マカオカジノの遊び方を知ろう!初心者向け完全マニュアル【2019年版】

この記事では、マカオのカジノに行ったことがない”カジノ初心者”に向けて、マカオの「これだけは知っておいてほしい」という情報をご紹介!

  • マカオカジノの基本情報は?
  • おすすめのカジノホテルは?
  • レートやゲームの種類は?

など、マカオカジノについて隅々までピックアップしましたので、2019年にマカオでカジノデビューしたい!と考えている人は、ぜひご参考に。

 

マカオカジノの基本情報6つ!

マカオの正式名称は、「中華人民共和国マカオ特別行政区」です。従ってマカオは中国の行政区であり、中国の一地方だという位置づけです。

マカオのカジノが有名になった理由としては、香港で賭博が禁止されていたこことが挙げられますが、それによりマカオのギャンブルが発展することになったのです。

そして近年、マカオカジノは「東洋のラスベガス」といわれるほど、アジア最大級のカジノに成長しました。ちなみに、マカオと日本の時差は日本が1時間早くなっています。

  • 日本:AM9:00
  • マカオ:AM8:00

 

マカオの言語は?

マカオはもともと1999年までポルトガルの植民地であり、香港からも高速船を使えば1時間足らずで行くことができ、観光地として人気を博していました。

という背景から、マカオの言語は

  1. 中国語
  2. 広東語
  3. ポルトガル語

の3つです。

中国語と広東語の違いとしては、中国語は中国全土の共通語、広東語は南部特有の言葉となってます。

 

マカオカジノの客層

上述したとおり、マカオは中国領土の一画に位置する土地です。そのため、マカオのカジノへ足を運ぶプレイヤーは「中国人」が大半を占めます。

近年はラスベガスの収益を超えた…などの実績から海外の富裕層も足を運ぶようになりましたが、それでも中国人がほとんどという状況です。

その他としては、日本、香港、韓国といったアジア勢が多いようです。

マカオカジノの客層は中国人を中心としたアジア勢。

 

マカオカジノの注意点

マカオカジノのディーラーはかなり大柄な態度をしています。

配当や両替といった金銭が絡む際にチップを投げ捨てるディーラーがいますが、これは中国人が小さなことをあまり気にしない文化的な違いが大きいためです。

中には機嫌を損なうと雑に扱われる場合もあるため注意が必要ですが、これは観光客だから、〇〇人だから…というわけではなく、例え中国人であってもディーラーの機嫌を損なえばあまり良い対応はされません。

日本では「おいおい…」と思ってしまう対応であっても、全く気にしない鋼のメンタルを準備しておきましょう。

マカオカジノではディーラーの機嫌を損なわないようにする。

 

マカオカジノでは動画・写真の撮影は禁止

基本的なルールとして、カジノ内は動画や写真の撮影が禁止されています。

カジノに入る前の外観であれば撮れますが、 ディーラーや他のお客さんをカメラで撮ることはできませんので注意してください。

荷物制限により、三脚などの周辺機器はおろか、一眼レフのボディなども持ち込むことは難しいでしょう。

マカオカジノでは写真や動画の撮影、大きい荷物の持ち込み禁止。

 

マカオカジノの入場制限(年齢制限)

マカオのカジノは「21歳未満の入場を禁止する」という年齢制限が設けられています。つまり、21歳はギリセーフ。20歳の場合は入場できません。

とはいえ、マカオのカジノは入場者全員がIDチェックを受けるといった厳重なセキュリティは設置されていなく、基本的に入場料も無料。

過去にはマカオ政府のカジノ監理部門「博彩監察協調局(DICJ)」の統計で、年齢制限による入場拒否数が月平均2万8,000人超え、10か月間の累計だと28万人超えというデータが公になっているように、”セキュリティの緩さ”は世界一です。

しかし、近年少しづつこの辺りの強化も行われており、対象年齢制限を下回った場合は罰金が科せられることもあるようなので、21歳未満の方はくれぐれも注意してくださいね。

21歳未満の入場は禁止。反則した場合は罰金の対象となる。

 

マカオカジノの服装(ドレスコード)

マカオのドレスコードは「基本的に縛りがない」といわれていますが、一部のカジノホテルではスマートカジュアルといった服装制限を設けている場合があります。

だらしないパンツ、ビーチサンダルといったラフすぎる服装は入場を拒否されることもあるようなので、不快感や不潔感のない、シンプルな服装で向かいましょう。

ただしマカオのカジノは冷房が年中聞いているため、少し肌寒く感じる場合も。心配な方は、1枚上着を多く持っていくことをおすすめします。

また、マカオカジノでもサングラス、帽子といったイカサマに使用されるであろうアイテムは一般的に禁止とされています。

少し身なりを整えた程度のカジュアルな服装でOK!

 

マカオの通貨と為替レート

香港ドルの束

「マカオカジノの情報を得たことだし、これで大丈夫!」と思ってるあなた。ちょっと待ってください!マカオへ行くためには覚えておきたいことがまだありますよ!

  1. マカオの通貨について
  2. マカオの為替レートについて

 

マカオの通貨は?

マカオの通貨は、

  1. パタカ(MOP)
  2. 香港ドル(HKD)

の2種類があります。ただし、マカオ旅行者の体験談によると、基本的には香港ドル(HKD)が使用されるようです。

 

マカオの為替レートは?

