ベガスベガスがベトナムでカジノOPEN!

日本でパチンコ経営を中心に行うベガスベガスが、ついにベトナムでカジノをオープンすることが発表されました。

ベガスベガスとはどんな所なのか、今後の展開等はこちらが考えられるでしょう。

ベガスベガスとは?

スロットのリールやダイス、トランプ

北海道や関東、東北を中心にパチンコホールを経営するアミューズメント事業企業が、ベガスベガスです。

他にも各種アミューズメント事業、カフェなどを経営し波に乗っているベガスベガスですが、ついにベトナムでカジノ施設をオープンすることが発表され、2017年にオープンされました。

カジノの名前は、「ハリウッドワンゲーミング・ハロンベイ」で、世界自然遺産、ハロン湾があるベトナム北部のリゾート地、ハロン市に同カジノを建設する事を発表し、多くの反響を呼んでいます。

リゾートホテルの一角に建てられた事もあり、ホテルのお客さまのみならず地域住民からも広く愛されており、ベトナムを代表するカジノ、ハロン市を代表する観光スポットとして定着しているでしょう。

定休日は無く24時間営業をされており、日本スタッフと現地スタッフによって経営されています。

今後経済的発展が見込まれるベトナムに日本で初めてカジノ事業を展開した企業としての、成功例と言えるでしょう。

競合他店と比べて一歩リードすることが出来たベガスベガスは、今後も更なる成長が見込まれているとされています。

「ハリウッドワン ゲーミングクラブ・ハロンベイ」について

カジノテーブルに立つ女性

ハリウッドワンゲーミング・ハロンベイでは、同市内にある高級ホテル、ムオンタンラグジュアリークアンニンホテルの1階と2階の2フロアが利用されており、ホテル客を中心に、多くの客層を取り入れる見込みです。

ルーレットやバカラ、ブラックジャックにスロットゲームなどの各種ギャンブルを豊富に取り揃え、様々なお客さまに楽しんで貰えるカジノ施設を作り挙げています。

入場無料で楽しめることは勿論、各種ゲームを取り揃えることで、様々な客層を取り入れており、ディラーを使わないチップなしの文化を定着させていることから、気軽に立ち寄れるタイプのカジノとして知られています。

ディラーは基本的にどこのゲームにもおらずいずれもビデオゲームですので、気軽に楽しめるでしょう。

ドレスコードも厳しく無く、Tシャツに短パン、スニーカーにリュックなどのラフなスタイルで訪れる方も少なくありません。

こうしたカジュアルスタイルでも問題なく入店出来る為、気軽に訪れられるでしょう。

ジーンズスタイルなどでも問題ありませんので、旅行のついでに立ち寄ると言う観光旅行客や、買い物に行ったついでに立ち寄ると言う地域住民も少なくありません。

NGなこと・注意点

ただし、ビーチサンダルや帽子、サングラスの着用は制限されています。入店の際に特別な事情が無ければお断りをされてしまうことも多い為、特殊な事情が無ければ身につけないようにしましょう。

ビーチサンダルなどのかかとが無いタイプの靴は特に厳しく制限されていますので、入店の際に注意が必要です。

他にも、あまりにもダメージが過ぎる服装や汚い服装、汚い靴などは、入店拒否をされる可能性があります。入店拒否をされずともカジノを楽しむ上ではマナー違反と言えますので、多少はキレイめな服装をすることが大切です。

常識的な服装であればカジノを遊べますので、ある程度普通の服装でカジノを楽しみましょう。

また、入店は21歳以上からと決められていますので、入店の際に必ずパスポートチェックがあります。明らかに21歳を超えている方でもパスポートチェックが必要となりますので、忘れずに持参をして下さい。

日本人の場合は特に諸外国の方と比べて幼くみえる傾向にありますので、注意が必要です。

マルハン・ダイナム・ガイア・・・競合他社が追随する可能性は

現状海外事業においてはベガスベガスの独占状態となっており、今後各種アミューズメント業界が食い込んでくる可能性は大いにあると言えるでしょう。

ベガスベガスが海外事業において大成功を収めている前例もあるため、競合他社が追随する可能性は少なくありません。

日本国内では国民減少やカジノ規制に伴い、各種アミューズメント事業の肩身が狭くなりつつあります。

まだまだアミューズメントとして定着している事業ではありますが、今後更なる安寧を求めるために、ベトナムを初めとした発展都市を狙っている企業は少なくありません。

現状はベガスベガスの一人勝ち状態ではありますが、各種海外支社を設けて準備を進めつつある企業も多いでしょう。

まとめ

ベガスベガスは国内外を問わずに幅広い層から愛されるアミューズメント事業として定着し、海外進出においても成功を収めた企業として知られています。

今後各競合他社も海外進出を図る可能性は大いにありますが、ベガスベガスが一歩リードをしている段階ですので、今後どの様に展開をしていくのかは先が読めません。

ハリウッドワンゲーミング ハロンベイの人気は衰える所を知らず、今後も急成長を遂げると言えるでしょう。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!