ダブルダウン(Double Down)とは?【カジノ用語】

ダブルダウンはブラックジャックで使用されるカジノ用語です。

ブラックジャックを遊ぶうえで意外とチャンスが多いものなので、「配当金を増やす方法が知りたい!」という方はぜひ覚えてみてくださいね。

 

ダブルダウンとは?

【カジノ用語】「ダブルダウン(Double Down)」について

ダブルダウン(Double Down)とは、最初に配られた2枚のカードから、あと1枚だけ引くことを条件に、賭け金を2倍に増やせるルールです。

通常、21を超えない範囲であれば、何枚でもカードを引けるとされていますが、ダブルダウンをおこなう場合は「1枚のみ」を追加で引き、合計3枚で勝負することになります。

また、

  1. 勝てば通常の2倍の金額がもらえる
  2. 負ければ2倍の金額を失う

こともダブルダウンの特徴といえるでしょう。

 

ダブルダウンの条件とリスク

ダブルダウンはプレイヤーだけが使用できるルールです。成功すれば2倍の配当金をもらえますが、美味しいルールにはリスクがつきもの。

ダブルダウンを使用する場合は

  1. 1枚だけしか追加のカードを引けない
  2. どの組み合わせになっても勝負すること
  3. ダブルダウンは取り消せない

という3つの条件を守る必要があり、たとえ自分の手札が弱くても、強制的に勝負しなければなりません。しかも負ければ2倍の金額を失います。

そのため、ダブルダウンは「ディーラーよりも自分のほうが有利である」と確信した場合、または有利である確率が高いときに使うのが鉄則となります。

 

ダブルダウンのやり方

ダブルダウンは以下4つの手順のもと行います。

  1. 最初のカード配布後、賭け金と同じ額のチップを横に置く
  2. ダブルダウンと宣言
  3. カードを1枚引く
  4. 3枚のカードを見せる

通常はどんな数字であってもダブルダウン可能ですが、最初のカードの合計が10または11である時など、制限を設けている場合があります。

またスプリットした後にも、ダブルダウンが可能といったカジノクラブもあるため、ダブルダウンの詳細はプレイ前に確認しておきましょう。

 

ダブルダウンの基本戦略

ダブルダウンの戦略は、自分の手を以下2つのどっちで数えるかによって異なります。

  1. ハードハンド(A=1と数える)
  2. ソフトハンド(A=11と数える)

ぱっと見だとよく分からないかもしれませんが、自分の手とディーラーのアップカードが以下の表とマッチする場合にダブルダウンすることで、負けるリスクを最小限に抑えられます。

 

ハードハンド(A=1)

自分の手 ディーラーのアップカード
11 2~10
10 2~9
9 3~6

ソフトハンド(A=11)

自分の手 ディーラーのアップカード
18・17 3 / 4 / 5 / 6
16・15 4 / 5 / 6
14・13 5 / 6

 

ブラックジャックの場合、トランプの数字はMAXで11なので、

  1. 11を引いてもバストしない(21を超えない)手札
  2. 11を引いたときに最強となる手札

がダブルダウンするタイミング。

つまり自分の手札が10の状態であれば、あとは10・J・Q・K・Aどれを引いても合計値が20か21になるので強い(勝てる確率が高い)ってことです。

もちろんディーラーのアップカードを見ることも大切ですが、初心者の方はまず「自分の手札が10または11のときにダブルダウン」と覚えておくといいかもしれません。

 

ダブルダウンの3か条

ダブルダウンはかなりリスキーな手法です。

失敗すれば、カイジ(藤原竜也さん)の「どおしてだぉおお!!」といった状態がリアルでおこるから、気をつけて!

 

  1. ダブルダウン= 成功すれば2倍の配当金!失敗すれば2倍の損失!

  2. ダブルダウンはディーラーよりも有利なときに使う!

  3. まずは基本戦略を頭に入れてから!

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!