バカラのルールや賭け方をやさしく解説【初心者向け】

カジノの王様と呼ばれる「バカラ」は、カジノ初心者でも気軽に参加できるゲームです。勝ち負けを予想するだけでいいので、難しいルールを覚える必要もなく、1ゲームもすぐに終わるため参加も辞めるのも簡単でおすすめです。

バカラとはどんなゲーム?

バカラの仕組み

バカラはカジノで定番のカードゲームです。
バカラの基本は、BANKER(バンカー)とPLAYER(プレイヤー)という仮想の2人が勝負をするので、どちらが勝つかを予想して、その予想が当たればチップが二倍になって戻ってくるという流れになります。(ここで言う2人とはあくまで架空の人物設定なので、実際には戦っていません・・)
因みに「バンカー」とは胴元のことを指し、カジノ運営者側のことを指します。また、「プレイヤー」は参加者(あなた)のことではないです。

ディーラーの役割はカードを配ったり清算するのみ

勝負を行う上で、審判(ディーラー)が登場しますが、このディーラーの役割としては、カードの配りや精算など「ゲーム全体の進行」を行います。
ただ、カードの配りを行うだけなので、賭けの勝敗に直接関係するこはありません。

参加者はチップを置く(賭ける)だけなので、ディーラーとの会話などは殆どないので、日本語以外話せない人でもプレイすることができるカジノゲームです。

バカラのルールはいたってシンプル

バカラはバンカーとプレイヤー間で行われるゲームで、ルールも単純です。2枚もしくは3枚のカードが配られて数字を合計していきます。そして下一桁が「9」に近いほうが勝ちになります。

カードのカウント方法に関しては、後ほど例を出しながらご紹介してまいりますが、バンカーかプレイヤーのどちらが9に近づけるかなので、勝率は1/2と運の要素が強いのです。

トランプカードのカウント方法

1から9までのカードのカウント
トランプのカウント方法はいたってシンプルです。エース(A)は1で、2から10までは数字と同じのカウント方法です。
10から13までのカードのカウント
10やジャック、クイーン、キングはまとめて0とカウントします。カジノ施設によっては10という所もありますが下一桁は0なので、どちらも同じです。(因みにイタリア語でバカラは0(ゼロ)を指す言葉だそうです)

ここで具体的に例を出したいと思います。

  • バンカー側の数字は「5+7」で、合計12なので下一桁は「2」になる
  • プレイヤー側の数字は「6+J」で、合計6なので下一桁は「6」になる

ここで、バンカー側に賭けていた参加者は負けになり、プレイヤー側に賭けていた参加者は勝利となります。
ブラックジャックのようにカードがさらに配られるようなこともなく、純粋に配られたカードのみでの勝負になります。引き分けだった場合は賭け金はそのまま戻されて、すぐに次のゲームが始まります。
また、ジョーカーは使用しません。

3枚目のカードが使用される条件とは

バカラではある特定の条件下においてのみ、3枚目のカードを引くことができます。
バンカーとプレイヤーによって条件が異なります。

まずは、3枚目のカードが配られないパターンをご紹介してからの方が理解しやすいと思うので、ご紹介します。

3枚目のカードが配られないパターン

3枚目のカードが配られないパターンは2つあり、「スタンド」と「ナチュラル」が出た段階で3枚目のカードは配られません。

「ナチュラル」とはプレイヤー、バンカー側に配られた2枚のカードの合計(下一桁)が「8」または「9」になったことを指します。
ナチュラル
2枚の手札で「ナチュラル8」、「ナチュラル9」と出た段階で、3枚目のカードは配られません。

もう一つのパターンの「スタンド」は、配られた2枚のカードの合計の下一桁が「6」か「7」のことを指します。


2枚の合計の下一桁が6か7だった場合、スタンド(勝負)を行うので、3枚目のカードは配られません。
因みにプレイヤーとバンカーのカードの合計がお互いに、ナチュラルだった場合、どちらの数字が大きいかスタンドを行います。

