グランカジノマドリード・トレロドネスを徹底紹介!

 

マドリード中心部から車で約40分ほど走らせた場所にあるグランカジノマドリード・トレロドネス。

1981年オープンから約40年とかなり老舗のカジノですが、ドライブにはもってこいのトレロドネスにどかーんと建てられているため、地元民のお出かけスポットとして有名です。

今回はそんなグランカジノマドリード・トレロドネスについて、遊べるカジノゲームやアクセス方法、カジノエリアなどを紹介します。

 

グランカジノマドリード・トレロドネスってどんなところ?

グランカジノマドリード

引用元:www.festitur.es

グランカジノマドリードは、スペイン国内に展開するグラン系列の複合施設です。

各カジノゲームはもちろん、レストラン、スポーツバー、イベント、コンサートなど、様々な施設が入っているので、マドリードへ遊びに行くならぜひ検討してみてください!

 

アクセス方法

場所としてはこんなかんじ。

土地のイメージが分かるよう、Googlemapさんを航空写真にしてみましたが、上図のマップからも分かるように、トレロドネスは田舎にポツンとある複合施設です。

マドリード中心部との距離は約35.8km、車で約40分と時間はまぁまぁかかりますが、マドリードから北東に長く伸びるノロエステ自動車道に入れば後は道なりに沿ってアクセルを踏むだけ。

 

やや建物が少なくなってきたな~と感じたらそこからは約10分~15分くらいで目的地へ到着します。これという景色はないですが、建物の雰囲気とか道路の広さとか、「ザ・ヨーロッパ」といったイメージなので、好きな音楽を流しながら気長に向かいましょう!

 

遊べるカジノゲーム

テーブルゲーム
  • ルーレット(アメリカン)
  • ブラックジャック
  • ポーカー
スロット
  • 多少あり
電子テーブル
  • ブラックジャック
  • テキサスホールデムポーカー
スポーツベット
  • サッカー
  • テニス
  • バスケットボール
  • フォーミュラ1
  • サイクリング

好みの問題といえばそれまでですが、ルーレットはややハウスエッジの高いアメリカンルーレットを採用しているのでおすすめしません。

初心者にはややハードルが高いかもしれませんが、せっかくスペインのカジノへ行くのならスポーツベット一択です。特に、フォーミュラ1(F1)に賭けられるってのは車好きにはたまらんでしょう。日本ではあまり馴染みがないですが、F1はヨーロッパにおける超人気スポーツなんですよ。

ただし、スポーツベットはなんだか難しいという方は、無難にブラックジャックかポーカーが良いです。けどディーラーとのコミュニケーションは言語の壁でちょっと…という方であれば電子テーブルのテキサスホールデムなどがいいかと思います。

 

スロットエリア

約40年の運営実績をもつ老舗カジノだけあって、設置されたスロットなどは古い機種と新しい機種が入り混じるような感じです。

日本の各所にある少し大きめのゲームセンターといった雰囲気ですが、ガチャガチャしないところでぼーっとスロット打ってたいという方には超おすすめですね。

 

テーブルゲームエリア

一方、テーブルゲームエリアは落ち着いたカラーで構成され、贅沢な内観となっています。

画像の赤いカーペットのところはお客さんが歩くゾーンとなっており、日本人ががっつりテーブルゲームをプレイしていると結構見られると思いますが、ポーカー、ブラックジャックといった王道カジノなので、ルールと若干の語学さえできれば全然プレイできますよ。

 

まとめ

いかがでしたか。マドリードから若干離れてはいますが、だだっ広い道路をただただ道なりに進むだけのため、スペインに慣れていない日本人観光客でも訪れやすいスポットといえます。

施設自体はマカオのように特別豪華ではありませんが、ゆっくりスペインの空気と文化を楽しみたいという方にはおすすめです。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!