マカオのカジノ「グランドリスボア」にも行ってみた【体験談】

マカオのカジノといったら「リスボア」みたいなところありますよね。

おそらく「深夜特急」という小説の影響だと思いますが、マカオに行ったら行くべきカジノのひとつということは間違いないです。

ただ「リスボア」とネットで検索すると2つのリスボアが出てきますよね。

ただの「リスボア」と「グランドリスボア」。

  • この2つ何が違うんだろう?
  • どっちに行くべき?

という人も多いと思います。

ということで、そんなあなたに向けて「リスボア」と「グランドリスボア」の違いを含めて、「グランドリスボア」に実際に行ってみた感想を書いていこうと思います。

グランドリスボア

グランドリスボア(澳門新葡京酒店)」は2008年に設立された、マカオのトレードマーク的なカジノホテルです。

長い間マカオの顔として歴史を重ねてきた「リスボア」の隣にできた比較的新しいホテルで、黄金に光る外観は蓮の花をイメージしているようです。

ホテルは52階建で、高さは258mもあります。

部屋数は430部屋あり、それぞれの部屋の大きさは50m2のゆったりした間取りになっています。

入り口近くには、マカオのカジノ王でオーナーのスタンレー・ホー氏の銅像が用意されており、それを拝むと、カジノで勝てるかも?とも言われています。

 

グランドリスボアの基本情報

住所 澳門葡京路2-4號(2-4 Avenida de Lisboa, Macao)
営業時間 24時間営業(年中無休)
アクセス情報
  • 空港:マカオ国際空港から車で約25分
  • タクシー:港澳フェリー乗り場から約7分
  • バス:港澳フェリー乗り場から約7分(無料シャトルバス)

 

カジノ施設の情報

「リスボア」でプレイできるゲームの種類は下記の通りです。

  • 大小
  • デジタル大小
  • バカラ
  • ハイリミットバカラ
  • ブラックジャック
  • カリビアンスタッドポーカー
  • プログレッシブスタッドポーカー
  • クラップス
  • ラッキービッグホイール
  • フォーチュンホイール
  • スリーカードポーカー
  • ファンタン
  • マカオダイス
  • ライブ中継バカラ
  • ルーレット
  • 電子ルーレット
  • アメリカンルーレット
  • ETG(電子式テーブルゲーム)
  • スロットマシーン

ホテルも大きいですが、カジノができるスペースもかなり広く、4フロアに別れています。

各フロアにテーブルゲームや電子ゲーム、スロットマシンが用意されていて、20種類以上のゲームの中から好きなゲームを思う存分に楽しめます。

マカオのカジノとしては珍しく、アメリカンルーレットがありますが、ルーレットは通常のヨーロピアンスタイルのものがオススメです。

「グランドリスボア」と「リスボア」の違い

「グランドリスボア」と「リスボア」の違いを簡単にまとめていきます。

まずはこちらの表を見てみてください。

ホテル名 リスボア グランドリスボア
正式名称 澳門葡京酒店 澳門新葡京酒店
設立年 1970年 2007年
場所 2-4 Avenida de Lisboa, Macau Avenida de Lisboa, Macau
ホテル階数 12階 52階建て(高さ258m)
ホテル部屋数 927室 430部屋
カジノ営業時間 24時間(年中無休) 24時間(年中無休)
カジノフロア数 1フロア 4フロア
テーブル数 10数台 240台
スロットマシン数 不明 750台
ゲームの種類 大小、
デジタル大小、
スロットマシン、
ルーレット、
バカラ、
ハイリミットバカラ、
ファンタン、
ブラックジャック
大小、デジタル大小、バカラ、ハイリミットバカラ、
ブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー 、
プログレッシブスタッドポーカー、クラップス、
ラッキービッグホイール、フォーチュンホイール、
スリーカードポーカー、ファンタン、マカオダイス、
ライブ中継バカラ、ルーレット、電子ルーレット、
アメリカンルーレット、
ETG(電子式テーブルゲーム)、
スロットマシーン
最低ベット 10HKD 10HKD
年齢制限 21歳以上 21歳以上
服装 カジュアル カジュアル
併設施設 レストラン、カジノ、バー、
コーヒーショップ、カフェ
レストラン、スパ、カジノ、屋外プール、
フィットネスセンター、コーヒーショップ、カフェ
その他 マカオの老舗カジノ。「深夜特急」で有名。 マカオで初めて「テキサスホールデム、クラップス」を始めた

ざっくり説明すると、「グランドリスボア」のほうが大きくて新しいカジノになります。

そして外観はゴールドに光っていて高さも高いので、一回見れば忘れることはないんじゃないでしょうか。ゲームの種類は、カジノのフロアが大きいこともあって「グランドリスボア」の方が多いです。

ミニマムベットは両方とも「10HKD」なので約140円からゲームをプレイできます。あとは多少、併設施設が充実してるしてないとか、部屋の数が違うといったような違いくらいです。

ちなみに「リスボア」にも行ってみたときの記事がありますので、ご参考になればと思います。

 カジペディア
カジペディア
https://www.moroccoboard.com/casino/10763
カジペディアは世界中にあるカジノを紹介する情報サイトです。世界中のカジノ情報は勿論のこと、日本でプレイする人が増えている「オンラインカジノ」や日本で法案が可決した「統合型リゾート(IR)実施法案」などの情報もご紹介していきます。

感想

まず「グランドリスボア」に入って思った第一印象は「広っ!!」ということでした。本当に広い。(実際に撮影した↑を御覧ください!)

ワンフロアに置いてあるマシンの数はもちろん、面積の広さや天井の高さからくる開放感が半端じゃありません。にも関わらず、カジノ内は人で溢れかえっていました。

外観から感じる豪華さから、服装をちゃんとしないといけないかなと思ったのですが、入ってみるとそこまでカシッとした感じではなくて、普通に「Tシャツに短パン」みたいな人もけっこう見受けられました。

なので、よっぽど過激とか露出が多い格好でなければ、本当にカジュアルな格好で大丈夫だと思います。

バカラのルールや賭け方をやさしく解説【初心者向け】

あと、カジノフロアが4フロアもバカラやブラックジャックという王道なものから、ちょっと知らないようなマイナーなゲームまであるので、色々楽しめるのもこのカジノのいいところだと思います。

日本語がほぼ通じないというのがちょっとネックですが、そこはゲームのルールさえわかっていれば問題なく遊べるので、大丈夫です。

ただ、簡単な中国語か英語くらい覚えていくとより楽しめるんじゃないかなと思います。

まとめ

マカオの象徴的なカジノ「グランドリスボア」。カジノ面積の大きさと人の数とテーブルやスロットマシンの数に驚くと思います。

まさに中国!まさにマカオ!といった感じです。行ってみる価値ありです。マカオに行った際はぜひ行ってみてください。


友達にもシェアしましょう!