【カジノ法案】世界の大手カジノ企業が語る日本カジノ

世界のカジノ関連の企業から見ると、日本のカジノは今後どのようになるのか、まだ全く状況がつかめない状況です。しかし、日本はすでにパチンコが日本全国で人気があり、若者からお年寄りまで多くの人が遊戯を楽しんでおり、今後の広がりが期待されています。

世界の大手カジノも注目する日本のカジノの動向

3台のスロットマシン

世界のカジノ関連の企業も日本でカジノ法案が通過したことにより、今後、さらにプレイが簡単に出来るようになることを期待している部分があります。日本でのカジノの普及はそれほど難しくない、日本人はカジノを10年もあれば受け入れてくれるだろう、という見通しがあり、すでにカジノで働くカードを配るディラーなどの養成も始まっているといいます。

日本でカジノが普及すると考えている世界のカジノ業界の企業の幹部らの理由として「日本ではすでにパチンコが普及している」という理由があります。パチンコ業界は1兆円を超える大規模な市場であり、日本全国で多くの若者から年配の方までプレイを楽しんでいます。現在、パチンコ、パチスロはレートかつての一律の規制から各店舗がかつての最大のレートから低レートと呼ばれる、パチンコ玉の貸し球、パチスロの貸しコインのレートを変化できるようにプレイヤーが選べるようになってから、プレイヤーが遊戯で長時間、遊ぶことができるようになりました。

これは、実際にカジノでレートをプレイヤーが選んで遊べるようになっていることと共通する部分であり、比較的、長く遊戯を楽しめるような環境が整っていることが大きな理由の一つでしょう。このような素地があることが、世界的にも日本でカジノが普及するであろうと考えている理由の一つであります。ただ、カジノゲームに関しては、まだ馴染み日本人にないため、ゲームが浸透するまでに時間がかかるのではないかと予想されてい部分もあります。

カジノは日本で普及しそう?

日本では、ポーカー、ブラックジャック、バカラ、ルーレットなどはオンラインカジノやビデオゲームでは体験したことがあっても、リアルなディーラーがいて、ボードがあるところでプレイをしたことがある人はなかなか少ないものです。そのため、完全に現在のパチンコ店のように普及するのは難しいのではないか、という考え方が主流です。

その反面、若い人を中心に携帯ゲームの普及は目覚しく、通勤時間から自宅まで幅広く楽しまれている傾向があります。

その点、実際に各都市にあるカジノをプレイできる場所がテナントショップとなり、そこでレジャーとして楽しんだ人が、実際にオンラインカジノを体験して、プレイをするようになる、ということは十分に考えられるのではないか、と予想されてもいます。

日本に定着すると予想されているカジノ文化

トランプとダイス

日本人は、比較的ギャンブルやゲームが好きな民族であり、特に雪国であった北海道、東北は冬の寒さが厳しいため、年中が外出して遊ぶことができない点も、室内遊戯がプレイされる理由となっています。日本では、将棋、囲碁などのボードゲームのほか、花札なども古くからローカルで独自のカードゲームとして楽しまれています。

そのことを考えると、日本ではカジノゲームは今後、カジノ法案が通過したことによって導入されれば普及することは十分に現実的ではないのか、と考えてもよいのではないでしょうか。世界のカジノ企業は日本のことをビックマーケットと考えており、今後さらに本格的な普及のために活動を進めていくことになるでしょう。

日本人はギャンブルが好き

また、日本人自体もギャンブルが好きという文化性があります。パチンコ、パチスロをはじめとして多くの人が遊戯を楽しんでいる、という点があります。そのほか、競馬、競輪、競艇、宝くじなどは日本人の過半数以上が一度は体験したことがある公営ギャンブルといえるのではないでしょうか。宝くじはCMでも当たり前のように流され、当選したときの金額が毎年、高くなる傾向にあります。

このように、日本では十分にカジノゲームが普及する素地はあると考えるべきでしょう。実際に日本人はカジノゲームにそれほど否定的ではなく、今後、さらに楽しみたいと考えている方も多いと予想されています。カジノ法案が通過したことで、世界的なカジノメーカーと提携して一大レジャー施設を建設しようと考えている企業も決して少なくはないのではないでしょうか。

カジノ自体は受け入れられると考えられている

日本では、カジノゲーム自体、それほど抵抗感なく受け入れられている部分があります。このことを考えると、後はどのように日本で普及させていくかが課題になるでしょう。

実際にカジノでプレイをされているゲームは、まだ日本ではそれほど完全に普及されていない部分があるため、今後、どのようにそれらのゲームの浸透を図っていくのか、ということも注目されています。

カジノ文化自体は、今後、さらに多くの人に楽しまれるようになることを期待されている部分は決して少なくないといえるでしょう。後はどのような方法で日本でプレイをされるのがよいのか、カジノゲームの内容をどうやって日本の人に解説するべきか、なども今後のテーマになっていくと予想されます。

カジノ法案自体は通過したことは、日本でカジノが普及する、大きな原動力となることは間違いありません。

まとめ

日本でカジノ法案が通過し、世界の大手カジノ関連の企業も、今後どのように日本で普及を図っていくべきか、ということが注目を集めているといえます。日本ではすでにパチンコなどのゲームをはじめとして、カジノのゲームが普及する素地は十分に整っていることを考えると、普及することはそれほど難しくないと予想されます。誰しも、簡単にカジノゲームを国内で楽しめる日もそれほど遠くないことなのかも知れません。

また、一大レジャー施設として、世界的にも有名なラスベガスのような、宿泊施設や娯楽施設、さらにはエンターテイメントを兼ね備えた複合施設ができることも十分に予想されます。今後日本における観光の目玉として、子どもと一緒に訪れたとしても、十分に楽しめる環境が整っていることが、また人気となる理由の一つとなるのではないでしょうか。今後の動向に関係者が注目しているのがカジノ法案通過後の現状といえるでしょう。これからも注目しておきたい事柄です。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!