【フィリピン】カジノ旅行をする前に知っておきたい注意点

フィリピンでカジノを楽しむために旅行に行く際に、他の国のカジノとは違いドレスコードなども低く気軽に遊べると評判です。

しかし遊ぶ前に知っておくべきこと、注意点などもあります。

カジノでマナーよく遊ぶためにもマナー、ルールは理解必須です。

禁止されている行為

セブ島などの島々にみられる美しい景色など、フィリピンは旅行先として魅力にあふれている国です。

最近はフィリピンのカジノに遊びに行くという日本人も多くなり、観光地で施設などを見て回る旅行以外、カジノ目的で旅行に行く人も多くなっています。

そのほかの国もそうですが、日本では禁止されていることではなくても、海外では禁止されていることがあるため、フィリピンへ旅する前の注意点として禁止事項などを理解しておくことも重要です。

楽しく旅をするために、またギャンブルを楽しむためにも、禁止事項で困ったことにならないよう、知識を持って旅行を楽しみましょう。

フィリピンへの旅行で禁止事項などはそれほど多くないのですが、お酒、たばこなどについては厳しい規則があります。

お酒ですが、場所によって路上で飲んではいけないとする条例があり、日本のようにどこでも自由にお酒が飲めると思わない方が安心です。

実は路上でお酒を飲んではいけないところで飲酒し、日本人を含む13名が警察に一時拘束されるという事例もあります。

この時には腕立て伏せ40回という罰則で済んだようですが、条例で禁止となっていない地域で、警察官以外の人に声をかけられ罰金を取られた例もあり、むやみに屋外で飲酒することは危険です。

すべての路上ではなく、屋外で飲んではいけないエリアがあることを理解しておくとトラブルになることも少なくなります。

もう一つ、タバコのこと以外に理解必須の事項、車のことです。

フィリピンは左ハンドル、日本人も入国して90日は日本の免許証で車の運転ができ、旅行者の場合、ドラッグテストを受ける必要もありません。

しかしマニラ首都圏を走る場合には、「自分が乗る車のナンバー、その数字の末尾の数字」の確認が必須です。

マニラ首都圏では渋滞が社会問題となっており、運転は末尾の数字によって曜日で振り分けられています。

例外的な部分があるようですが、マニラではこの車のナンバーに気を付けるべきです。

カジノ内での喫煙は?

フィリピンでは禁煙大統領令が施行されて以降、公共の場での喫煙に厳しい規定があります。

指定喫煙所の設置条件が厳しく、初回違反で500から1000ペソの罰金、2回目で1000から5000ペソ、3回目で5000から10000ペソの罰金です。

最近は街中でもタバコ売り(フィリピンは1本からでも購入できる)が姿を消したといわれています。

レストランやホテルのロビーなどは公共の場となるため、全面禁煙となっていますが、カジノ等は禁煙とはなっていないようです。

ただし、マカオのカジノ施設などでは、VIPルームが分煙、マスゲーミングフロア(平場と呼ばれる場所)が全面禁煙となっています。

このマスゲーミングフロアは、喫煙ルームがあるのでそこでは喫煙OKです。

今後、VIPルームに関しても禁煙化が進んでいくとされており、カジノでも愛煙家は肩身の狭い思いをする立場になるといわれています。

施設によって分煙、禁煙、喫煙室があるなどタバコについてもそれぞれにルールがあるので、タバコを吸う方は入店される時、喫煙場所や喫煙禁止場所、エリアなどを聞いておくほうが安心です。

今のところ、従来通り喫煙できるところが多いとされていますが、いつ全面喫煙禁止となる解らない状態です。

カジノ内で禁止されている行為

まずフィリピンのカジノですが、政府運営、つまり公営のギャンブル場となっているので、安心して遊ぶことができます。

民間の企業等がカジノを運営することは禁じられているため、誰もが楽しめる施設です。

入店する際には厳しく持ち物チェックなどを受ける必要があり、必要ないものはもっていかない方がスムーズに入店できます。

またフロア内は全面撮影禁止となっているため、カメラをもって入店する事もできません。

クロークで預ける事が必要です。

政府運営のカジノということでセキュリティがかなり厳しくなっていますが、観光客としては安全に遊べることが何より、楽しくプレイに熱中できます。

もう一つ、禁止事項となっているのが帽子、それにロングコート、サングラスでの入店です。

防止やロングコートは不正行為を行う際に利用されることがあるため入店の際、預ける必要があります。

サングラスもいかさまに利用されることが多いので、通常禁止です。

まとめ

旅行するときにその国の情報を得ておくことは重要ですし、禁止事項などを理解しておくことでトラブルなく安全な旅ができます。

フィリピンは治安が悪いところもありますが、安全に過ごせる場所も多くなっており、近づかない方がいいといわれた場所に行かない限り、大きなトラブルや犯罪に巻き込まれることもないはずです。

海外からの観光客も多くなっていることで、カジノに対する安全性、防犯対策などもしっかり施されているため、ギャンブルを楽しく行うことができます。

セブ島などの美しい景色を堪能し、夜はカジノ・・という旅もお勧めです。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!