北海道・釧路のカジノ誘致(IR情報)まとめ【最新】

カジノ法案に伴って、カジノ設立の候補地として、北海道の釧路市が名乗りを上げています。ただ、1地域(都道府県単位)で1つまでといわれるカジノに関して、北海道では別の地域で一本化されてきたようです。釧路市のIR、カジノ誘致に関してまとめてみました。

北海道釧路市のIR、カジノ誘致コンセプト

カードゲームを楽しむ男性

観光による経済活動を活発にする為、釧路市ではカジノの設立を検討しています。
2016年に「IR推進法案」が可決されました。これは日本では今まで禁止されていたカジノが解禁されることから通称「カジノ法案」と呼ばれていますが、本来はIR(Integrated Resort)という統合型リゾートの設立を推進する法案です。

このIRの設立の有力候補地の一つに釧路市が含まれていました。

IRとは国際会議場や展示場、ホテルやショッピグモール、アミューズメントパークなどが一体化した統合型のリゾート施設です。

IRは全国にいくつも作らず、まずは2、3箇所程度に絞って導入される予定です。IR誘致を検討している自治体は30団体近くある為、地域の特性を活かしたIRのコンセプトを提案する必要があるのです。

釧路市が目指すIRの形とは?

そこで釧路市では、手が加えられていない豊かな自然と北海道特有の文化を活かしたIRの設立を検討しています。

国内外の富裕層が長期滞在することを想定しており、阿寒湖温泉を中心に設立を検討しています。阿寒湖温泉には約140年の歴史があり、露天風呂や足湯、手湯などバラエティに富んだ温泉を楽しむことができるのが特徴です。

阿寒湖温泉周辺では温泉はもちろん、北海道ならではの大自然と、その自然の恩恵を受けた豊かな食を楽しむことができます。

その上、アイヌ文化も体験でき、様々なジャンルの観光資源が豊富にあります。釧路市はこれらの阿寒湖温泉の魅力を活かしてIRの設立を検討しています。

釧路の食材を活かした食事を提供し、自然体験や文化体験ができるリゾート施設をつくることにより、富裕層の長期滞在の増加が期待できます。

カジノはあくまでも付加価値を高めるための要素

リゾート施設としての付加価値を高める一つの要素としてカジノが挙げられます。釧路市のIRが想定するカジノ利用者は全ての成人来場者となっています。

長期滞在型の高級リゾートを想定している為、高級感を重視しており、ヨーロッパ型のカジノを検討しています。

アジアや米国のカジノではドレスコードが定められていませんが、ヨーロッパの伝統的なカジノにならうため、ドレスコードが定められることが予想されます。

ドレスコードを定めることによって高級感が生まれることを期待しています。

ヨーロッパのカジノには社交場としての役割があります。こちらのカジノも長期滞在者の社交場として賑わうことが狙いとしてあるようです。

2018/12/4 追記:IR候補地は苫小牧市で一本化と北海道が表明

以上のように釧路市ではIR誘致を考えておりました。北海道内ではほかに苫小牧市、留寿都村が表明をしており、1地域(都道府県単位)で1候補地までということから北海道がその調整を行っておりましたが、先日行われた北海道からの発表で苫小牧市に一本化するとの表明が出されました。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の本道誘致の是非を検討する道は26日午後、道議会食と観光対策特別委員会(梶谷大志委員長)に「IRに関する基本的な考え方」素案(たたき台)を示した。IRを誘致する場合は「苫小牧市を優先すべき候補地とすることが妥当」とした。

残念ながら北海道の影響力はかなり高いため、釧路市の誘致活動はかなり厳しい状態になったと考えられます。

北海道釧路市の概要

スロットマシン

釧路市は北海道の中でも観光経済が発達しているエリアの一つです。豊かな自然は観光客を引き寄せ、その周辺の飲食店や宿泊施設の需要は非常に高いです。特に訪日外国人の増加に伴い、観光消費に関連する各産業の経済効果は上昇傾向にあります。

釧路市は観光資源が豊富です。釧路市は釧路湿原と阿寒の2箇所の国立公園を持っています。

日本最大の湿原である釧路湿原では丹頂を始めとする様々な野鳥を観察することができます。多種多様な動植物が生息しており、手付かずの大自然を堪能することができます。

阿寒湖では遊覧船やワカサギ釣り、トレッキングなど自然を存分に楽しむことができるアクティビティも充実しています。

観光客向けのツアーも開催されており、阿寒湖周辺を散歩するツアーやカナディアンカヌーを楽しめるツアーもあり、様々な形で北海道の大自然を体感することができます。

アイヌ文化も忘れてはいけない

また、釧路市内にある阿寒湖温泉はアイヌの人々が利用していたとされ、釧路はアイヌの文化が感じられる地域でもあります。

アイヌ民族の集落であるアイヌコタンが残っており、アイヌ民族の歴史や文化を学ぶこともできます。アイヌの伝統舞踊や人形劇を鑑賞することができます。

アイヌ伝統の文様の刺繍や木彫りを体験することもできるので、様々な体験を通してアイヌ文化を学ぶことができるのが釧路市の魅力もあります。

また、阿寒湖周辺にはスキー場も複数あり、阿寒湖の雄大な自然を楽しみながらスキーすることができます。長期滞在する観光客には喜ばれる施設と言えるでしょう。

このように、釧路市は観光資源が豊富で、特に日本の自然やアイヌ文化に関心を持つ人々から人気のあるエリアになっています。

まとめ

日本のカジノ誘致に関しては様々な意見があります。観光客が増加することによる経済の活性化や地域創生が期待されますが、その反面犯罪の増加なども懸念されています。

地元民からはカジノを誘致することによる治安悪化や、IR設立に伴う環境破壊を心配する声も上がっています。

そのため日本のカジノに関する法規制にも注目が集まっており、自治体側も慎重な計画進行が求められています。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!