カジノの「ファロ」は勝てる?必勝法はある?

ファロはトランプを使用してバンカーとプレイヤーの間で勝負が行われるカジノゲームです。基本確率が2分の1で払い戻し率が2倍となるため、いわゆるカジノ必勝法を活用することができます。

ファロの基本ルールと戦略は

トランプが立てている状態

ファロは古い時代からプレイされているカジノゲームの一種であり、特に18世紀から19世紀にかけてヨーロッパで流行したとされています。アメリカでも19世紀から20世紀初頭にかけて高い人気を集めましたが、その後ポーカーが人気となったことによりファロは衰退しました。第二次世界大戦後にはファロを採用するカジノは激減し、現在はマイナーなカジノゲームとなっています。

ファロはトランプを使用して、バンカー(ディーラー・親)とプレイヤー(子)の間で勝負が行われるゲームです。プレイヤーはAからKまでのカード(スペード・ハート・ダイヤ・クラブなどの種類は無関係となります)の中から任意の数字を選び、チップをベッドします。バンカーはシャッフルしたカードの山から左右に1枚ずつ合計2枚のカードを開きます。バンカーが右側に開いたカードがバンカーのカード、左側に開いたカードがプレイヤーのカードです。プレイヤーのカードとチップをベッドしたカードの数字が一致すればプレイヤーの勝ちとなり、賭けたチップの2倍の払い戻しが受けられます。一方でバンカーのカードとチップをベッドしたカードの数字が一致すればプレイヤーの負けとなり、ベッドしたチップは没収されてしまうのです。

バンカーが右側に開いたカードと左側に開いたカードの数字が同じだった場合にはスプリット(引き分け)となり、その数字にベッドしたチップの半分(一部のルールでは全部)がバンカーのものとなります。いずれも一致しなかった場合にはベッドしたチップをそのままにして次の勝負に賭けることができますし、あるいは取り下げることもできます。

ファロで勝つための戦術は

ファロでは1組(52枚)のトランプで勝負が行われるため、すでに出現したカードの出目を把握することにより残りのカードを予想することができます。ファロではケースキープ (case keep) という専用の道具でこれまでの出目が表示されるため、ゲームに参加するプレイヤーは未出現のカードを確認しながらベッドすることができるのです。ファロで勝つためにはケースキープの積極的な活用が必要不可欠だといえるでしょう。

ファロのベッド方法は

ファロでは1組(52枚)のトランプを使ってゲームが行われます。この時にはさらに別の1組のトランプを用いて、スペードのAからKまでの13枚のカードによるチップをベッドするためのテーブルが用意されます。まずは上段の左端にKを置き、そこから右に向かってQ・J・10・9・8と並べます。次に中段の右側(8の右斜め下)に7を置き、下段の右側(7の左下)に6を置きます。そこから左に向かって5・4・3・2と並べ、下段の左端がAとなります。KからAまでがひらがなの「つ」やアルファベットの「U」を横向き(⊃)にした形に並んでいると考えてください。

ファロでは上記の13枚のカードのいずれかを選んでベッドすることができますし、複数のカードのそれぞれにベッドすることもできます。さらに一部には左右のカード(KとQ、Jと10など)や上下のカード(KとA、Qと2など)に同時にベッド方法や、ハイカード(上段のカード)やローカード(下段のカード)にベッドする方法、通常とは逆にバンカーのカードにベッドする方法などが採用されている場合などもあります。

ファロのコツは

エースが4つ揃った状態

ファロは基本確率2分の1、払い戻し率2倍のカジノゲームであるため、いわゆるカジノ必勝法を活用することができます。チップコントロールを丁寧に行うことで、勝率を向上させることができるのです。ファロでは的中したチップをそのままにしてさらに勝負を続ける(払い戻し率が2倍→4倍→8倍となる)ことができますので、勝った場合に掛け金を増やすパーレー法などを試してみましょう。

スプリットでチップの全額がバンカーのものになるルールが採用されている場合には、特定のカードの出現が予想される局面ではプレイヤーが不利になります。例えばゲームの後半でAがまだ1枚も出ていない状況では、ディーラーが2枚ともAを開いてスプリットとなる可能性が高くなりますので、積極的な勝負は控えるのが賢明です。

ファロの確率は

ファロでは1組52枚のトランプで勝負が行われ、最初の1枚(ソーダと呼ばれます)と最後の1枚(ホックと呼ばれます)は勝負には使われないため、実質的に50枚のカードで勝負が行われます。最初の勝負ではそれぞれのカード数字の出現率は13分の1となりますが、勝負が進むと残されたカードのみで勝負が行われることになるため、それぞれの数字の出現率が変化することになります。

ただし毎回の勝負でプレイヤーが勝つ確率とバンカーが勝つ確率は、常に2分の1ずつ(引き分けは除く)となります。ファロではベッドの方法に関わらず、チップの払い戻し率は2倍に設定されています。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!