【カジノ法案】希望の党議員の発言をまとめました

日本カジノ法案は日本国内における初の試みという事もあり、各儀党議員から様々な発言がされています。希望の党議員はどの様な発言をしているのか、希望の党議員が行なった日本カジノ法案における発言はこちらです。

小池百合子『検討は進めていきたいと考えております』

 

希望の党代表の小池百合子議員のカジノ法案に関する発言は、全体を通して非常に慎重な傾向にあります。2016年の初期の発言では、「IRについては、1つの観光振興という観点、そういった観点と、社会的な問題が大丈夫かということで、議論が行われてきた所でございます。

東京にふさわしいIRについてはどういうものが望ましいのかと言った事なども含めて検討は進めて行きたいと考えております」という発言が行われました。

誘致には慎重な姿勢を見せている

その後、東京都として海外におけるIR現状調査を行うと共に、国内においてマイナス面やプラス面を踏まえて様々な部分に検討を行いましたが、2017年には「まだIRに対しての様々な国の制度が整っていない、その次の段階で考えるべきだ」と発言を行いました。

IRそのものに前向きな姿勢ではありますが、早期の誘致活動には慎重で、あくまで全てが整ってからの将来的な誘致の可能性に留まっているとされています。

まだまだ確定的な話は無い

国内外を問わずに、多方面からIRに関して考える小池百合子氏の考えに賛同する方は多いですが、宙ぶらりん状態になっている事に、苦言を呈している議員も少なくありません。現在、東京都知事としては将来的には前向きな姿勢を見せて居ますが、まだまだ確定段階とは言いづらいでしょう。

行田邦子『パチンコという存在と正面から向き合うべきだ』

希望の党の行田邦子幹事長はカジノリゾートに関して「ギャンブル依存症の多くが、パチンコスロットと関連している」「パチンコという存在と正面から向き合うべきだ」と発言しました。パチンコは風俗営業として認められており、あくまで法の許可する元、ギャンブルが執りおこなわれています。

もちろん、その分、規制が設けられている部分は多々ありますが、カジノ設立によってギャンブル依存症患者のことを心配する前に、まずは現状行われているパチンコの部分から向き合うべきではないかとし、カジノ設立によってギャンブル依存症が悪化する可能性以前の問題を指摘したのです。法案で見直すべき部分はあるものの、その分、向き合うべき所は別にあるとしています。

この発言に関して、根本的な話をずらしているという意見もありますが、行田邦子氏の意見に賛同するという方が多いのが特徴です。

カジノ設立をすることで、ギャンブル依存症患者が増えるという意見は多々ありますが、カジノよりも気軽に利用しやすいパチンコパチスロ店がある以上、カジノ設立云云以前に、まずはパチンコの部分から向き合う事が重要と言えるでしょう。

海外より日本の方がカジノ依存症の人が多い

諸外国を見てみると、カジノがある国々に比べ、カジノが無い日本の方がギャンブル依存症患者が多い傾向にあります。

ギャンブル依存症患者の多くはパチンコなどの無料で入れる場所に通う傾向がありますので、カジノ設営を無くすことでその部分が安心出来るかというと、全くもって関係無いと言えるでしょう。

カジノ法案を否定するのであれば、まずは身近のパチンコ問題を考えるべきという鋭い発言として賛同されています。

玉木雄一郎『まずは小池代表の考えを把握するのが第一、次に、党内の考えをまとめていく』

 

希望の党の共同代表選挙において、衆議院議員として選出された玉木雄一郎氏によると、「IR方については、党内でも色々な考えの人がいると思うので、まずは小池代表の考えを把握するのが一番。次に党内でどういう考えの人がいるのか、党内の考えをまとめていくのが次」という発現をしています。

まずはトップの考えを知った上で、その他の議員の考えもきちんと聞き、党の方針を固めていく考えです。

希望の党ではあくまで個人の意見を尊重し、上に付き従うのではなく、一人一人が考えを持つべきとされています。

その為、判断を軽く決めるのではなく、あくまで全体の意見を聞いてから決めるという玉木議員のような方が多い傾向にあるでしょう。議論に議論を重ねて様々な方面から1つの事に着目していく点が、希望の党の特徴として知られています。

まとめ

希望の党はこのように、全体を通して見るといずれも慎重派が多く、軽率な発言をする前にまずは、根底の部分を調べてから決断を下す傾向があります。こうした発現を通じて中途半端と感じる方もいますが、その分、きちんとした意見をまとめてくれる事もあり、支持者が多い点も特徴です。

結果として、希望の党はIR賛成派として論議を重ねましたが、検討に検討を重ねたからこその決断という事もあり、支持者は少なくありません。カジノ法案を進めるにあたり、まだ課題はあると考えていますが、その点も精査に精査を重ねた後、客観的に法案をチェックした上で改善していく事を決めている点が希望の党の特徴であり魅力と言えるでしょう。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!