スタック(Stack)とは?【カジノ用語】

知っておきたいカジノ用語にスタック(Stack)があります。チップに関係する言葉ですが、こうした用語を知ってカジノに行くと面白さもまったく変わってくるのです。スタックという用語も知っておくと安心してゲームできます。

どのくらい賭けているのか、カジノでは一目瞭然にわかる

重なっているチップ

カジノが初めてという人が周囲の会話を聞いていると、わからない言葉も多く、これがカジノ用語なんだなと認識する事があります。カジノ用語の中で素人が知っておくべき言葉もたくさんあるのです。特にチップに関することについては理解が必要です。

カジノでは賭ける時に、チップを利用する事が通常となります。複数枚のチップが重なっている状態をスタック(Stack)といいますが、カジノでは通常1スタックが20枚のチップの山をさすのです。

賭けを行う上でスタックは重要な単位となりますし、カジノにおいては状況を確認するために、スタック数をカウントします。

1スタック20枚であること

カジノでルーレットを楽しむ方も多いですが、ルーレットでスプリット・ベットが当たった場合、配当金は17倍となります。

この時、ディーラーはまず1スタックを取り、その20枚のチップから下3枚をとって17枚の配当を作るわけです。こうしたスムーズな配当を行うためには、1スタックが20枚であることが前提となります。

カジノを利用するのが初めてという方でこの1スタック20枚という基本的なことを理解していないと、自分もチップの管理がしにくく、ディーラーにも面倒をかけることになるのです。

ディーラーが何枚配当してくれたのか、自分の勝数がいくつなのか、それを管理するためにもスタック(Stack)は重要なカジノ用語となります。

スタックを知らないカジノ初心者は恥をかく

チップを差し出す男性の腕

1スタック20枚にしておくという暗黙のルールを理解していないカジノ初心者の方は、勝っているとチップを高々と積みたがります。

「俺ってこんなに勝っているんだぜ・・」と誇るようにチップを積み上げますが、これは恥ずかしい事です。チップをどんと積み上げて賭けている姿はどんなに勝っていても、イコールスタックを知らないということになるのです。

初めてカジノに来るという時、こうしたことを知らないことは当然なのですが、チップに関する言葉はやはり知っておくべきといわれています。ディーラーの方もこの方はカジノをよく知らない人だなと認識し、そこで咎めたりすることはありません。

もし近くにやさしい人が入れば、カジノではこういう風にやるんだよと、チップを20枚一組にすることを教えてくれると思いますが、そういった人がいないとしばらく恥をかくことになります。

スタック以外の独自ルールもあらかじめ学んでおく

スタックに関してもそうですが、カジノでは独自のルールを設けているところもありますし、暗黙の了解といえることもたびたび見かけます。

賭けを行うとき、チップを絶対に1スタックにしておかなければならないという事はないのですが、プレイヤーとディーラーが有意義に効率よくプレイしていくために、誰もが行っている事となります。

カジノに行ったらまず、プレイしている人、また周囲をよく観察すべきです。そうすることで、チップの列が違っても、「複数枚置かれている1列の数が同じだ」ということにも気が付きます。

観察してみると、1スタックが20枚となっていて勝敗によってディーラーがそのスタックから数を減らしている事に気が付くのです。

まとめ

最初から無理してスマートにしようと思うことはありません。

でも、カジノのルール、カジノ用語などを積極的に理解しようとすることもカジノを楽しむために必要なことといわれています。ちなみに1スタックを測る事をスタッキングといいます。

カジノは海外発祥のゲームであるため、横文字が多く、日本人にはとっつきにくい印象がありますが、CASIPEDIAなどのカジノサイトを熟読していけば、胸を張ってプレイできるようになるでしょう。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!