カジノの「クラップス」は勝てる?必勝法はある?

クラップスは2つのサイコロを転がして、出目の合計で勝敗を決定するカジノゲームです。クラップスでは出目の確率や控除率などがそれぞれ異なるため、これらを理解することが必勝法となります。

クラップスの基本ルールと戦略は

カジノの転がるダイス

クラップスはサイコロを使用して行うカジノゲームであり、特にアメリカのカジノでは高い人気を集めています。2つのサイコロを転がして出目の合計で勝敗を判断しますが、ルールが若干複雑であるため事前の確認が必要です。

サイコロの数字の合計が7または11となった場合には、「ナチュラル」でプレイヤーの勝ちとなります。サイコロの数字の合計が2または3または12となった場合には、「クラップス」となってプレイヤーの負けです。

サイコロの数字の合計がその他の場合(4・5・6・8・9・10)には、その数字が「ポイントナンバー」となりゲームが継続します。シューターがさらにサイコロを転がして、ポイントナンバーが出ればプレイヤーの勝ち、7が出ればプレイヤーの負けとなるのです。

どちらも出ない場合には、どちらかが出るまで何度もサイコロを転がして続けることになります。クラップスではさらに様々な賭け方(ベットの方法)を選択することができます。

それぞれの賭け方は払い戻し率や控除率(胴元の取り分)が異なるため、これらを確実に覚えてしっかりと理解することがクラップスの必勝法となります。

クラップスの効果的な戦術は

カジノゲームでは運営するカジノ(胴元)の利益として、一定の控除率が定められています。

例えばルーレットの赤か黒に賭ける場合には的中確率2分の1、払い戻し率2倍となりますが、実際には0(または0と00)の目が設定されているため、0や00を含めた的中確率は2分の1未満、払い戻し率も2倍未満となるのです。

できるだけ控除率が低いゲームをプレイするのがカジノゲームの基本的な戦術となりますが、クラップスではベット方法により控除率が異なることに注意をしてください。

特にハードウェイ・エニークラップス・エニーセブン・ホーンベットなどのかけ方は控除率が高くプレイヤーに不利になりますので、よほどの自信がある場合以外には手を出さないのがよいでしょう。

パスラインやカムベットは控除率が低く、さらにオッズベットは控除率が0となっているため、これらのベット方法を選択するのが効果的な戦術となります。

クラップスのベット方法は

カジノのチップ

クラップスの基本的なベット方法は、パスラインに賭けることです。パスラインにベットした場合には上記でも解説した通り、サイコロの1投目で「ナチュラル」であればプレイヤーの勝ちとなり、「クラップス」であれば負けとなります。

その他の場合には1投目の出目が「ポイントナンバー」に指定され、2投目以降にポイントナンバーが出れば勝ち、7が出れば負けとなるのです。「ポイントナンバー」が指定された場合には、さらにオッズベットと呼ばれる賭け増しができます。

オッズベットは胴元による控除率が0となるためプレイヤーに有利ですが、掛け金の上限はパスラインへのベットと同額(または2倍)までとなります。

その他にはパスラインと反対に賭けるドントパスや、2投目以降もナチュラルに賭けられるカムベット、ポイントナンバーに直接賭けられるプレイズベットなどのベット方法が用意されています。

クラップスをプレイする際のコツは

クラップスではパスラインへのベットが基本となるため、サイコロの出目により参加するプレイヤー全員が勝つか、あるいは全員が負けることがほとんどとなります。そのため参加者全体に連帯感が生まれて、テーブルが盛り上がることが多いのです。

この時にドントパスやドントカムに賭けることについては、注意が必要だといえるでしょう。ドントパスやドントカムはパスラインやカムベットの反対側への賭けとなるため、予想が的中して自分が勝利するとその他の参加者の大半が負けることになります。

場がしらけてかなり気まずい雰囲気になりますので、特に初心者にはパスラインやオッズベットに賭けることをおすすめしたいと思います。

クラップスにおける各種確率は

クラップスはサイコロを転がして行うゲームであり、サイコロの1から6までの目が出る確率はそれぞれ6分の1となります。ただしクラップスでは2つのサイコロの目の合計で勝負するため、実際の確率はイーブンではありません。

例えば2つのサイコロの目の合計が2となる組み合わせは1+1のみとなるため、合計が2となる確率は36分の1となります。

一方で2つのサイコロの目の合計が7となる組み合わせは6種類(1+6、2+5、3+4、4+3、5+2、6+1)となるため、合計が7となる確率は6分の1(36分の6)になるのです。

2つのサイコロの目の合計数字の出現確率は、2または12が各2.78%、3または11が各5.56%、4または10が各8.33%、5または9が各11.11%、6または5が各13.89%、7が16.67%となります。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!