マニラで夜遊びするならどこ!?仕事で月1マニラにいく私が教えます!

フィリピンの首都マニラは「オカダマニラ」を初め、様々なカジノ施設があり、豪遊するなら「マニラ」に行けば間違いないです。

「いや、カジノじゃなくて、可愛い女の子と遊ぶために豪遊したい!」

そんな方も多いと思います。

マニラ」はフィリピンの中でも「夜遊び街」として日本人に大人気なエリアです。

日本人が夜遊びが出来るように、日本語が話せる女の子をスタンバイさせているお店もあります。

  • マニラで女遊びがしたい人
  • ちょっぴりエッチなお店を知りたい人
  • がっつりエッチなお店を知りたい人

そんな「マニラで夜遊び」がしたい人に向けて、女の子と遊べるお店をご紹介します。

「マニラの女と遊んでみたい!」「フィリピンの女を抱いてみたい!」

お持ち帰り可能なお店も多くあるので、ぜひ参考にしてみてください。

【厳選】マニラの夜遊びエリア

ここではマニラ市内の夜遊びエリアの中でも「ちょっぴりエッチ」な体験が出来るお店をご紹介します。

  • ゴーゴーバー
  • LAカフェ
  • アマゾニアンホテル
  • 連れ出し置屋

日本だとキャバクラやガールズバー、クラブのような雰囲気がありながらも、お店からの連れ出しも可能になっています。

日本のキャバクラやクラブと比べても安くて可愛い子と遊べることから、日本人観光客からとても人気なお店です。

【マニラで夜遊び】ゴーゴーバー

ゴーゴーバーとは、派手な音楽が流れる店内で女の子と一緒にお酒を飲んだり楽しく話したりできる場所です。

マニラの中でもパサイの「エドコン」とマカティの「ブルゴス通り」が有名です。

日本のキャバクラのようなシステムですが、決定的に違うのは女性の「服装」と「連れ出し」のシステムです。

ゴーゴーバーは、お店で飲んでから外に連れ出して2人だけで遊ぶことができるので、性風俗店としての利用できるということになります。

  • 入場料・・・無料
  • ドリンク(自分と女性)・・・(自分)100〜200ペソ / (女性)300〜400ペソ
  • 連れ出し料金・・・約3000〜4000ペソ(約4000〜6000円)
  • ショート or ロング(連れ出し時間)・・・3000ペソ(約6000ペソ)ロングは交渉次第

入場料

入場料は無料。

着席してからドリンクを注文してから、初めて料金が発生するシステムになっています。

強引にお金を取られることはないので、入場してから一通り店内を回って気に入らなかったら、お店を出ても大丈夫です。

ドリンク

ドリンクはアルコールが中心になっています。

値段は100〜200ペソ(約200〜400円)なので、それほど高くはありません。

ドリンク注文後は水着姿の女の子たちが踊っているのを眺めたり、女の子を指名して楽しくコミュニケーションを取ったりできます。

ドリンクを1杯注文すれば、お店に滞在できますが、女の子たちからの必要以上なアプローチをされることもあります。

女の子のお持ち帰り

女の子を指名して、お持ち帰りしたい場合は連れ出し料金(バーフィン)支払えばお持ち帰りをすることができます。

「バーフィン」と「ショート」でも1万円は超える計算になるので、ゴーゴーバーは派手に遊びたい人向けです。

【マニラで夜遊び】LAカフェ

「出会いカフェ」とも言われている「LAカフェ」は、援助交際目的の女の子がたくさんいます。

ゴーゴーバーのようにお店が女の子を管理しているわけではないので、お店に払うお金はドリンクやフードメニューの料金だけなので、連れ出し料金などは払う必要はありません。

  • 入場料・・・無料
  • ドリンク・・・200〜300ペソ(女性は300ペソ〜)約600円
  • 連れ出し料金・・・女性次第、平均2000〜3000ペソ(約4000〜6000円)

