シンボル(Symbol)とは?【カジノ用語】

スロットは日本人にもなじみの深い賭け事といってもいいでしょう。絵柄が合えば賭け金がより多くなっていきます。単純なゲームだからこそ運もかかわってきて病みつきとなる人が多いです。

今回紹介するカジノ用語、シンボルはスロットで利用される絵柄を指します。それでは詳しい解説へと参りましょう!

最も単純、でものめり込みやすいスロット、その絵柄

日本でもおなじみの娯楽といえばスロットですが、実はカジノでもスロットマシンは人気のゲームです。ラスベガス等の場合、カジノ店舗の収入の多くを占めるのがスロットといわれるくらいで、実はカジノのいい収入源となっているゲームといわれています。

ブラックジャックもルーレットも、ルール、規則などを知らずに行うのは怖いと思いますし、複雑なルールもあるのでカジノでは手を出しにくいのかもしれません。

しかしスロットは出てくる絵柄をそろえるという単純なゲームなので、難しいルールを勉強する事もなく、誰でもできる気軽さがあるのです。このスロットで出てくる絵柄をカジノ用語でシンボルといいます。

シンボルには指輪や車、ルーレットや$、時計、女性の顔、数字やお酒など色々なものがあり、この絵柄がそろうことで当たりとなり掛け金を手にすることができるのです。しかしこの絵柄がそろうことのほかに、ジャックポットと呼ばれるスロット最大の魅力があります。

シンボルがそろいボーナスゲームへ、そこで狙えるジャックポット

スロットの醍醐味、ジャックポットはシンボル(Symbol)がそろいボーナスゲームに入ることで挑戦できます。シンボルがそろうとボーナスゲームに突入、そこでジャックポットとなった場合、ジャックポット賞金としてプレイヤーが賭けている金額をすべて獲得できるのです。

スロットマシンごとにそのマシンを利用したプレイヤーがどんどん費やしてきた現金が貯まっていきます。そのマシンでジャックポットとなったプレイヤーは、そのマシン内にため込まれているプレイヤーたちが費やしてきた費用を全部賞金として手にできるのです。よりマシン内に残存している金額が多ければ大勝となります。ジャックポットとなってもそのマシンの残額が少ないと大勝とはなりませんが、それでも賞金額はある程度の金額です。

1つのスロットマシンで何人がプレイしたのか?それによって金額が変わりますが、長くジャックポットが出ていないスロットに座りジャックポットとなれば、高額な賞金を手にすることができるのです。

しかしその始まりとして、シンボルをそろえる必要があり、そこにギャンブラーたちは一喜一憂します。

スロットマシン、シンボルの揃え方

マカオのカジノでは、香港ドル、コインをそのまま投入しプレイできるようになっており、非常に手軽です。賭け金変更ボタンを押して1ラインごとの賭け金を決定し、2倍、3倍で賭けたいというときには賭け金変更ボタンの2、3などをプッシュし変更します。そしてプレイボタンを押すとスロットが勝手に回転、勝手に停止、日本のパチスロのように目押しなどする必要がありません。

賭けたラインにシンボルがそろうとクレジット加算、こうしてプレイを続けていきます。シンボルがどのようにそろうかが問題で、BETしたラインにシンボルがそろう事が目的となるゲームです。このシンボルの並び、ラインはカジノによって様々で、かなりのラインパターンがあります。

ちなみにスロットマシンによってトップ・シンボルが決められていて、その台で最も高い価値のあるシンボルです。トップ・シンボルの並びを作ることでより賞金額が大きくなります。ジャックポットを狙うことはもちろんですが、スロットを楽しむ人たちはトップ・シンボルを並べることも目的の一つとしてスロットを楽しんでいるのです。こうしたカジノ用語を理解する事で、スロット等の単純なゲームもより楽しくなると思います。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!