パーレイ法(Parlay System)とは?【カジノ用語】

カジノ用語のひとつ、パーレイ法(Parlay System)とは、勝つごとに賭け金を2倍にしていく方法のことを指します。

1回目の賭け金を元に、勝つごとに2倍にしていきます。大きく負けることがなく、連勝するほど、利益は大きく膨らみます。

以下の記事でパーレイ法を使ったシミュレーションや注意点、やり方などを解説しているので詳しく知りたい方はチェック!

▼詳しくはこちら

【追記】読者の方にてっとり速くシミュレーターを作りました。

パーレイ法検証ツール

1回のミニマムベット(賭け金)と、所持金、目標額(所持金除く)、テーブルリミット、繰り返し数を入力し、「検証」をクリックすると、自動で所持金の推移が観察できます。また、「結果を引き継いで再検証」機能を追加したので、より長期的なスパンで検証できますよ!

パーレイ法とは?

ルーレットとチップ

パーレイ法(Parlay System)とは、カジノルーレットにおいて、勝つたびに賭け金を倍にしていく賭け方をあらわす用語です。

例えば1回目は1ドル、2回目は2ドル、3回目は4ドルと、勝つごとに賭け金を倍にします。似て非なるマーチンゲール法とは逆の考え方であり、勝つたびに賭け金を2倍にするので、連勝すると爆発的に資金を増やせます。

この方法に適したゲームというと、配当が2倍のゲームであり、ルーレットの赤黒や奇数偶数などがあります。

具体的な行い方は、まずは最初にいくら賭けるか決めます。それは1ドルでも2ドルでも、100ドルでもいくらでも良いです。資金の総額のいくらを賭けるか、またはいくらぐらいの割合が良いかなどは考えないでよいです。

例えば、1回目に1ドル賭けて勝ったときは、2回目にはその1ドルを上乗せして2ドルにして、勝てばまた3回目はその2ドルを上乗せして4ドルとして賭けます。

使うお金は最初に決めた賭け金のみであり、勝ったときは、配当から賭け金分だけを上乗せして、次のゲームを行います。

また負けたとしても、失うのは最初の賭け金のみです。このために、連勝するほど利益は大きくなっていき、仮に負けても最初の賭け金のみ失うので、カジノでは大変有効な方法と言えるでしょう。

 

パーレイ法は究極のハイリスク・ハイリターン

チップを持ったディーラー

パーレイ法は、マーチンゲールとは違い、1度ゲームを開始すると、資金を追加で足していく必要はありません。勝ち続ければ大変有効な方法であり、ルーレットの赤黒など、次の出目が読みやすいゲームで行うと、利益を確保しやすいでしょう。

ただ負けが少ない方法ですが、連勝する確率は、連勝するほど少なくなります。

出目の期待値が赤黒など2分の1のゲームでは、1回目は2分の1の50%、2回連続で勝つ確率は1回目の勝率と2回目の勝率を掛けて25%となります。それは0.5をどんどん掛けていくこととなり、言い換えれば、「連勝する確率は0.5倍ずつ少なくなる」ということです。

8連勝する確率は0.4%程度と極端に少なくなりますが、8連勝すると、1回目の賭け金の255倍もの利益を得られます。

勝ち続けるほど利益を確実に増やせる方法であり、連勝するほど莫大な利益を生みます。さらに資金を十分に用意しなくても、最初の1回目に掛けるお金だけあれば、使える方法です。

ただこれは積み重ねていく方法となるので、連勝してから負けると、その連勝分の利益をすべて失ってしまいます。ある程度最初から何連勝したら止めるか、利益をいくら確保するかなどして行うと、より効果的に使える方法でしょう。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!