【カジノ用語】ハウスエッジ(House Edge)について

ハウスエッジ(House Edge)を認識していないと、カジノの世界では大損などと言われていますが、なぜそれほどまでにハウスエッジを気にしなければいけないのか。

ここでは、ゲームごとに発生する賭け金の平均損失である「ハウスエッジ」について解説しているので、知らない方は今のうちに理解を深めておきましょう。

カジノ用語ハウスエッジとは

ハウスエッジのハウスとは、カジノ場を意味していていますがエッジとは一体なんなのでしょう。よくハウスエッジが話題にのぼるときに控除率という言葉が引っ掛かってきますが、カジノの世界では少しばかり意味合いが違うようです。具体的にどういう意味なのかしっかりと理解しておくことがプレイヤーとしてのマナーだと言えます。

一般的にラスベガスなど実際のカジノ場もオンラインカジノの世界でも胴元がいることで資金が回っていることはおおよその予想がついているはずです。まずはカジノゲームへ参加したプレイヤーから何かしらの資金を回収しなければ、カジノサイト自体の運営すら行うことができません。手数料と聞いて、少しばかりの額を胴元であるハウスに渡すことでカジノ運営が行われていることを知っておいてください。

カジノは賭け事ですから、ベットしてもそれ以上のチップを回収できなければ損失が生まれてしまいます。1回のゲームで手元に残るチップが多ければ多いほど損失が少なくすみますが、少なからず回収されてしまうチップは、胴元の懐に入ることになっています。この回収されたチップが積み重なり、カジノ場を運営する資金となるので仕方のないことかもしれませんが負けは負けなので諦めるしかありません。

さて、このときに1回ごとのゲーム参加で負ければチップは胴元に回収されますが、プレイヤーとしては単純に損をしていることになります。この損をしている割合こそがハウスエッジと呼ばれているのです。

カジノゲームで説明するハウスエッジ

カジノゲームに参加して、いくつかのゲームでベットしても負けが生じてしまう場合に、平均の損失額の割合のことをハウスエッジと言います。カードやスロットのオンラインゲームで遊ぶときに、ゲームに参加するたびに勝ち続けていくことができれば、損失自体もほぼ無いはずです。いくつかベットしていれば、どこかのベッティングエリアで勝利することもあるでしょうし、オリジナルベットだけが回収されるゲームもあります。

しかし、勝ったゲームでもいくらかのチップは回収されることになるので勝敗を繰り返していくなかで、徐々に損失の割合が高まることに繋がるのです。これこそがハウスエッジであると覚えておいてください。

ハウスエッジを少なく抑えるための秘訣

ただし、ハウスエッジを少なく抑えるための賭けがあることも頭に入れておくと実際のカジノで役立ちます。それは、カジノゲームの内容によってハウスエッジが低くてあまり損をしない仕組みになっているからです。カジノゲームに参加して、回数をこなせばそれだけ損失額も増えてくるのですが、まずは勝率をチェックしておくことと、プレイすること自体を少なくすることでハウスエッジの確率も下がります。

たとえば、ルーレットなどでは簡単にハウスエッジを計算することができるともいわれていますのでサラッと計算式を説明します。カジノ場が有利にことを進めるともいわれている0が2つあるルーレットは38個の数字のなかから1つだけを選んで賭けます。ルーレットでは賭け方によって、配当がすでに決められているルールなので計算もし易いのです。1つだけに賭けた場合には、勝つ確率38分の1×ベットした数字の配当+負ける確率38分の37×-1=ハウスエッジとなります。

1万円分をベットした場合に500円程度が損失額になります。大した金額ではないように感じるでしょうが、数回のゲームを繰り返していれば損失額もプラスされていきます。ルーレットで1つの数字に1万円ずつ賭けて、10回のゲームに参加すれば500円×10回が損失額となるのです。10回の平均損失額ハウスエッジは、500円になることをしっかりと覚えておいてカジノゲームに参加することをおすすめします。


友達にもシェアしましょう!