カジノの「レッド ドッグ」は勝てる?必勝法はある?

レッドドッグはカジノゲームのひとつで、勝敗は完全に運任せです。ただしゲームの途中にプレイヤーがカードの数字を判断して、賭け金を2倍にすることが可能です。このゲームの必勝法は、特定の条件が整った時にチップを賭け増しをすることです。

レッドドッグの戦略・戦術

カジノのトランプゲームで遊ぶ

レッドドッグは最初に配られる2枚のカードまたは3枚目のカードの数字によって勝敗が決まるゲームです。このゲームはブラックジャックのようにプレイヤーがカードを引く・引かないの判断を行うことはできず、勝敗は完全に運任せとなります。

このためレッドドッグの必勝法とはゲーム自体に勝つことではなく、最初の2枚のカードが配られてスプレッドの場合にチップの増量をするか否かの判断を行うことです。

レッドドッグでは最初に配られた2枚のカードのスプレッドが1とか2などのように小さければ、プレイヤーの勝率が低くなります。そのためスプレッドが小さければ、ゲームに勝った場合の配当金の割合が高く設定されています。

逆にスプレッドが大きければプレイヤーの勝率が高くなるので、配当金の割合が低くなります。このことから、レッドドッグでは1~11の各スプレッドごとの勝率と配当金の確率論的な期待値が重要なポイントになります。

ベット方法について

最初に出た2枚のカードが同じ数字(ペア)の場合には、3枚目のカードの数字によって引き分けまたは勝ち(レッドドッグ)のどちらかになります。1デッキの場合には、最初に出た2枚のカードがペアになる確率は約5.9%です。

さらに3枚目のカードも同じ数字でレッドドッグが成立する確率は約0.24%となります。レッドドッグの際の配当金は賭け金の12倍で確率論的な期待値は約2.9%に過ぎないので、最初にレッドドッグを狙ってベットを調整する方法は得策とは言えません。

このゲームの必勝法とは、スプレッドになった場合にRAISEを行うか否かの判断に大きく依存します。ただしハーフストップ法などの方法で、各回ごとにベット金額を調整する方法は有効です。

確率論的な期待値とRAISEを行うタイミングとは

カジノのトランプゲーム

最初に配られた2枚のカードの数字がペアまたは連続していない場合には、スプレッドとなります。もしも3枚目に配られたカードの数字が2枚のカードの間に入れば勝ちです。ただし、1~11までのスプレッドごとに勝敗と配当金の倍率が異なります。

スプレッドが1であれば配当金は6倍で、スプレッドが2であれば5倍と順に下がっていき、4以上であれば配当金は一律2倍となります。

スプレッドが1となる確率は約7.74%で、払い戻される配当金の確率論的な期待値は約46%となります。これは、最初の賭け金のうち54%分が失われることを意味します。

2以上のスプレッドについて賭け金に対する配当金の割合を順番に計算してみると、約76%(2)・約70%(3)・約62%(4)・約78%(5)・約92%(6)となります。もしもスプレッドが7以上であれば、賭け金に対する配当金の期待値の割合は100%を越えます。

スプレッドが7以上になった時は50%以上の確率で勝つことができるので、賭け金を超える配当金を受け取ることができる可能性が高くなります。

レッドドッグはプレイヤーの判断で勝敗を左右することができませんが、スプレッドの状況を見ながらチップを2倍に増量(RAISE)するか否かの判断を行うことは可能です。

そのためこのゲームの戦術として、最初に配られた2枚のカードのスプレッドが1~6であればコール(賭け金の倍増を選択しない)を選択します。もしもスプレッドが7以上であれば、RAISEを実行してチップを倍増させます。

ちなみにスプレッドが11であれば勝率は約85.2%で、配当金の確率論的な期待値は賭け金に対して約1.7倍となります。

デッキ数やシャッフルの頻度について

比較的規模が大きいカジノ店であれば、カードゲームをプレイする際にデッキ数が異なる複数のテーブルを選ぶことが可能な場合があります。レッドドックのハウスエッジ(控除率)はデッキ数によって違いがあります。

1デッキであればハウスエッジは3.155%ですが8デッキであればハウスエッジは2.751%となります。デッキ数が多い方がハウスエッジが僅かに低くなり、プレイヤーに有利になります。

多くのカジノ店ではカウンティング対策とカードをシャッフルする手間を省くためにデッキ数を多くする傾向があるので、レッドドッグのハウスエッジは2%台後半と考えることができます。

レッドドッグはルールが単純で短時間でプレイすることが可能なので、オンラインカジノで人気が高いゲームのひとつです。オンラインカジノの場合は1デッキの場合が多く、ターンごとにカードがシャッフルされます。

オンラインカジノでゲームが公正に行われていれば、勝率や配当金の割合は確率論的な期待値通りの結果になるはずです。そのため、スプレッドが7以上の場合にのみチップを倍増させる方法が有効と言えます。

海外旅行が好きなアラサー女です。カジノは片手で数えるぐらいしか行ったことありませんが、ポーカーが大好きです!ポーカー関連の情報を提供いたします★


友達にもシェアしましょう!