入場料

入場料は無料ですが、2階は100ペソ(約200円)かかります。

上記でも説明した通り、一般のお客さんと仲良くなって連れ出す「出会い目的のカフェ」なので、必ずしもお持ち帰りできるとは限りません。

その日によって、女性のレベルが分かれるので、まずは足を運んでみることをオススメします。

ドリンク

ドリンクメニューは豊富です。

ハッピーアワー時になるとドリンク&フードが安くなります。

ハンバーガー、ポテト、唐揚げ、パスタなどの一般的なメニューが多いです。

店内の大型液晶モニターには、サッカーや格闘技などが放送されているので、お酒を飲みながらスポーツ観戦を楽しむ方も多いです。

女の子のお持ち帰り

女の子をお持ち帰りするなら、自ら交渉する必要があります。

あまり少ない額では相手も乗ってきません。平均2000〜3000ペソ(約3000〜6000円)が相場だと言われています。

LAカフェの様子はこちらをご覧ください。

【マニラ夜遊び】アマゾニアンホテル

出典:HACHI

マニラにあるホテルで、1階はレストランになっていて、お店で選んだ女の子を2階のホテルに連れ込むことができます。

昼間から女の子が溜まっていて、相手から「マッサージどう?」と、声をかけてくれます。

ゴーゴーバーやLAカフェよりも交渉のハードルが低く、ホテルを探す手間もかからないので「女性をお持ち帰りする」前提でお酒を飲むならアマゾニアンホテルはオススメです。

入場料

入場料はありませんが、カフェレストランの飲食代はお店に支払う必要があります。

ドリンクは比較的安く、ビールは135ペソ(約280円)とお手頃価格です。

女の子のお持ち帰り

LAカフェのように援助交際目的の女の子が多いと言われています。

アマゾニアンホテルの外でも頻繁に声をかけてくる女性もいます。

価格は交渉次第ですが、やはり2000ペソ〜(約3000円)が相場です。

 

【マニラ夜遊び】連れ出し置屋

マニラに限らず、フィリピンには様々な連れ出しバーがあります。

“表向き”はカラオケやバーとして営業していますが、本当は女性を斡旋している場所なのです。

中には民家の中で女性を大勢詰め込んでいる場所もあり、現地の人しか知らない隠れ家もあるようです。

入場料

  • 料金・・・3000ペソ〜(約6000円)※交渉次第
  • ドリンク・・・店舗による(場所によっては女性の持ち出し料金だけのところもあり)

女性のお持ち帰り

女性のレベルはあまり高くありませんが、「女性を買う場所」という認識がされているので、確実にお持ち帰りができます。

場所によっては日本人スタッフが接客してくれる場所もあるようで、交渉次第で女性の価格は下がるようです。

【注意】マニラの夜遊びは危険が潜んでいる!

マニラで夜遊びを考えている方は、様々なことに注意をしておく必要があります。

法律なども日本とは違ってくるので、万が一、違反を犯すと罰せられる可能性もあります。

マニラで遊ぶときに注意してことはこちらです。

  • 未成年の買春
  • 性病
  • 盗難

マニラは大規模な開発が進んでいるとは言っても、まだまだ危険は多く潜んでいます。

【注意事項①】未成年の買春

フィリピンでは未成年を連れ回すことは重罪とされています。

しっかりとしたお店で女の子をお持ち帰りした場合は大丈夫ですが、道で声をかけてきた女性やバーなどで出会った女性には注意が必要です。

年齢を偽って接近する場合もあるので、必ず相手の年齢確認が取れる場合のみ一緒に遊ぶことをオススメします。

いかなる場合でも未成年の女性に対して淫らな行為をするのは御法度なので注意しましょう。

【注意事項②】性病

特に置屋、道で声をかけてくる女性は、性病を持っている子もいるので、必ず行為をするときはコンドームの装着は必須です。

装着せずに行為をした方が病気になってしまう事例はとても多いので、注意が必要です。

【注意事項③】盗難

女性とホテルに行った際に1番多いトラブルが盗難です。

寝ている隙に金品を盗む女性も多く、2〜3名で声をかけてきて見事なチームワークでお金を盗むグループもいるようです。

必要以上にお金を持ち歩かないようにしましょう。

マニラで夜遊びするなら、ちゃんとしたお店に行きましょう!

マニラの夜遊びは楽しい思いが出来る反面、様々な危険が潜んでいます。

  • 警察沙汰
  • 性病
  • 盗難

これらのリスクを回避するためには、連れ出し置屋や援助交際ではなく、ゴーゴーバーのようなちゃんとしたお店で女の子を紹介してもらうことをオススメします。

もちろんフィリピンマニラでは、カジノもオススメです!

主に女の子のお店を紹介しましたが、フィリピンマニラはカジノも有名です。中でも、日本人経営者の岡田和生氏が経営する「オカダマニラ」などは、サービスもゲームも非常にホスピタリティが充実しておりオススメです。

行ってみたときの話を記事にしておりますのでぜひ下記記事を参考にしてみてください。

フィリピンマニラは夜遊びには何かと困ることがなさそうですね。ただし治安や怪しい路地裏などには入らない、女性は1人で出歩かないなどは注意をしたほうが良さそうです。

みなさんも楽しいフィリピンの夜をお過ごしくださいね!


友達にもシェアしましょう!