マカオのカジノ最低レートは?ゲーム別ミニマムベット一覧【初心者向け】

あなたはカジノに行ったことがありますか?
カジノに行くには、非常にお金がかかる、そういったイメージがあると思います。確かにお金に余裕のある人が集まる場所ですので、それなりの軍資金は必要ですよね。

しかし実際にカジノで楽しむためには、大体いくらくらいあればよいのか、分からない人も多いと思います。

そこでこの記事では、以下の5個のゲームのレート(つまり、ミニマムベット(最低賭け金額))と、その施設(カジノホテル)別にまとめました。

  1. ブラックジャック
  2. バカラ
  3. 大小
  4. ルーレット
  5. カリビアンスタッド

カジノ初心者であるという方のために、ゲームの簡単なルールも併せて説明しています。

ホテルによっては、予告もなくミニマムベットを変更する場合があるので、あくまで目安として考えてくださいね。

大富豪ではないけれど、マカオに行ったらカジノは楽しみたい!とお考えの人にとって、予算の参考になれば幸いです!

 

マカオカジノのブラックジャックのレート

ルール説明

カジノ以外でも有名なカードゲームですので、ルールをすでに知っている方も多いのではないでしょうか。トランプを使って、手持ちのカードの合計点数を21にするか、21により近くした人が勝ちとなるゲームです。

プレーヤーであるあなたと、ディーラーとの勝負となります。ディーラーとの心理戦を始め、場の流れを読むなど、ルールのシンプルさとは対照的に、とても深みのあるゲームです。

ミニマムベット

ブラックジャックのミニマムベットは100HKD(1400円)です。

100HKDのブラックジャック台があるのは

  • Oceanus Casino(オシアナスカジノマカオ)
  • Casa Real Hotel Macau(カサレアルホテルマカオ)
  • The landmark Macau(ザ・ランドマークマカオ)
  • Casa Real Hotel(カサレアルホテル)
  • Goldren Dragon(ゴールデンドラゴン)
  • Casion Eastern(カジノイースタン)
  • Babylon Casino(バビロンカジノ)

となります。基本的に、100HKDは初心者が集まる台で、比較的賑わっているのは300HKD-500HKDのテーブルとなっています。

 

マカオカジノのバカラのレート

ルール説明

バカラはブラックジャックと似ているゲームです。簡単に説明すると、手持ちのカードの合計の”下一桁”が、9を超えない範囲で、9により近づけた方が勝ち、というルールです。

しかしバカラは、あなた対ディーラーの戦いではなく、2つの架空の人物(BANKERとPLAYER)が戦い、その2者のどちらが勝つのかに賭けるゲームなのです。

カードを配るのも、めくるのもディーラーなので、最悪ルールを知らなくともチップを賭けることができます。特にマカオ(アジア)では絶大な人気を誇っています。

ミニマムベット

バカラのミニマムベットは100HKD(1400円)です。

100HKDのバカラ台があるのは

  • Oceanus Casino(オシアナスカジノマカオ)
  • Casino Eastern(カジノイースタン)
  • 蘭桂坊(ランカイフォン)
  • Casa Real Hotel(カサレアルホテル)
  • Hotel President Macau(ホテルプレジテントマカオ)
  • Kampek Paradise Casino(カムペックカジノマカオ)

参考情報として、Golden Dragonというホテルのミニマムベットは200HKDですが、バカラの台が30台以上と、他のホテルより多くあります。バカラ好きならぜひGolden Dragonがオススメ!

 

マカオカジノの大小 (Sic bo)のレート

ルール説明

大小(Sic bo/シックボー)とは、中国古来のサイコロ予想ゲームです。基本的には、サイコロ3つの目の出方を予測するだけという、非常にシンプルなルールです。

サイコロは、ディーラーが意図的に操作できないように、容器の中に入れられ、機械がシャッフルをします。一言で予想といっても、様々なバリエーションがあり、ベットのやり方によって配当も異なります。

テーブルについたら、賭けたい場所にチップを置き、ディーラーがサイコロを振る、という流れです。次に説明するルーレットと流れは同じです。

ミニマムベット

大小のミニマムベットは50HKD(700円)です。

50HKDの大小があるのは以下の4つのホテルです。

  • Hotel Jap Alai(ホテルジャイアライ、Oceanus Casinoの隣に位置する)
  • Casino Eastern(カジノイースタン)
  • Casa Real Hotel(カサレアルホテル)
  • Broadway Hotel(ブロードウェイホテル)

