ルールが設けてあります。

 

10以上のワンペア(10’s or Better)

10以上のワンペア

  • 10、J、Q、K、Aのいずれか同じ数字が2枚

通常のポーカーとは異なり、10以下の数字でワンペアをつくっても役と見なされません。

 

ツーペア(Two pair)

ツーペア

  • 10以上の数字に限らず、ワンペアが2組

ツーペア以降の役は10以上という制限に縛られません。

 

スリー・オブ・ア・カインド(3 of a kind)

スリー・オブ・ア・カインド

  • 同じ数字が3枚

全ての数字が対象です。

 

ストレート(Straight)

ストレート

  • 5つの数字が連続

K、A、2…のように強さをまたいで連続してもストレートは成立しません。

また、同じスート(マーク)かどうかは関係ありません。

 

フラッシュ(Flush)

フラッシュ

  • 同じスート(マーク)が5枚

数字の連続は関係ありません。

 

フルハウス(full House)

フルハウス

  • ワンペアとスリーカードの組み合わせ

10以上の数字など制限はありません。すべての数字が対象です。

 

フォー・オブ・ア・カインド(4 of a Kind)

フォーカード

  • 同じ数字が4枚

10以上の数字など制限はありません。すべての数字が対象です。

また、日本ではフォーカードといわれる役ですが、海外ではフォー・オブ・ア・カインドでないと通じません。

 

ストレートフラッシュ(Straight Flush)

ストレートフラッシュ

  • ストレート+フラッシュの組み合わせ

同じマークで数字が連続します。

 

ロイヤルストレートフラッシュ(Royal Straight Flush)

ロイヤルストレートフラッシュ

  • ストレート+フラッシュ+一番強い数字

一番強い数字の連続「10・J・Q・K・A」で、なおかつ同じマークです。

これが最強の役となります。

 

レットイットライドの配当と定石

レットイットライドの配当表

定石としては、

  • 10以上のワンペアがあれば勝ち確定なのでゲームを降りない
  • 1枚目のコミュニティカードで役が成立していなければゲームを降りる

の2点です。

カード交換なしと10以上のワンペアというルールにより勝率はやや低めですが、手札+コミュニティカードで役をつくるという、とても単純なゲームですのでポーカー初心者には優しめといえるでしょう。

 

10以上のワンペア 1倍(1:1)
ツーペア 2倍(2:1)
スリー・オブ・ア・カインド 3倍(3:1)
ストレート 5倍(5:1)
フラッシュ 8倍(8:1)
フルハウス 11倍(11:1)
フォー・オブ・ア・カインド 50倍(50:1)
ストレート・フラッシュ 200倍(200:1)
ロイヤル・ストレート・フラッシュ 1,000倍(1,000:1)

 

まとめ

レットイットライドは、共通のカード(コミュニティカード)と手札で役をつくり、ゲーム中はチップを取り下げるかどうかを判断するだけ…という初心者向けのカジノゲームです。

1回目のベットタイムで見切りをつけ、ゲームを降りるのか。それとも高配当の役を狙いゲームを継続するのかは、あなた次第!

面白そう!という方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

海外旅行が好きなアラサー女です。カジノは片手で数えるぐらいしか行ったことありませんが、ポーカーが大好きです!ポーカー関連の情報を提供いたします★


友達にもシェアしましょう!