フルーツマニアって?カジノスロット情報まとめ

フルーツマニア(フルマニ)とはどんなスロットゲームなのでしょう。名前からは全く想像がつきません。古いゲームなのか最新のゲームなのかすらわからないフルーツマニア(Fruits Mania)についてまとめました。

フルーツマニア(Fruits Mania)ってどんなゲームなの?

フルーツマニア(Fruits Mania)は、プレイテック社のスロットで古くからあるものですが、今でも人気のスロットです。ライン数は5つしかなく、古くからあるだけあって少ないですが、ルールがとてもシンプルなので繰り返し挑戦しやすいともいえるでしょう。単純なルールですが、少し変わったルールも持ち合わせているので単調なだけにならないのも魅力です。

1ラインベット金額は$0.25固定になっており、マックスベットは$2×5ラインですので$1.25となります。ボーナスの種類は1種類だけですが、ジャックポットがあるスロットになります。

基本的なルールはとにかく、同じライン上に続けて並べばいいというシンプルさ。ただし、特殊なルールもあります。画面上に一定枚数出ることにより、賞金を得られるスキャッターと呼ばれるシンボルが、このスロットではフルーツジュースの絵柄です。このフルーツジュースが各リールにひとつずつ存在しています。最大で5つあるわけです。これが画面上に3つ以上出ると賞金が発生しますが、ラインに沿っていなくてもいいので意外なところで揃うことが多いのだそうです。

フルーツマニア(Fruits Mania)でジャックポットを出すには?

フルーツマニア(Fruits Mania)ことフルマニは、比較的ジャックポットが出やすい傾向にある機種として知られています。フルマニでジャックポットを発生させるためには、5番目のペイライン上にチェリーの絵柄が5つ揃えることが必要になってきます。と言っても、自分のテクニックで出せるものではないので、チェリーが5番目のペイラインに出ると期待できるということだけ知っていればいいと思います。

ただし、そのペイラインが有効になっていなければ揃ったとしても無効ですので、5ラインぶんの最高ベット額であるマックスベット状態で引き当てる必要があるので、そこは注意が必要です。ですのでジャックポットを狙いたければ5ラインで賭けた方がいいと言えます。おおよそ$10000でジャックポットが出るのが平均的なようですが、それを上回る配当も頻繁にでています。

また、ジャックポットではありませんが、ライン上に太陽のシンボルが3つ以上揃った場合にはボーナスゲームがスタートします。こちらでも同じく賞金が獲得できます。

フルーツマニア(Fruits Mania)はどこでプレイできるの?

フルーツマニア(Fruits Mania)はどこで遊べるのでしょう。フルマニは日本にいながら、プレイすることが可能です。現在はオンラインカジノが複数存在しますので、賭博行為が禁止されている日本にいてもフルマニを遊ぶことが出来ます。

ウィリアムヒルカジノ
イギリス大手ブックメーカーの直営カジノで4種類の魅力的なボーナスが用意されている。

エベレストカジノ
1997年創業の老舗グループのカジノ。日本限定のプロモーションもある。

ジパングカジノ
スムーズな入出金が魅力的なカジノ。プロモーションも惜しむこと無く、大盤振る舞いされている。

インターネットが普及していなかった時代は、本場のカジノに行くことでしか遊べなかったスロットも、現在はパソコンとネット環境さえあれば、自宅から出ることなく遊ぶことができるのは非常にありがたいことです。自宅でなくても、パソコンとネット環境さえ揃えられるのであれば、プレイする場所は自分で選ぶことができます。

まとめ

フルーツマニア(Fruits Mania)についてまとめてきましたが、どうだったでしょうか。最近のゲームは絵柄が非常にきれいであったり、演出が派手だったりと、なんとか、他のゲームと差をつけようと試行錯誤されている中で、フルーツマニア(Fruits Mania)は少し古臭さを感じるスロットかもしれません。

ですが、ジャックポットが出やすいという大変、魅力的なスロットなので、スロット一抱えるプレイヤーの多いゲームです。出やすいといっても、ジャックポットが誰に出るのかは運です。しかし、出るか出ないかわからないけれど出るかもしれない、という可能性を夢見ながらプレイするのはとても心躍ることではないでしょうか。ルールがとにかく簡単なので、初心者でも手が出しやすい機種です。

 

 

フェレットとカジノ(ブラックジャックやスロット)をこよなく愛する30代前半の男です。
平日は会社員をして、土日にはライターとして活動しています。


友達にもシェアしましょう!