エースキング(Ace King)とは?【カジノ用語】

エースキング(Ace King)」とは、カリビアンポーカー特有のルールのひとつです。

このルールはディーラーだけに適用され、プレイヤー側にとってのハンデと捉えることもできます。

 

エースキング(Ace King)とは?

エースキング

エースキング(Ace King)とは、カリビアンスタッドポーカーのルールのひとつで、文字通り、手の中にエースとキングがある役のことを指します。

マカオではディーラー側のみに適用されるものですが、カリビアンスタッドポーカーをプレイする上では必ず覚えておかなければならないルールです。

 

エースキングは一部のポーカーで使用される

カジノで行われているポーカーにはいくつかの種類が存在しますが、このルールは相手を設定しないビデオポーカーには存在しないルールです。

そのため、相手を設定するタイプのポーカーはプレイしない場合は覚えておかなくても特に問題はありません。

 

エースキングはディーラー側にだけ適用される

カリビアンポーカーとはディーラーが相手となるポーカー(1対1でプレイするもの)のみに適用され、役の難易度の高さに応じて勝敗が決定されます。

エースキングとはこのカリビアンポーカーにおいて、最初に配られたディーラー側のカードにエースとキングのどちらもなく、なおかつ役もそろっていない場合に、ディーラーがその場で降りなければならないルールのことを意味します。

このルールは通常ディーラー側にのみ適用されるルールですので、エースキングはプレイヤー側へのハンデと捉えると分かりやすいでしょう。

 

エースキングの起源

カリビアンポーカーにおけるエースキングのルールの起源に関しては諸説あり、どれが正しいかは明言することができません。

しかし、ポーカーそのものは1830年ごろにアメリカへ入植したフランス人によって紹介されたといわれており、それとほぼ同等の時期にエースキングのルールも考案されたことが考えられています。

 

エースキングになる場面

playerとdealer

続いてはエースキングの状態になった場合に、ディーラー側、プレイヤー側がどうなるのかについて解説します。

 

エースキングになった場合、ディーラー側はどうなる?

まず、エースキングは上述したとおりディーラー側にだけ適用されるルールであることから、ディーラー側は最初のカードが配られた段階で、エースキングの状態になっていないかを確認する必要があります。

その上でエースキングの状態にあることが判明した場合、ディーラー側はその時点で負けが決定するため、自らゲームを降りなければなりません。

一方、エースキングの状態でなければゲームは続行。通常通り、役を作るためのカードの選択を行います。

 

エースキングになった場合、プレイヤー側はどうなる?

エースキングはディーラー側だけに適用されるルールであることから、プレイヤー側はカードが配られてもエースキングの状態にあるか否かの確認をする必要はありません。

そのため、カードを配られたらすぐに役を作るためのカード選択を行います。

ただし、ここでディーラー側がエースキングの状態であることを申告した場合、ゲームはその時点で終了し、プレイヤー側の勝ちが決定します。

これにより、プレイヤー側はその時点で欠けられている分の2倍のチップを獲得することができます。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!