カジノの女王「パンジー・ホー」。香港の女性富豪番付NO.1の実力とは?

カジノ王スタンレー・ホーの娘であるパンジー・ホー。ただ大富豪の娘というだけではない、その経営手腕とカジノの女王の気になる人物像に迫ります。

 

パンジーホーって誰?

パンジー・ホー

引用元:agbNipponn

マカオのカジノ王であるスタンレー・ホーの2番目の妻との間に産まれたパンジー・ホー。アメリカの大学で国際ビジネス管理を学び、卒業後に父が経営する信徳グループに入社。

その能力を活かし、10を超える会社の重職に就くことになります。スタンレー・ホーには、4人の妻と17人の子供がいる中で、パンジー・ホーがなぜ家業を継ぐことになったのか?それは、彼女の才能と努力があってこそと言えるでしょう。

1995年、信徳グループの取締役に就任後、パンジー・ホーは市場分析を行い、明確な経営ビジョンを示してきた。また不景気に襲われた際には、リーダーシップを発揮し危機を乗り越え、確固たる地位を確立してきました。

その姿を見た父のスタンレー・ホーも自身の業務を引き継ぐことにしたとか。こうして、パンジーホーは、一族の中で影響力を持つように。

関連記事

 

慈善家の一面も

経営者としての手腕も見事ですが、慈善家としての一面も垣間見えます。2014年8月に起きた中国・雲南地震の際には、パンジ・ーホーが経営権を持つMGMマカオから被災地に200万パタカ(日本円で約2572万円)の寄付を行いました。

また、東日本大震災の際には、チャリティーイベントを開催し、日本の復興を呼び掛ける活動なども行っています。

 

さらなる躍進を遂げ、カジノ女王に

BGM

引用元:focus sb

2014年には、米国系カジノ運営会社MGMと折半出資でMGM中国をスタート!MGMマカオのほか、2018年2月に写真のMGMコタイをオープンさせた。

ひと際目を引く宝石箱をイメージした外観のMGMコタイ。稼働式の座席とステージを備えた「MGMシアター」があるほか、館内には芸術品が多く展示されているのが特徴。ハイクラスなIRに注目が集まりました。

 

パンジー・ホーの今と激化する一族の経営権争い

ついに香港の女性富豪番付でトップになったパンジー・ホー。

スタンレー・ホーが2018年に引退し、彼が牽引してきたSJMの会長にはパンジー・ホーの妹デイジー・ホー、第四婦人のアンジェラ・リョンが共同会長にが就任し、パンジー・ホーはMGM中国でエグゼクティブディレクターを務めている。

たが、パンジー・ホーはSJMでの地位を強化するため、現在様々な策を進めているという。今後も一族の動向から目が離せない。

関連記事

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!