多くのホテルでは100-200HKDとなっているので、相場はその辺りだと考えればよいでしょう。ホテルによっては大小がないところもありますので、注意が必要です。

 

マカオカジノのルーレットのレート

ルール説明

ルーレットはとても簡単なゲームで、ディーラーの回すルーレットの番号を予測し、それを元にテーブルの番号にチップを置くというゲームです。

投げ込まれた球は数字以外にも、色(赤or青)やグループ(偶数or奇数)などによっても予測が可能で、それぞれで当てたときの配当が異なります。数字の当て方にはいくつかコツがありますが、それを覚えてしまえば誰でも簡単に参加が可能です。

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、特にラスベガスやヨーロッパでは非常に人気のあるゲームとなっています。

ミニマムベット

ルーレットのミニマムベットは10HKD(140円)です。

しかし10HKDだけあったとしてもルーレットは楽しめません。
チップがたくさんあって初めて出てくる数字を予測できて、高配当を狙えるのです。

最低ベット額が10HKDのホテルは、

  • Oceanus Casino(オシアナスカジノマカオ)

です。
他にも20HKD、25HKD、50HKDから始められる施設は、

  • MGM Macau(MGMマカオ)
  • The Landmark Macau(ザ・ランドマークマカオ)
  • Galaxy Macau(ギャラクシーマカオ)
  • The Parisian Macao(ザ・パリジャンマカオ)

などがあります。
これらのホテルのルーレットであれば初心者であっても楽しめることができるレートですね。

 

マカオカジノのカリビアンスタッドのレート

ルール説明

このポーカーは対人戦ではなく、カードを使ったプレーヤー(あなた)とディーラーの対戦になります。

テーブルに他のプレーヤーも座っていますが、その全員がディーラーとの1対1です。カリビアンスタッドの特徴としては、ブラックジャックのようにカードの交換がないことです。

基本的にディーラーから配られたカード5枚全てで、そのカードで勝負するか、降りるかを決めます。

どのカードが配られるかは完全に運ですが、自分が勝負するのか、それとも引き下がるのかは頭脳戦であり、心理戦です。

ミニマムベット

ミニマムベットは100HKD(1400円)です。

100HKDのカリビアンスタッド台があるのは

  • The Landmark Macau(ザ・ランドマークマカオ)

がマカオで一番安いカリビアンスタッドです。

その他200HKDがミニマムのホテルは、

  • Legend Palace Hotel(レジェンドパレスホテル)

です。その他のホテルでは300HKD~500HKDが一般的なようです。

 

初心者はETGがオススメ!

ETG (Electronic Table Games)とは、電子テーブルゲームの総称で、ディーラーと対面で行う代わりに、全てタッチパネルに入力してゲームが進んでいきます。

ディーラーとのやりとりがないため、初心者や言葉に不安のある方でも気軽に楽しむことができるのが特徴です。

ゲーム結果やルール説明も全て画面上で確認をすることができるので、ディーラー対戦の前にゲームの雰囲気をつかむのには最適です。

初心者であればベットをどこにするか、時間をかけて考えたいもの。テーブルであれば他のプレーヤーからの「無言の圧力」を感じて正しい判断ができない、といったことも考えられます。

さらに、テーブルと比べてミニマムベットが低いのもETGのオススメポイントです。これらの特徴をみても、初心者が最初に挑戦するにはぴったりのゲームとなっています!

 

まとめ

ここまで主要5ゲームの簡単なルール説明と、マカオのホテルでのミニマムベットがいくらかをみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご自身の予算や滞在期間と相談しながら、軍資金がいくらあれば楽しめるのか、大体の金額を計算する際の参考にしていただければと思います。

ミニマムベットはホテルのカジノ運営者側によって変更される場合も十分にありえますので、あくまで現時点での情報として考えてください。

せっかく海外に行くなら日本ではできないことを!ということで、立ち寄った国でのカジノ情報を発信中。現在はフリーランスのライターとして活動。46都道府県を踏破、訪れた国は28カ国。面白い生き方をしている人にスポットを当てた「世界生き方大辞典」の運営者。


友達にもシェアしましょう!