日本カジノ法案の疑問 入場料は取られるの?何円くらい?

日本にカジノリゾートを設立するべく、日本カジノ法案の発足が進められています。日本にカジノができた場合、入場料は発生するのか、いくらくらい支払いをすれば良いのか、料金面に関してご説明します。

IR法案による定め(第十三条)

CASINOのロゴ

特定複合観光地施設区域の整備の推進に関する法律案は、通称、IR法案や日本カジノ法案と呼ばれていますが、各種トラブルを避けるために法案には実に様々な項目が定められています。そのうちの一つが、入場料に関する規定です。

IR法案13条によると、国及び地方公共団体において、法律で定めている部分とは別に、カジノ施設の入場者から入場料を徴収することが認められています。そのため入場料がカジノ料金とは別に設定をされても、何の問題もありません。カジノが設置される地域や今後の規模によっても異なりますが、納付金の兼ね合いもあり、入場料を設置する可能性が高いといえるでしょう。

何円くらい?

現状発案されている内容に金額が定められると、日本カジノ法案で決められた入場料は、全国一律6千円となります。入場料として6千円に加え、カジノを楽しむために別途料金が必要ですので、カジノを楽しむためにはある程度の持参金が必要でしょう。入場料金以外にも必要となるお金が多いですので、経済状況を踏まえたうえで判断することが大切です。

入場料の支払いが必要になるのは誰?

カジノの入場料は当初、諸外国の観光旅行客誘致を目的としていたため、日本人旅行客からのみ徴収する案が出ていました。ですが結果として決められたのが、日本人と国内居住の外国人を対象として徴収するとされています。区域で3か所まで設けて良いと制限が設けられていますが、いずれも6千円で統一です。入場料金は前払いとなりますので、入場時の制限となる意味合いも強いでしょう。

ギャンブル依存症患者への制限としての意味合いも強く、その他ギャンブルに比べると、敷居が高い金額が設けられました。その他にも入場回数制限や本人確認による入場規制が設けられていますが、入場料と含めて高い効果を発揮するといえるでしょう。

諸外国の入場料

カジノフロア

日本のカジノ入場料が高すぎるという意見もありますが、諸外国に比べると決してそんなことはありません。シンガポールを見てみると、自国民の利用は入場料8千円と決められていますので、その部分と比べると、相場と言っても過言ではないでしょう。もともとカジノそのものが貴族の遊びとのイメージが強いからこそ、こうした金額制限を設けている所が少なくありません。

入場料を設けてない国もある?

もちろん国によっては、入場料を設けていないところも少なくありません。アメリカやマカオ、フィリピンに関しては自国民の入場料も無料となります。諸外国の入場料事情を見てみると、入場料を設けていないところも多いため、国によって入場料金は大きく変動するといえます。

また韓国に関しては自国民のカジノ入場が原則不可とされており、入場料を支払う以前の問題です。あくまで観光旅行客獲得を目的にカジノが作られており、日本とは目的は同じであれど、制限の度合いが大きく異なると言えるでしょう。

もちろん諸外国のカジノでは、入場料以外の部分で大きく制限が設けられている所がほとんどです。ドレスコードをはじめ、会員登録に半日以上時間がかかるようなところもありますので、そう簡単に入れるように作られていないところも多くあります。国によって様々な形で制限が設けられている所が、諸外国カジノの特徴と言えるでしょう。

まとめ

カジノの入場料は諸外国によって全く異なります。無料で入場が出来る所もあれば、自国民入場規制の目的で入場料を高めに設けている所も少なくありません。それぞれの国にそれぞれのやり方がありますので、入場料金は国によっても大きく異なります

入場そのものを規制している所も多く、明らかに観光旅行客目的でカジノを設立している所も多いのが特徴です。日本国内におけるカジノも元々、諸外国の観光旅行客誘致を目的としていますので、今後法案を詰める際に様々な制限が設けられる可能性があるでしょう。

日本国内における入場料に関しては当初、一律2千円とされていましたが、あまりの安さに議論が重ねられた結果、6千円という設定となりました。料金面はこちらで設定完結とされたものの、今後規模などの面においては、何らかの変更がされる可能性もあるでしょう。

カジノは日本国内におけるその他ギャンブルに比べると入場料金が設定されている分、少し敷居が高く感じる娯楽として認定されています。ですがその分、ギャンブル依存症患者をはじめとした、低所得者層のギャンブラーに入場制限を設けられることにつながりますので、ギャンブルにおける被害者の拡大を防ぐことにつながるでしょう。

入場料金に加えてもちろん、カジノゲームを楽しむために必要となる費用もありますので、カジノはある程度のお金がないと、楽しむことが難しくなっています。日本国内に限らずに諸外国のカジノでも同じことが言えますので、カジノを楽しみたいという方は注意が必要です。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!