シックボー(Sic-Bo)とは?【カジノ用語】

シックボー(Sic-Bo)は、数あるカジノの「サイコロ」というジャンルに分けられるカジノゲームです。

単純に出目を当てるだけでなく、ゾロ目や合計値に賭けることもでき、シンプルでありながらバラエティーに富んだルールが特徴です。

 

シックボー(Sic-Bo)とは

シックボー(Sic-Bo)とは「タイサイ」や「大小」とも呼ばれる、サイコロを使ったゲームを指します。

トランプを使うものが大半を占めるカジノのテーブルゲームの中では、シックボーは数少ないカードを使わない部類のゲームです。東アジア圏では古くからサイコロを使う賭博やゲームが行われてきた歴史があるため、日本でも非常に人気の高いゲームのひとつとなっています。

 

シックボーの基本的なルール

ゲームのルールは「1~3個のサイコロの出目を予測する」という比較的シンプルなものです。使用されるサイコロは密封された容器に入っているものを毎回使うため、重さの不均一なサイコロを使うなどの不正がないように工夫されています。

さらに、容器そのものも賭けが成立するまでカバーで隠されているため、プレイ中にシャッフルするときから覆いが外される瞬間まで、誰も中を見ることができません。

このことから、カジノの中でも特にフェアなゲームといえるでしょう。

 

シックボーのゲーム手順

オンラインカジノとランドカジノではゲームの手順が少し違う部分がありますが、ここでは日本人が参加する頻度が高いオンラインカジノにおいてのゲームの流れをご説明します。

まず、プレイヤーがテーブルの好きな場所にチップをベットします。ベットが完了したら、画面上にある「ロール」をクリックしてください。

なお、ライブカジノの場合は規定の制限時間があり、それを過ぎたら自動的にディーラーがサイコロをシャッフルします。そして最後に、出目に応じてそれぞれのプレイヤーに配当が支払われる、という流れです。

奇数か偶数かを当てる「丁半」と比較して、シックボーでは出目の大小、出目の合計、ひとつ目もしくはふたつ目の出目を当てる、ゾロ目を当てる、など多くの勝ちパターンが存在します。

 

出目の合計について

出目の合計が10以上なら「小」、11以上は「大」となり、これを当てた場合の配当は1倍です。ただし、出目がゾロ目になった場合は負けとなります。(ゾロ目に賭けるための役が別で存在するため。)

3つのサイコロの合計値を当てるトータルベットでは、4~17の範囲で当てることができます。その範囲内で当てた場合でも、ゾロ目が出た場合は当たりとして扱われない場合もあるので、注意しましょう。配当はサイコロの合計によって異なりますが、6~60倍です。

サイコロの出目を当てるナンバーベットではひとつ当たれば1倍、2つなら2倍、3つなら3倍となります。出目をふたつ当てるダブルベットを当てると5~10倍の配当がもらえます。

最後に、ゾロ目を当てる役は2種類あり、ただ「ゾロ目が出ること」に対して賭けるエニートリプルでは30倍、数字を指定するトリプルベットではシックボーでは最大の180倍の配当です。

シックボーは、カードゲームに飽きてしまった方や、シンプルなゲームを楽しみたい方におすすめしたいゲームです。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!