チャック・ア・ラック(chuck a luck)のルールと覚えるべき2つの戦術

日本人にはあまり馴染みの少ない「チャック・ア・ラック」は3つのサイコロ(ダイス)を転がして、出目の合計を予想して賭けるゲームです。
カジノの場でも使用されますが、海外ではチャリティーなどの際にイベントとして行われることが多くなっています。

今回はチャック・ア・ラックの歴史から、ルール、戦術と言ったのをご紹介していくので、もしもカジノでチャック・ア・ラックをプレイする機会があれば、事前にこの記事を参考にしてもらうと幸いです。

発祥地は?

第一世界大戦中にチャック・ア・ラックをプレイしている風景

引用元:WIKIPEDIA

チャック・ア・ラックの発祥地は、英国のパブと言われています。英国のパブで行われていた「スウェット・クロス」というゲームとして1800年前後頃に米国に「スウェット」として伝えられました。
19世紀中頃には、「チャッカー・ラック」や「チャック」と呼ばれ、20世紀には「ビッグ・ケージ」と呼び名が変わり、最終的に「チャック・ア・ラック」と定着したのです。

チャック・ア・ラックの歴史

英国のパブが発祥のチャック・ア・ラックは元々スウェットとして米国に定着しました。この頃は、サイコロを振るカップを使用していたのですが、重心や寸法を狂わせた不正なサイコロとすり替えられてしまうという疑いから、ケージと呼ばれている針金を編んだとりかごをモチーフとした器具に変更されました。

ケージの中にはサイコロが3個入っていて、基本的に円筒形で胴にくびれが入っていることから、砂時計に似た形としてチャック・ア・ラックの象徴とされています。

チャック・ア・ラックの基本的なルール

チャック・ア・ラック

引用元:Chuck-a-Luck

特殊なケージに入った3個のサイコロを振って、掛けた目が1個以上出現すれば勝ちという単純なルールです。
3個のサイコロが全て異なる目が出る可能性もあるので、的中する目が3種類存在していることになります。プレイヤーはレイアウトに描かれた1~6までのサイコロの目を表す数字に何か所でも賭けることができ、全員が賭け終わったらゲームスタート。ディーラーはケージを数回回転させてサイコロを転がし、ケージの底で停止したサイコロの上面の目で勝負を決定します。

主なベット方法

チャック・ア・ラックにはナンバーズ・ベット(Numbers Bet)という代表的なベット方法があります。
サイコロを振り、的中する目の数によって配当率(オッズ)が異なります。

的中したサイコロの数 配当率
1個:シングル 1倍
2個:ペア 2倍
3個:トリプル 3倍~10倍(カジノによって異なる)

サイコロの目を1個的中させたら「シングル」と言い、同じ目のサイコロ2個を的中させたら「ペア」、3つなら「トリプル」と呼ばれています。

ナンバーズ・ベット(シングルの場合)
例を挙げると、4の目を賭けるとして、結果が「1・1・4」だった場合は1つのサイコロの出た目が一致しているのでシングルでの払い戻しがされます。

ナンバーズ・ベット(トリプルの場合)
6の目を賭けて、結果が「6・6・6」という奇跡が起こった場合は3つのサイコロの出た目が一致しているのでトリプルでの払い戻しがされます。

ナンバーズ・ベットで賭けた場合の確率

ナンバーズ・ベットで賭けた場合の出た目の確率は以下の通りです。

サイコロで出た目の一致 確率 組み合わせ(6×6×6)
0個 57.87% 125/216
1個:シングル 34.72% 75/216
2個:ダブル 6.94% 15/216
3個:トリプル 0.46% 1/216

トリプルが出現する確率が1%未満以下と現実的な数字ではないことが分かります。

その他のベット方法

チャック・ア・ラックにはナンバーズ・ベット以外賭け方を提供しているカジノも存在しています。

フィールドベット(Field Bet)

フィールドベットは、3個のサイコロの目の合計が8以下、もしくは12以上であることに賭けるシステムです。

エニートリプル(Any Triple)

エニートリプル(Any Triple)は、3個のサイコロが全て同じ目であることに賭けるもので、倍率は30倍にもなります。

ビッグ(Big)/オーバー10

ビッグ(Big)と呼ばれるものは、3個の目の合計が11(または12)以上であることに賭けるものですが、3個の目が同一の場合にはこの条件であったとしても配当金を得られないというリスクがあります。

スモール(Small)/アンダー11

スモール(Small)は、3個の目の合計が10(または9)以下であることに賭けるものですが、ビッグと同様に3個の目が同一の場合は配当を受けることができません。

チャック・ア・ラックの効果的な戦術は2つ

チャック・ア・ラックでの戦術としては2つ挙げられます。

まずはアンダー11とオーバー10らのベッド方法で挑むことです。
代表的なベット方法にナンバーズベッドがありますが、ハウスエッジ(控除率)が他のカジノゲームに比べて高いです。
一方、アンダー11(3から10)とオーバー10(11から18)らのベッド方法の的中確率は2分の1、払い戻し率2倍となりますので、勝利を目指すのであればこちらのベッド方法がおすすめだといえるでしょう。

次にチャック・ア・ラックは短期的に勝負しましょう。
このゲームは運に左右されるので、勝利するためには強運が必要とされるのです。勝利するためには、あくまでも短期的な勝負にこだわるのがコツであり必勝法となります。

まとめ

カジノゲームにはコミッションやハウスエッジなどと呼ばれるカジノ側(胴元)の取り分が設定されており、その分だけプレイヤー側は確率的に不利になります。
チャック・ア・ラックはその他のカジノゲームよりもカジノ側の取り分が多めに設定されているため、長期的にプレイを続けるとほとんどのプレイヤーが負けてしまいます。資金を取り戻そうとのめり込みすぎるのは確率的にも良くないので、短期的な勝負をしましょう。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!