シェルドン・アデルソン、癌の治療中であることが明らかに

引用元:agbNipponn

シンガポールに構えるマリーナ・ベイ・サンズなど大規模なIR構想を実現させたことで有名である米ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の創業者「シェルドン・アデルソン(85)」が昨年12月より出勤していないことが明らかになった。

同社の広報担当ロン・リース氏の電子メールによれば、「非ホジキンリンパ腫の治療に伴う副作用で出張や通常の勤務ができない状態であるが、CEOの職務は果たせている」とのことだが、実際の彼がいま、どんな状況にあるのかは謎に包まれている状況だ。

治療完了後はこれまでの生活に戻れると見込むものの、現在は日本のIRライセンス取得を目指す非常に重要な期間であるため、数々の統合型リゾートを手掛け、成功を収めてきた彼の離脱は同社にとって非常に厳しい事実であろう。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!