シンガポールカジノの歴史

シンガポールへの日本からの観光客は年間80万人近くあります。欧米諸国からも観光客が多く、シンガポールはいまや世界有数のカジノ・リゾート大国として知られています。
シンガポールカジノの歴史、始まりと発展、今後の課題などについて詳しく見ていきます。

はじまり

カジノ場

シンガポールというとカジノをイメージする人も多いでしょう。しかし、シンガポールのカジノの歴史は意外に浅く、近年になってようやく成功を収めたという事実があります。

これまで日本では長らくカジノが解禁されなかったのと同様に、長年シンガポールでもカジノは禁止されていました。1985年と2002年にカジノを解禁するべきという政治議論が起こり、活発に話し合いが行われましたが最終的にカジノ解禁は却下されました。

2004年に再度カジノ解禁の政治議論が起こり、2005年になってようやくカジノ合法化に踏み切りました。これまで頑なにカジノ解禁に否定的だったシンガポール政府がなぜ急に方向転換をしたのでしょうか。その大きな理由はやはり経済面での成長です。

シンガポールはもともと世界有数の観光地として人気でしたが、近年は他のアジアの国々の台頭と競争激化、中国経済の大規模な発展、マカオなどがカジノで大成功を収めているといった現状がありました。このままだとシンガポールの観光産業とシンガポールそのものの地位の低下が懸念されたため、カジノ解禁に舵を切ったわけです。

当時、大きな政治力を誇っていたリー・クアンユーがカジノ反対姿勢から一転賛成の立場を取り、2011年にカジノが併設された2つの統合リゾート施設(IR)が誕生することになります。

発展期

2011年に開業した2つのIRは「マリーナベイサンズ」と「リゾートワールドセントーサ」です。いずれも商業ビジネスやリゾート産業が盛んな場所に位置しているため、年々観光客の数が増えてきています。

「マリーナベイサンズ」はいまやシンガポールを象徴する施設といってもいいでしょう。もともと商業が盛んなエリアというだけでなく、港湾に近いということもあり観光客にとっては非常に魅力的なスポットとなりました。「リゾートワールドセントーサ」も海に囲まれたセントーサ島に位置し、中心の商業エリアから車で5分という手軽さもあり多くの人が集まっています。

この2つのIRはいずれもが世界最大級の規模を誇ります。施設の構成もほぼ同じであり、カジノフロア、ホテル、展示室、ショッピングエリア、飲食エリアなどから成り立っています。大きな違いはターゲット層が異なるということです。マリーナベイサンズはショッピング・飲食・展示会への観光客を主なターゲットとしており、イメージとしてはまさに「都会的」です。一方、リゾートワールドセントーサは島に位置しているというだけでなく、同じエリア内にユニバーサル・スタジオもあるためファミリー向けのリゾート地というイメージが定着しています。

シンガポールのIRのターゲット層は日本、中国、欧米、アセアンなど広範囲に広まっており、観光客も年々増加傾向にあります。シンガポールのインバウンドの観光客数を見てみると2009年の970万人から2013年は1500万人と大幅に拡大しました。それに合わせて年間の観光収入も2009年と比較するとほぼ倍の数値になっています。

シンガポールカジノの”今”と”これから”

チップとトランプ

シンガポールのIRの経済効果は非常に大きく、観光収入のみならずインフラ投資や地元の雇用増加など別の面でも波及効果が広がっています。2つのIRにおける直接雇用は現在3万人近くに達しています。

活況を呈するシンガポールのIRですが、プラスな面がある一方ギャンブル中毒者の増加や闇金の横行などマイナス面も指摘されています。

シンガポールのカジノに訪れる人のほとんどは海外からの観光客というイメージがありますが、実際は2つのIRに訪れる2~3割は地元民が占めています。そこで問題になるのが国内のシンガポール人のギャンブル中毒です。シンガポールでは低所得者が大金を賭ける比率が年々増加傾向にあります。そのためシンガポール政府ではギャンブル中毒対策として「シンガポール国民はカジノ入場税を支払うこと」「21歳未満の入場禁止」「カジノホール内のATM設置禁止」などの措置を取っています。

ローンシャークと呼ばれる闇金の増加も問題です。本来シンガポールの貸金業はライセンスが必要ですが、ここ数年ライセンスなしで違法にお金を貸し出す業者が増えてきているのです。当然高利で貸し出すため、カジノで負けた人がお金を返せなくなって厳しい取り立てにあったり、借金漬けになってどうにもならなくなったという人が出てきました。取り立ても酷くなると放火や自殺に追い込むといったところまでいきます。これは今もシンガポール国内で起こっている問題です。

このような負の問題をどれだけ解消できるかが今後のシンガポールカジノにおける大きな課題といえるでしょう。

まとめ

日本でもようやくIRが解禁され、近い将来日本人もカジノに足を運ぶことができるようになります。しかし、シンガポールで現在起こっている問題は日本にも置き換えることができます。ギャンブル中毒、闇金といった問題点は日本でも必ず起こってくる事象でしょう。とりわけ日本のギャンブル依存症の人数はシンガポールや欧米と比較すると2倍の数になっています。

IRで先を行くシンガポールの事例を参考に日本でも広く対策をしていくことが求められます。

20代後半の男kenと申します。ここ最近、年に2回ほど旅行でカジノをプレイしています。韓国やシンガポールのカジノでプレイしたことがあります。
最近電子タバコに変えようかなと考え中・・・・


友達にもシェアしましょう!