【イタリア】カジノ旅行をする前に知っておきたい注意点

イタリアに観光旅行に行く方も多いと思いますが、その際、注意するべきその国の禁止事項がありますし、カジノについてもルール、マナーなどがあります。素敵な旅にするためにも、イタリア旅行、カジノのマナーや禁止事項等理解しておくべきです。

禁止されている行為

イタリアのサッカー選手

イタリアは歴史的な建造物も多く、食べ物がおいしい等もあり日本からも多くの観光や区が訪れる観光地が多い国です。旅行する際にはその国の法律、また滞在する際に知っておくべきことも沢山あります。イタリアのカジノで遊びたいと思っている方も、また観光を楽しみたい方も、禁止事項など理解すべきです。

まずイタリアに滞在する際には、必ず滞在地警察署へ滞在地住所等の届け出が必要になります。ホテルなどの施設に宿泊する際には、チェックインの際ホテルが準備している所定のフォームに署名することで警察署への届け出が不要となりますが確認しておくほうがいいでしょう。ホテルなどが届け出をしない場合、滞在地の警察署に対して届け出を行います。届け出がされていないと国外退去処分となることもあり、これは必ず確認が必要です。

写真撮影に関しては一般的に制限されていませんが、空港施設や軍関係施設、また警察などの撮影は禁止されています。旅行中、美術館などの観光地を巡ることもあると思いますが、この場合、撮影してもいい場所には通常フラッシュ使用可否などの提示があるはずです。ただし、教会でミサを行っている最中はフラッシュOKと表示があってもフラッシュの使用は控えた方がいいといわれています。

日本ではなじみがないことですが、イタリアではショッピング、外食などした場合、受領したレシートをしばらく保管しておくことが必要です。これは飲食店や商店など店側の脱税を予防するもので、警察からの職務質問を受けたときに所持していない場合、罰金刑となる恐れがあります。

宿泊は通常日本の観光客の場合、ホテルなどの宿泊施設に宿泊するのが一般的ですが、野外でテントなどを利用し寝泊まりする場合、キャンプ場などの許可されている所以外、寝泊まりできません。許可されていない所で勝手に寝泊まりすると「浮浪者行為」とみなされ罰金刑となることもあります。

カジノ内での喫煙は?

日本国内でも禁煙、分煙が進み、公共の場ではもちろんのこと、飲食店などでも指定された場所での喫煙、また完全に建物内が喫煙となっているなど、タバコを吸える場所が少なくなっています。ヨーロッパ地域でも近頃は禁煙が進み、15年くらい前ならカジノでも加えタバコで賭けをしている姿も多かったのですが、現在は吸えないと考えておくほうが安心です。

フランスなどもそうですが、イタリアも公共の「室内空間」での喫煙は禁止するという法律が施行されています。法律によると「屋根のある場所での喫煙」を禁じているので、カジノ等、屋根がある室内での喫煙は禁止です。食事する場所でテラスであっても屋根がある場合、喫煙禁止となっているので注意する必要があります。

カジノ内で禁止されている行為

サイコロ

イタリアのカジノも、その他の国のカジノでも、基本的に写真、ビデオ撮影等カメラ撮影は禁止です。カジノに入る時に荷物チェックがありますので、その際カメラなどがある場合、持ち込み禁止でクロークなどに預けることになります。大きな荷物なども基本的にカジノ内に持ち込むことができないので、クロークに預ける事が必要です。

ギャンブルを行うという場となりますので、不正行為を予防する事も含めカジノの禁止事項として、ディーラーに直接現金を手渡すことはできません。ゲームは現金をチップに交換して行う必要があるため、現金をチップに替えたい場合はテーブルに置くようにします。席に座り、ゲームが途切れたタイミングで現金をテーブルに置く、もしくはカジノ内のキャッシャーで事前に変えておくことがマナーです。

手渡しする方が丁寧に感じますが、手で渡すといくら渡したのか把握できません。通常、不正防止、トラブルの回避のため、監視カメラが設置されており、ここで確認できるようにするためにもテーブルに置くことがルールとなります。もちろんディーラーに渡そうとすれば、テーブルに置くようにとディーラーが注意してくれますが、できればマナー、ルールとして理解しておくべきです。

またブラックジャックなどのカードゲームは、基本的にカードを触らない、触る場合は片手で触ることがルールです。両手を使用する、触っていい時以外に触ることはルール違反となります。

まとめ

イタリアに旅行に行く際の注意点、またカジノにいって遊ぶときに対するルール、マナーを理解しておくことも重要なことです。日本に日本の法律があるように、各国それぞれ法律があり、ちょっとした行動がトラブルになる可能性も秘めています。気持ちよく楽しく旅行するためにも、イタリアに滞在する際の禁止事項、またカジノでの禁止事項等理解しておくと安心です。

観光客だから、外国人だからと法律を破って許してもらえることはなく、罰則、罰金を受ける事にもなります。カジノは特に特殊な場所なので、ルールやマナー、禁止事項を理解しスマートに利用したいものです。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!