サレンダー(Surrender)とは?【カジノ用語】

サレンダー(Surrender)は、プレイヤーが最初に賭けた賭け金の一部を無条件に放棄することです。 ゲームを途中で止めることができるルールで、カジノのブラックジャックでのルールとして有名です。

サレンダー(Surrender)とは

重なったカード

 

降参すること

サレンダー(Surrender)は、カジノ用語ですが、主にブラックジャックのルールの一つです。
プレイヤーがサレンダーを宣言することで、賭け金総額を没収されることなく、半額戻しを受けることができるというルールです。 サレンダーは、半分の損失を覚悟して勝負を下りるということです。
ブラックジャックの場合、最初の手札で勝てるかどうかが決まってしまうことが多いので、サレンダーをしておけば賭け金の総てを失わずに済むので魅力的な方法として使われています。

ブラックジャックでは手札が21を超えてしまうことをバストと呼んでいますが、その時点で負けが確定してしまうので、プレイヤーは先にカードを引くため、バストに遭遇する率が高くなるのです。
プレイヤーが先にバストをするとその時点で負けが確定します。 そして、その後でバストをしたディーラーにも負けることになり、不利となるのでサレンダーを採用していることが多いのです。

傷口を広げないために

サレンダー(Surrender)は簡単に言うと、ブラックジャックで賭け金の一部を放棄することでゲームを降りることです。
サレンダーによって致命的な負けを回避することができるのです。
プレイヤーに認められたルールとして、ブラックジャック以外のゲームでもサレンダーできるゲームが存在します。
しかし、一方でその扱いについてはカジノによって様々となっているのです。

カジノ暗黙のルール

エースのカード

公開されていないことが多い

カジノによってサレンダーの対応はまちまちです。
実際にルールを見ることができる様にサレンダーを公開しているところもあるのですが、カジノの暗黙のルールとして認められている場合が多いです。
サレンダー可能かどうかはディーラーに確認してみることも可能となっています。
カジノプレイの前にサレンダーが可能かどうかをディーラーに確認してからプレイを行うことが大切です。

もっともブラックジャックでは、親のアップカードが絵札やAである場合、最強の役ではないことを確認して行われることが一般的です。
最強のブラックジャックの役が成立した場合、プレイヤーがそれをすることができずに賭け金の総てが没収されるということにもなってしまうのです。
こうしたルールを設けている場合も多く、レイトのサレンダーと呼ばれています。

なおサレンダーの方法は順番が回ってきた時に決まった仕草が存在するわけではありません。 サレンダーと宣言するだけでよく、勝利の見込みがないと判断したら早めに勝負を下りるのです。

サレンダーありきではない

カジノのブラックジャックで、サレンダーが必ずできると思うのは禁物です。
カジノによってはサレンダーを認めていないところもあるからです。
サレンダーを始め、カジノのブラックジャックはルールが細かいところで違うことが多く、事前の確認が必須です。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!