日本カジノ法案の疑問 いつできるの?

2018年7月20日にカジノ法案が可決され、日本でもいよいよこのIR、いわゆる統合型リゾート施設が建設されます。しかし、このIRは実際にいつ完成するのでしょうか?

法案可決後のスケジュール

CASINOのロゴ

カジノ法案が可決されたことはメディアを通じて大々的にみなさんにも伝えられ、漠然ではありますが、近いうちに日本にもラスベガスやシンガポールのようなカジノ施設ができるというような認識を持っている人が多いと思います。カジノ法案が可決される前までは、様々な観点からカジノ法案が持っているメリットやデメリットなどが常に議題として上がり、様々なケースが検討、懸念されてきました。

しかし、カジノ法案が可決されたことによって、カジノ施設の建設をこれから進めていくことになるのですが、それではこのカジノを含む統合型リゾート施設、いわゆるIRをどのようなスケジュールで進め、実際には我々日本人や海外からの観光客がいつから日本のカジノ施設を利用することができるのでしょうか?

まず、今回、カジノ法案が2018年7月20日に可決されたということは、みなさんの中でも知っている人が多いかと思いますが、それではこれからどのようなスケジュールでIR建設を進めていくのでしょうか?カジノ法案が可決され、次のスケジュールとして、着手することがカジノ法案の心臓部でもあるカジノ管理委員会を設けることです。

このカジノ管理委員会はこれから建設されるIRなどの基準を明確化したり、監督責任を負うことが主な役目となります。そして、このカジノ管理委員会を2019年秋ごろに設置する予定となっています。カジノ管理委員会を設けたことにより、次に着手することはIRを設置するための大まかな法整備だけではなく、あらゆる事態を想定しての細かな法整備を進めていくことになります。

ようやく、カジノ法案の監督者や法整備が整った段階で、実際にIRを設置する建設候補地を決定していく段階になります。IR設置に関しては既に法的に3か所までの設置とされており、現在のところ、全国各地でこのIR誘致運動が起こっており、実際にはどの都市にこのIRが設置されるかは決まっていません。

様々なことを考慮して慎重に決定しなければいけませんが、決定後、建設業者の決定や設計を考えていくというスケジュールとなります。IRは当然のことながら日本では初の試みになりますので、どのようなスケジュールが正解なのか?ということは誰にも分かりません。既にIR先進国の事例などを踏まえて今回このカジノ法案可決に踏み切ったわけですが、その事例などをもとに今後の細かなスケジュールが決まっていくのでしょう。

大予想!完成するのはいつ?

3台並ぶスロットマシン

2019年秋ごろにカジノ管理委員会を設置するわけですが、実際に建設を開始していくのはこのカジノ管理委員会が設置された後になります。2020年に東京オリンピックがありますので、東京オリンピックとの相乗効果を狙って、それまでにはIRを完成させたいと考えているようですが、なかなか難しいということもあり、実際には2020年ではなく、更にその先の2023年以降に完成するのではないか?と言われています。

まとめ

東京オリンピックの開催は東京だけでなく、日本全体を盛り上げてくれるビッグイベントにはなりますが、その分、スタジアムの建設やホテルの建設など、建設業界の人出不足が深刻な中でのIR建設となりますので、やはり実際にIRが完成するのはまだ先の話になることでしょう。家を1軒建てるのとは規模があまりにも異なりますので、IRのような広大な土地を利用しての建設は完成までに数年かかると認識をしておいたほうが良いでしょう。


友達にもシェアしましょう!