【ニュージーランド】カジノ旅行をする前に知っておきたい注意点

自然がいっぱい、日本とは全く違う風景を見る事ができるニュージーランドへの旅行者はかなり多くなっています。

カジノで遊ぶ方も多いのですが、その前にニュージーランドでの注意事項やカジノの喫煙事情など理解しておくと安心です。

ニュージーランドで禁止されている行為

新婚旅行、また友人との旅、家族旅行等でも人気があるニュージーランド、広大な自然があり美しい景色もあるこの国は魅力がいっぱいです。

しかし島国であるニュージーランドは、禁止事項なども多く、旅行に行く前に理解しておく必要があります。

特に入国の際、持ち込んではいけないものなどもあり、罰金なども取られるので注意が必要です。

ニュージーランドは島国であるため、病害虫や家畜の病気などの発生が少ない国です。そのため、植物や食べ物など検疫が非常に厳格に行われています。

手荷物を開いて見せるように言われることもあるので、食料品などを持ち込みたいときには申告する、持ち込んでいいものかどうか確認する事が必要です。

喫煙についてですが、ニュージーランドは日本よりもずっと禁煙が進んでいる国で、タバコを吸える場所が少ない国といわれています。

飲食店、オフィスなど屋内は通常全面禁煙です。

禁煙環境法という法律があり、レストラン、バー、ナイトクラブなどすべての公共施設内での喫煙が法律によって禁じられ、違反した者に高額な罰金が科せられます。

もちろん、歩きたばこも禁止、空港、街中でみられるSmoke Freeという看板があるところは「禁煙」なので間違えないようにしなければなりません。

アルコールに関しても海外は屋外での接種禁止となっているところが多く、ニュージーランドの場合、オークランド、クライストチャーチなどの大都市中心部などは、屋外、ビーチなどのアルコール摂取が禁止されているエリアもあります。

こちらもよく日本人が間違えやすいのですが、アルコール摂取禁止エリアには「Alcole Ban Area」と書かれていますので注意が必要です。

ニュージーランドのカジノは喫煙できる?

国によってはレストランやホテル等公共の施設では禁煙となっているところが多いのですが、カジノは別で禁煙のブースもあれば喫煙ブースを設けている等、施設によってタバコが吸えるところもあります。

しかしニュージーランドは公共施設の屋内全面禁煙となっているため、カジノも禁煙対象です。

ホテル、カフェ、レストラン、バーでさえも禁煙となっているため、注意すべきです。

ホテルでは、喫煙専用の部屋ならタバコを吸ってもいいということもありますが、例えば100室ある客室のうち、10室のみが喫煙可能な客室等、喫煙してもいい客室は少なくなります。

ちなみにニュージーランドは18歳から喫煙可能ですが、たばこ販売店でタバコを買う場合、購入する方が26歳以上に見えないという場合、身分証明書の提示が必要です。

またタバコも日本円にして1000円を超える額、だいたい1箱15ドルくらいなので結構な金額になります。

カジノでも禁煙となっていますし、どこにいっても禁煙なので喫煙者は据える場所を見つける事も苦労するはずです。

ニュージーランドのカジノで禁止されている行為

ニュージーランドのカジノは20歳以上の方が入店できますが、若く見られがちな人は何歳であろうと身分証明書の提示を求められることがあるので、パスポートなど持参しておく必要があります。

ドレスコードについてはヨーロッパ地域で多いフォーマル、セミフォーマルという所は少なく、すべてのアイテムに関してすっきりと清潔な服装などと表記されちょっとわかりにくい感じです。

これはオシャレでも破れなどがある衣類はダメ、汚れている衣類、靴などもNG、男性の場合、袖なしもNG、また多くの国のカジノでみられるようにサンダルは不可となっています。

またギャングのワッペンをつけている場合も入店拒否されることが多く、帽子等、宗教上のメディカルな理由がない限り禁止です。

これも諸外国のカジノと同様の禁止事項となりますが、カメラによる撮影は禁止となっています。

カメラなどを持ち込む時にはクロークで預ける事が必要となります。

サングラスやコートなども入店時に預ける事が必要で、これは賭け事をする場所なので不正行為を予防するための禁止事項です。

まとめ

国が違えば色々なことに違いがありますし、もちろんカジノにもその国による禁止事項があります。

他の国のカジノで禁止されていない事でも、タバコなど厳しく制限されることもあるので注意が必要です。

服装に関してはドレスコードがそれほど強くなく、カジュアルに遊べるといえます。

カジノで現金を利用する場合、チップに両替する事もチップを現金に換金することもできます。

母国通貨、つまり日本円からニュージーランドドルに両替する事も、日本円は主要通貨となるため可能ですが、両替のレートがかなり悪くなるので、どうしても両替したい場合、いったん屋外に出てレートのいい両替店で交換するほうがいいといわれています。

禁止事項や注意点等よく理解しておくことで、滞在中を楽しく過ごすことができるはずです。

タバコのこと、お酒のことなど、日本とは大きく違う点もありますので、行く前に理解しておくほうが楽しい旅になります。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!