日本カジノ法案の疑問 カジノ解禁によるメリットはあるの?

日本でカジノ解禁のメリットは、地域の活性化、観光客の増加、雇用促進効果などがあり、実例としてはカジノで経済が潤ったお陰で高校までの授業料、医療費無料、一定の給付金や格安の公共サービスが嬉しいマカオが挙げられます。

政府が期待しているメリットは

カジノ場

今回、カジノ法案が通った事で、日本において解禁になるカジノに政府はかなりの期待を寄せています。どのようなメリットが期待できるかというと、まずは観光客の増加です。観光客が増加すれば、必ず何かしらのお店を使ってくれるでしょうから、物の売り買いが活発になり、それだけ日本の経済は潤うというメリットがあります。たとえば、以前中国人観光客が「爆買い」のために増加した時はマナー違反などの困りごともありましたが、その売り上げは半端ないものでしたから、経済的には有り難いものだったのです。

それに、カジノ法案では日本人に関してはカジノに出入りする際は回数制限、入場料の徴収などの厳しい規制があるのですが、外国人に対しては緩やかになっています。それは、政府としては大いにカジノを利用して日本にお金を落としてほしいということでしょう。

次に考えられるメリットは、日本人の雇用促進効果です。IRと言うと、カジノを思い浮かべるという人が多いかもしれませんが、IRはカジノのみではなく、MICEやショッピングモール、飲食店、温浴施設、スポーツ施設、ホテル、アミューズメント施設、劇場、映画館等が入っている統合型リゾート施設ですから、多くの人手が必要になります。そうなると、雇用促進効果が発揮され、多くの人が仕事を得られますから、経済効果になるのです。たとえば、家計の収入が増えれば、ちょっと高めの家具や家電などを買ったりしたくなりますし、旅行に出かけてあちらこちらにお金を落としていくということも考えられます。その結果、日本の国の経済が潤うということです。

また、地域活性化もおおいに期待できます。IRがオープンとなると、海外からも人が訪れるでしょうし、国内でもIRを宿泊施設として利用する旅行客が増えるかもしれません。そうなると、電車やバス等での移動となりますから、インフラ整備も進みますし、移動の途中でIRが設置されていない地域に立ち寄って、食事をしたり、アミューズメントで遊んだり、買い物をするということも考えられるでしょう。それによって、IRが設置されていない地域も活気づくというのも大きなメリットです。

当初は2020年にIRがオープンとも言われていましたが、カジノ法案に伴う法の整備が手間どったために、オープンは東京オリンピック、パラリンピック後になりますが、IRがオープンすることで世の中が活気づき、オリンピックの後の不景気が避けられるかもしれません。オリンピック後にはたいてい不景気になるものですが、このような新しい施設があることで話題性がありますから、国内外からの人の流れがスムーズになることが予想されます。こういったことも期待できるメリットでしょう。

実例は?

カジノの外観

カジノで潤った場所というと、マカオがあります。1999年にポルトガルから中国に変換され、その後、わずか4年でラスべガスを抜いて巨大カジノ都市に変化したのです。しかし、当初はまだ何となく怪しげな雰囲気でしたが、2018年現在はきれいに整備され、ファミリー層等の観光客も増えていますので、カジノのみではない観光地としても人気があります。

たとえば、2007年オープンのヴェネチアンホテルには世界最大のカジノがあり、豪華なフロアはまるでヴェニスの街が再現されたかのようで、ブランドショップなども多く入っています。そして、ホテルの部屋数は2000と言われていますので、その広さは想像を絶するものです。

ここで、市民生活に目を向けてみますと、マカオは中国の特別区で区民は約55万人、カジノでかなり潤ったマカオは財政が整っています。何と、高校までの教育、医療費が無料、区民には一定額の現金給付があり、公共のサービスも格安ですから、なかなか住みやすい街かもしれません。

まとめ

日本でカジノが解禁になった際のメリットは、観光客の増加、雇用促進、地域活性化、インフラの整備が進むこと、地域の活性化、オリンピック不景気を抑制といったことです。このように、経済的な効果が期待できるのがカジノ法案です。当初は2020年開業を目的としていたカジノを含むIRですが、オリンピックが終了したことによって考えられる不景気の対策にもなりますから、政府の期待は膨らむばかりになっています。

実際にカジノの導入で、経済が潤った実例として、1999年にポルトガルから中国に返還された都市マカオが挙げられます。カジノ導入当初の2007年頃は、まだ怪しい雰囲気の街でしたが、最近は街が綺麗に整備され、ファミリー層などの観光客も増加中です。

そして、そこに暮らす人は高校までの教育費、医療費が無料、一定額の現金給付に格安の公共サービスといった嬉しい特典があります。日本も近い将来、マカオのように国民生活に潤いがもたらされれば、うれしいものでしょう。よりいっそうの法の整備が期待されるのが、カジノ法案です。


友達にもシェアしましょう!