【カジノ求人】仕事の種類と必要技能をチェック テーブルゲーム関連

カジノ法案が可決された今、カジノを運営する上で様々な種類の仕事がこの日本にも多く生まれてきます。そんなカジノ運営に必要な仕事とは一体どのような仕事があるのでしょうか?

カジノディーラー

カジノディーラー

2018年7月、遂に、日本でもカジノ法案が可決され、今まで海外でしか楽しめなかったカジノが現実的に日本でも楽しめるようになりました。法律で合法化されたということは、今まで以上にカジノに対する認識が我々、日本人に必要になってくると共に新たな雇用がうまれてくることも確実です。

そんな新たな雇用の中でも、カジノディーラーという職業が世界には存在しており、カジノを行う上では必要不可欠な職業となってきます。そんなカジノディーラーという職業ですが、どのような職業なのでしょうか?カジノ熱が今後、確実に増える中でカジノディーラーという職業にフォーカスを当ててみたいと思います。

カジノをやったことがある人ならご存知かと思いますが、カジノには様々なゲームがあります。例えば、テーブルゲームではカードを配ったり、ルーレットゲームではルーレットを回したりという役目の人が必ず存在し、この役目をこなす人がカジノディーラーと呼ばれる人となります。

そんなカジノディーラーはただ、淡々とカードを配ったりするだけではいけません。カジノはあくまでも娯楽であってエンターテインメントなわけですから、ゲームを盛り上げる役目をこなすと同時に勝った人への配当金額を計算したりと頭を使うことも必要な仕事です。つまり、ゲームの進行役ともいえばいいでしょうか?

そんなカジノディーラーに必要な要素としては様々ありますが、このカジノディーラーも接客業の一つですので、まずは接客が好きでなければいけません。その上、前述したように場を盛り上げる能力と計算力、そして、瞬時に頭が回る判断力が必要になってきますので、誰でもができる職業ではないといえるでしょう。

フロア・パーソン(テーブル)

カジノディーラーと一言で言っても、その中で階級や役割、種類が存在しており、カジノディーラーの中でディーラーと呼ばれるテーブル担当の一つ上の役割にフロア・パーソンという役割をこなすディーラーがいます。

このフロア・パーソンは簡単に言えば、ディーラーが各テーブルに存在していますが、複数台のテーブルを管理する役目が主な仕事内容となります。具体的には、ディーラーとプレイヤーを含めた監視を行い、同時に、レーティングと呼ばれる賭博金額やプレイ時間なども管理する役割をもっています。従って、このフロア・パーソンに向いている人として挙げるとすれば、まずはカジノ全般に関する知識を持っている人間で、ディーラーを経験した人間でなければこのフロア・パーソンという仕事はできないでしょう。

テーブルゲーム・マネージャー

カジノディーラーの中には実際にテーブルを担当するディーラーがいて、その上に管理するディーラーがいたりと様々な役割があり、このテーブルゲーム・マネージャーはテーブルゲームの全てを担当する責任者という役割になります。普通の会社で例えると、各部署の部長と言えば分かりやすいでしょうか。

そんなテーブルゲーム・マネージャーは、テーブルゲームの全責任を負う立場ということから、責任感が強い人ではないと務まらないでしょう。また、当然のことながら、ルールや技術などテーブルディーラーに備わる全ての技術を持っていなければいけない仕事となります。

シフトボス

カジノテーブルにいる客とディーラー

カジノといえば、ディーラーという仕事割を持つ人間がイメージできますが、カジノを運営する上で、ディーラーだけではみなさんが楽しむカジノはできません。そして、そのディーラー以外の仕事をもつ人間の中に、シフトボスという仕事をこなしている人間がいます。

このシフトボスは施設などの規模にもよりますが、カジノの定番であるテーブルゲームを進行するディーラーを時間帯で管理する人のことをいいます。具体的に、カジノは3パターンに分かれており、朝から昼、昼から夜、夜から朝となっており、この時間帯でディーラーを管理します。

従って、このシフトボスに適している人は、時間に対する感覚が正確でかつディーラーの交代時にスムーズに連携ができるコミュニケーション能力がある人間が適していると言えます。

ピットボス

ピットボスとは、同じような役割をもつシフトボスに比べて、時間でディーラーを管理するのではなく、いくつかのグループに分かれているディーラーをグループごとで管理する立場の人間のことを指します。

つまり、時間帯で管理するシフトボスと綿密な連携を取り、いかにして、ディーラーの交代を指示し、そのタイミングも非常に重要な仕事の一つとなります。更には、カジノは金銭が関わってきますので、問題になるケースも多く、そのようなトラブルを解決していくのもこのピットボスの仕事です。しtgって、自分が担当するグループを常に見回らせる視野の広さとコミュニケーション能力、問題解決能力が必須となってくるでしょう。

フロア・パーソン(スロット)

フロア・パーソンには、テーブルゲーム担当とスロットゲーム担当の二つがあります。後者のスロット担当では、テーブルゲーム担当と同様に複数台のスロットを管理する役目をもっています。スロットゲームの支払いやスロットゲーム機械になにかトラブルがあった際にそのトラブルを解決させる担当者です。従って、スロット担当のフロア・パーソンには専門的なスロットマシンに関する知識と責任感が強い人間が向いていると言えるでしょう。

チェンジ・パーソン

チェンジ・パーソンとは、主にスロットゲームをするときに必要なスロットコインの両替対応などを行う仕事です。テーブルゲームでは、ディーラーがプレーヤーを管理する立場にありますが、スロットゲームではこのチェンジ・パーソンがその役目をこなします。

テーブルゲームと異なり、スロットはどうしても機械を扱います。そのため、スロットマシンの機械に対する知識と高額当選者に対しての対応力などが求められますので、一般常識があり、かつ専門的なスロットマシンの知識がある者でしかこの仕をこなすことができないでしょう。

メカニック

全てのメカニックに何かあった場合には対応しなければいけませんので、スロットマシンの全てを熟知している者でなければこの仕事は務まりません。

カジノホスト

カジノには、ディーラー以外にもカジノホストという仕事をこなす人がいます。このカジノホストは実際に、カジノに来店していただいた人達へのPR活動を行うのをメインとしています。つまり、カジノをプレイする上で1円でも多くのお金を生み出してもらう為に様々なイベントやサービスを行っていきます。

このカジノホストと呼ばれる仕事をこなす為には、接客力やコミュニケーション能力は当然のことながら、アイデアや提案をお客様目線で考えられる能力が必要な職種となってきます。

カジノコンシェルジュ

カジノコンシェルジュという仕事は一言で言うと、問い合わせ窓口となる人のことを指します。つまり、お客様が何か困ったことや分からないことが生じた時に瞬時に解決させたり、カジノだけのことではなく、周辺の状況や交通事情など様々なことに気を利かせなければいけない仕事です。

カジノゲームに対する最低限の知識はもっていなくてはいけませんが、それ以外にも豊富な知識をもって顧客に接することができる対応力もカジノコンシェルジュの重要な仕事だといえるでしょう。

 


友達にもシェアしましょう!