【マカオ】カジノのキャッシャー担当がレジ締め中に現金抜き取り…横領容疑で逮捕

マカオ半島中区にあるカジノにて、当カジノ施設で働く社員がレジ締め中に現金を抜き取る事件が発生した。

キャッシャー担当者を横領容疑で逮捕

監視カメラ

2月2日、マカオのカジノ施設にて、キャッシャー部門に所属するマカオ人男性社員(31)を業務上横領容疑で逮捕したと、マカオ司法警察局が発表した。

通報者である当カジノ運営会社が監視カメラ映像を確認したところ、当該社員がレジの視覚となる一角で紙幣を折りたたみ、腰の位置に隠して持ち出していることが発覚したという。

また、過去も同じ手口で2回ほど盗まれていることも明るみになり、「金銭を盗んだ疑い」として被害総額は3万3000香港ドル(約46万円)に上るそうだ。

 

翌日に身柄を拘束、マカオ警察が迅速な対応を見せる

この事実をマカオ警察はすぐさま調査開始。翌3日には司法警察局に所属する捜査員が男の自宅を訪れ、迅速な対応で身柄を拘束したようだ。

男は警察の取り調べに対し、「犯行は認めているものの、一度しかやっていない」と供述しており、また盗んだ金銭の行方についても黙秘を続けているとのこと。

この男が所属する「キャッシャー部門」とは、カジノで利用するチップと現金を交換する部門のことで、カジノフロア内に設置されている。

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!