プレイヤー側にカードが追加される条件

プレイヤー側に3枚目のカードが配られる条件としては、「プレイヤー」側の2枚の合計が0,1,2,3,4,5の「5以下」だった場合、追加のカードが配られます。

プレイヤー側の合計 3枚目のカード:追加ありなし
0~5 追加あり
6~7 追加なし
8~9 追加なし

バンカー側にカードが追加される条件

プレイヤー側に3枚目のカードが配られる条件としては、初めに「バンカー」側の2枚の合計が「6以下」だった場合、「プレイヤー」側の2枚の合計によってカードが追加されるか変わってきます。

3枚目のカードが配られる条件
その合計数のパターンというのは非常にややこしいので、分かりやすく表をご用意しました。

「H」というのはヒットを指し、追加のカードが配られるという意味です。
一方、「S」というのは、スタンドを指し、勝負行うので追加のカードは配られません。

8と9のナチュラルも勝負が決定しているので、カードは配られません。

いきなり表を覚えるのは、結構な力が必要だと思いますが、バカラはあくまで運に左右されるゲームなので、記憶の片隅に留める程度でもいいでしょう。

バカラのゲームの流れと賭ける方法

実際にゲームの流れと賭け方についてご紹介したいと思います。
まず、プレイするにはバカラ台があるテーブルにつきます。カジノ場によっては満席の場合でも立った状態で賭けてOKの所があります。テーブルにつく前に掛け金などを確認しときましょう。

チップを置く

バカラの賭けには3通りがあります。

  • BANKER(バンカー)に賭ける
  • PLAYER(プレイヤー)に賭ける
  • TIE(タイ)に賭ける

TIE(タイ)というのは「引き分け・ドロー」のことを指します。その他に特殊な賭け方に「ペア」というのがあり、2枚のカードの数字が同じだったことを指します。

どれに賭けるのか決めたら、自分の場にチップを置きます。(上記画像はバンカーに賭けた場合)

カードが2枚配られる

参加者全員がチップを置いたら、ディーラーがバンカー側とプレイヤー側にそれぞれ2枚カードを裏面で配ります。
ここで注意してほしいのは、実際の参加者にカードが配られることはありません。

プレイヤーから先にオープン

次はプレイヤー側の2枚のカードを表に裏返し、その後にバンカー側の手札を表に裏返します。

上記画像では、プレイヤーが「6」でバンカーが「9」だったので、「ナチュラル9」となり、勝負が決まったので、バンカーに賭けた人が的中したことになります。

今回は3枚目のカードを配られませんでしたが、先ほど紹介した3枚目のカードが配られる条件に該当すれば、追加でカードが両者に配られます。

バカラの配当金

バカラでの配当金は以下になります。

100ドルを賭けた場合 バンカーが勝利 プレイヤーが勝利 引き分け
バンカーに賭けた場合 195ドル(※1) 0 100ドル(※2)
プレイヤーに賭けた場合 0 200ドル 100ドル(※2)
タイ(引き分け)に賭けた場合 0 0 900ドル

※1:バンカーに賭けて的中した場合、5%のハウスエッジ(場所代)が差し引かれます。
※2:バンカー、プレイヤーのどちらかに賭けて結果が引き分けだった場合、賭けた金額がそのまま返金されます。

まとめ

バカラのルールなどをご紹介しました。
改めてバカラのルールを簡単にまとめとめると、

  • バンカーとプレイヤーと呼ばれる仮想の2人が勝負をする
  • 2枚(または3枚)のカードの合計の下一桁が「9」に近い方が勝つ
  • 参加者はバンカー、プレイヤー、引き分け、の3つでどれが勝つか賭ける
  • バンカーに賭けて、勝利した場合のみハウスエッジの5%が引かれる

となります。

バカラは世界中でプレイされていますが、特にアジア(マカオや韓国のカジノ)では大人気のテーブルゲームです。
カジノゲームの中でもバカラは初心者からでも覚えやすいので、カジノデビューにはバカラをプレイするのもいいでしょう。

20代後半の男kenと申します。ここ最近、年に2回ほど旅行でカジノをプレイしています。韓国やシンガポールのカジノでプレイしたことがあります。
最近電子タバコに変えようかなと考え中・・・・


友達にもシェアしましょう!