ビデオポーカーのルールと種類!遊び方やポーカーとの違いも解説

ビデオポーカーはモニター上で行うドローポーカーのことで、役が揃えば配当を受け取ることができるルールです。

1人で黙々とプレイしたい方や、対戦に慣れていない初心者向けです。

 

ビデオポーカーの魅力と特徴

ビデオポーカーは、相手がディーラーでも、他のプレイヤーでもありません。

勝負を競うものではなく、役を揃えるためにどのカードを残すかを見極める「判断力」と、スロットのように役が揃うかどうかの「運」が決め手になるカジノゲームです。

そのため、もう少し強い役にしたいから今回のカードは全て流そう・・・などの判断よりも、弱くても確実に配当のつく役を目指せば良い__。というところが気楽に黙々とプレイできる最大の魅力です。

ビデオポーカーのジャンルによっては配当が細かく設定されているものもあり、勝ちは跳ね上がらなくでも負けにくい要素があるため、純粋に自分のポーカーのスキルを身につけたい時にも強い味方になることでしょう。

 

ビデオポーカーの注意点

機種によって、ジャックス・オア・ベターやデュースワイルドなどのルールが異なるもの、またジャックス・オア・ベターの中でもフルハウスとフラッシュの配当が異なる台もありますので、ベットする前に機種の見極めが必要です。

この配当差がそのままハウスエッジ(カジノにおける手数料、参加料など掛け金に対しての控除率)に反映されています。つまり、還元率の良い台かどうかを見極めるポイントになるというわけです。

ビデオポーカーにおいてかなりの比重を占めるハウスエッジは、稀に0%に近いほど還元率の高い機種もありますが、儲かるというイメージとは裏腹に熟練した技量も必要となるという側面があることを忘れないようにしましょう。

 

ビデオポーカーの種類・ジャンル

ビデオポーカーは、ポーカーのルールはそのままに、モニター上で行う広義のギャンブルという意味では「スロットマシンの一種」として位置づけられています。

他人と競うことよりも一人で黙々とプレイしたい人にピッタリです。

 

ジャックス・オア・ベター(Jacks or Better9/6)

配当の高さ、勝率が魅力のジャックス・オア・ベターは、ジャックのワンペア以上から役として成立し、フルハウスで配当が9倍、フラッシュで6倍になることからこの名前が付けられています。
ビデオポーカーと言う場合、このジャックス・オア・ベターを指していることが多いです。

 

ボーナスポーカー(Bonus Poker)

基本的な役の作り方は通常のポーカーと同じで、フォーカード(フォー・オブ・ア・カインド)のランクをカードの強さによって3段階に区別し、配当に違いを出しています。

 

ダブル・ダブル・ボーナス・ポーカー(Doubledouble Bonus Poker)

ボーナスポーカーで3段階に区別された役の配当から、さらに残りの役とは関係しない残りの一枚に対しても配当を設定しているゲームです。より高いギャンブル性があると言えます。

 

デューシーズ・ワイルド(Deuces Wild)

それぞれのマークにある4枚の「2」(通常のポーカーのルールでは一番弱いとされているカード)をJokerのようにワイルドカードとして役に混ぜることができます。そのためジャックス・オア・ベターのルールとは大きく異なってきます。

 

ジョーカーズ・ワイルド(Joker’s Wild)

AからKのカードに加えてJokerをワイルドカードとして有効にして役に使うことができます。

 

ビデオポーカーのルールと遊び方

まずはベットをしなければゲームが始められませんので、お札またはコインを機種に投入します。払い戻しが大きくなるのは「MAX BET」といって1ゲームに賭けることのできる最大値で、強い役が出た時に最高で800倍の配当の払い戻しがあります。

次に5枚のカードが配られて「DEAL」、残したいカードに「HOLD」ボタンを押し、残さないカードはそのままにします。HOLDボタンを押したカードには「HELD」の表示が出ますが、もし間違えて押した場合でももう一度HOLDすれば解除することができます。

残すカードを決めたら再度DEALまたは機種によっては「DRAW」ボタンを押して新たなカードが配られるのを待ちます。

役が完成していれば配当が得られますし、何も完成していなければその勝負は負けとなります。
ボタンで操作する台もあれば画面をタッチする台もあります。

ビデオポーカーでのカードの配り直しはほとんどの場合1回のみですのでHOLDを慎重に行わなければいけません。

 

ビデオポーカーの役の種類

ビデオポーカーで使われる役は基本的に通常のポーカーと同じです。ただし、遊ぶゲームの種類によっては若干特殊ルールがくわわることもあるため、プレイする前に一度役の効果を確認しておきましょう。

 

ワンペア 同じ数字が2枚揃っている状態。ジャックス・オア・ベターではジャックのワンペア以上から役として有効です。
ツーペア 同じ数字2枚が2組揃っている状態。
スリーカード 同じ数字が3枚そろった状態。海外では「スリー・オブ・ア・カインド」と呼ばれる。
ストレート 5つの数字が連続している状態。
フラッシュ 同じマークが5枚揃っている状態。
フルハウス ワンペアとスリーカードが成立している状態。
フォーカード 同じ数字が4枚揃った状態。海外では「フォー・オブ・ア・カインド」と呼ばれる。
ストレートフラッシュ 同じマークでさらにストレートの数字が揃った状態。始まる数字の制約はありません。
ロイヤルストレートフラッシュ 同じマークで10からスタートするストレートの数字が揃った状態。ビデオポーカーにおいて一番大きな配当を狙うことができる役です。

 

まとめ

ビデオポーカーはその名の通り一般的なポーカー(ドローポーカー)をビデオ上でプレイできるカジノゲーム。

ディーラー、他プレイヤーといった「対人要素」がないため、人とプレイするのは苦手…という方でも思いっきり楽しめます。

ビデオで黙々と。そんなプレイスタイルをお探しの方はビデオポーカーがおすすめ!

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!