カードカウンティング(Card Counting)とは?【カジノ用語】

カードカウンティング(Card Counting)は、ブラックジャックやポーカーなどで用いる予測テクニックです。

カードカウンティングをきちんと扱うことによって、カジノゲームの勝利の確率かかなりあげることができますので、興味のある人はぜひマスターしてみましょう。

 

カードカウンティングとは?

 

カードカウンティングで勝負に勝つ

ギャンブルというと、「破滅への入り口」と思う人もいます。

しかし、その”負けるもの”といわれる中で、自分なりの必勝法を編み出し、それを駆使することで常勝を続けている人もいます。

そのような数少ない「勝ち組」と呼ばれる人は技術やメンタル、さらには資金管理術を徹底して運すらも引き寄せているのです。

その一つの必勝法がカードカウンティングです。

 

カードカウンティングはブラックジャックが主

カードカウンティングはブラックジャックで主に使われているテクニックです。

カジノでプレイヤーが確実に勝利できるトランプゲームは、ブラックジャックしかないと言われています。(ちなみに、カードカウンティングを使いこなしている人は日に10万円は稼げるらしいです…。)

ブラックジャックはプレイヤーの2枚のカードとディーラーが開く1枚のカードから、もう1枚カードを引くか引かないかを決めるのがベーシックストラテジーです。この場合の期待値はマイナス0.4%です。

ベーシックストラテジーに徹してプレイし続けると、ミニマムベット3000円で12時間1200ゲームのプレイをした場合、3,000円×1,200ゲーム×(-0.4%)ということでマイナス1万5千円のマイナスとなります。

12時間も遊べて1万5千円のマイナスというのは良い勝負といえるでしょう。しかし、必勝という形ではありません。そこで、必勝法となるのがカードカウンティングなのです。

 

カードカウンティングの豆知識

 

開かれたカードを覚えておく

一つのテーブルで使われるカードの総数は有限です。このことから「すでに開けられたカードを記憶する」ということで、残りのカードがプレイヤーにとって有利か不利かを見極めるテクニックなのです。

そうすることで、ベット額を増減することができるので負けを最小限に抑え、勝つときは大きく勝つというテクニックがカードカウンティングなのです。

残されたカードが10と絵札とAが多くなれば、プレイヤーにとって有利になります。

 

カードカウンティングが常勝といわれる理由

カードシャッフル後、0からスタートし、2~6のカードが開かれたら+1とします。

10~Aのカードなら-1と増減を繰り返すのです。規定値を満たした場合、ベット額を上げることで、利益を最大化するというわけです。

カウンティングを駆使したときの期待値はプラス1~2%となります。

 

カジノ側の対策と本当のプロ

カードカウンティングが見つかると出禁になるカジノが多いそうです。実際にプレイヤーのカードカウンティングを見抜けるよう、ハウス側(カジノ運営側)はプレイヤーの目の動きをよく観察しています。

つまり、「バレないようにカードカウンティングできる人」こそが本物のプロと言えるでしょう。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!