1香港ドル≒14.5円(2019年1月現在)
1マカオパタカ≒14円(2019年1月現在)

日本円からパタカ、香港ドルへの両替は海外旅行に行くときと同じく、銀行や両替店ですることができます。その他に、カジノの窓口でも両替が可能です。

カジノは24時間営業ですし、ホテルの中にあるので便利ですが、レートや手数料が場所によっては高いところもあるため、カジノの窓口で両替を考えている人は、その点を気をつける必要があります。

また、街のいたるところに ATM が設置されていますので、必要な時にお金おろせることもポイント!

 

マカオのカジノホテルはどこがおすすめ?

マカオは

  1. ユタイ地区
  2. マカオ半島

の2つの地区に分かれ、その2地区に合計41のカジノがあります。(2019年1月15日時点)

その中でも最大級はザ・ベネチアン・マカオトゥエンティースリーマカオの2つです。その他に、マカオの代表的なホテルカジノを以下にまとめました。

  • ギャラクシー・マカオ
  • シティ・オブ・ ドリームス
  • サンズ・コタイ・セントラル
  • プラザ・カジノ
  • MGMグランド
  • ウィン・マカオ
  • サンズ・マカオ
  • ランドマークマカオ

 

ホテルによってミニマムベットが異なる!

ホテルによってミニマムベットが異なります。マカオに初めて行く場合は、各ゲームのミニマムベットが低いホテルを狙っていくのもおすすめです。

詳しくは、各ゲームのミニマムベットについてまとめたこちらの記事をご覧ください。

 

予算(軍資金)はいくらくらい必要?

「カジノの賭け金はどれぐらい用意したらよいのだろうか…。」

もちろん人によっても予算は違いますし、 最低いくらは必要といった金額も決まっているわけではありません。

ただし、ゲームの感覚をつかみたい、体験をしたいということであれば、テーブルレートにもよりますが3000円~4000円であれば十分足りるでしょう。勝負するならもっと必要ですが…。

マカオのカジノの平均的な値段は以下の通りですので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックジャック:300~500HKD
バカラ:100~500HKD
大小:100~200HKD

そのためカジノを楽しむためには、予算として最低5万~8万円必要だということが言えます。しかし、もしあなたがスロットだけをするのであればそんな大金は必要ありません。1万円~2万円あれば2、3時間は遊ぶことができますよ!

参考になれば幸いですが、一概に予算を決めることは難しいため、

  1. やりたいゲームによって予算は変わる
  2. カジノの場所に大きく左右される

の2点は頭にいれておきましょう。

 

初心者におすすめなマカオのカジノゲーム3つ

マカオのような世界トップクラスの地であれば、基本的にどんなカジノゲームもそろっているので、「やりたいゲームをプレイする」。この考え方でOKです。

ただし、当メディアはカジノサイト!ということで、カジペディアではミニマムベットが低いなど複数の理由により、以下3つのカジノをおすすめとしてご紹介します。

  1. スロット
  2. ルーレット
  3. バカラ

 

スロットゲーム

初心者にとって高いハードルとなるのが、ディーラーとのコミュニケーションではないでしょうか。英語や中国語は喋れない、知らないうちにチップが減っていくなんていうことは避けたいですよね。

スロットゲームは日本にもあり、プレーになれている人が多いと思いますが、機械が相手ですので言葉がわからなくても楽しめるということです。

しかも、最初のうちはミニマムベットから始めることができますので、手持ちの軍資金が一気に減る心配もありません。

 

ルーレット

テーブルゲームでのおすすめは「カジノの女王」ルーレットです。ディーラーの回すルーレットの番号を予測し、それをもとにテーブルの番号にチップを置くという、非常に単純明快なルールですので、誰でも簡単にプレイに参加することができます。

慣れてくると様々なかけ方や攻略法を使えるようになりますし、初心者の家は赤か黒のどちらかにかけるだけでも問題ありません。ご自身のスタイルに合わせて戦い方を変えることができるのもルーレットの面白い点ですね。

ルーレットはマカオではオススメなゲームと言えます。その理由は以下の記事で詳しく説明していますので、よろしければ御覧ください。

 

バカラ

バカラは、ブラックジャックと似ているゲームで、手持ちのカードの合計の”下一桁”が、9を超えない範囲で、9により近づけた方が勝ち、というルールです。

初心者におすすめかというと、バンカーとプレイヤーという2者に対して、どちらが勝つのかを予想するゲームであるため、ベットの仕方が簡単だからです。どちらか一方にかけるだけですので、最悪ルールを知らなかったとしてもゲームに参加することができますね。

 

まとめ

出張旅行でマカオに行ったときはぜひカジノに行ってみたいという方も多いと思います。

でもどんな場所なのか、どれくらいのお金を準備していけばよいか分からなかったという方も、ぜひ今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

2019年、素敵なカジノデビューになることを祈っております!

 

せっかく海外に行くなら日本ではできないことを!ということで、立ち寄った国でのカジノ情報を発信中。現在はフリーランスのライターとして活動。46都道府県を踏破、訪れた国は28カ国。面白い生き方をしている人にスポットを当てた「世界生き方大辞典」の運営者。


友達にもシェアしましょう!