カンボジアでの両替は米ドルがおすすめ?レートや両替所など徹底解説!

日本からカンボジアへ旅行する際に気になるのは両替の方法です。

カンボジアの現地通貨はリエルとなりますが、実際にリエルを両替するとなるとレートはどこが得なのでしょうか。

知識の有無によって損得がおおきく分かれますので、カンボジアカジノを考えている方は、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

 

カンボジアでの両替・レートについて

カンボジアには、リエルと呼ばれる独自の通貨があり、紙幣は50リエルから100,000リエルまで10種類。コインは4種類存在しています。

しかしながら、町中で見かけるリエル紙幣は

  • 100リエル
  • 500リエル
  • 1,000リエル
  • 2,000リエル

で、コインはほとんど流通していません。

リエルのレートは1ドル4,000リエルと固定となっており、5,000リエルより下の紙幣しか見かけないのは、リエルが「1ドルのおつりとして使われる為」です。

逆に、大きい紙幣は信用されていませんので、リエルの大きい紙幣を受け取る機会がある場合は小さい紙幣に変えてもらうようにしましょう。

 

カンボジアでは米ドルに交換が基本!

カンボジアには独自紙幣(リエル)がありますが、実のところ一般に流通している全体の80%が米ドルとなっています。

そもそもリエルの紙幣やコインが日本国内では手に入りませんので、カンボジア旅行の際に両替をするのであれば、米ドルで行うことが一般的です。

現地でもシェリムアップ、プノンペンのようなカンボジアの観光地であればどこでも米ドルを使用することができます。

 

両替は空港で!

カンボジア旅行の為に、米ドルを用意する際には主な両替所として、

  1. 日本の空港
  2. 現地の両替所
  3. カンボジアの銀行
  4. カンボジアのホテル
  5. 現地のATM

から引き出す方法等が考えられます。

一般的に、「日本国内での両替は現地よりもレートが悪い」と知られていますが、カンボジアに到着してすぐに必要になることもありますので、空港では少額ほど両替しておくと安心です。

 

カンボジアと日本の$レートを比較

米ドルのレートが、日本とカンボジアでどれほど異なるか比較してみましょう。

まず日本の米ドルレートは、2018年5月時点で、

  • 国内大手銀行:$1=112.30
  • 成田空港:$1=111.81
  • ゆうちょ銀行の外貨宅配:$1=112.43

です。一方、カンボジア国内の銀行では「$1=111.20」となっています。

10,000円の日本円を米ドルに両替をする場合、日本国内の銀行、成田空港、ゆうちょ銀行の外貨宅配も「ほぼ一律89米ドル」という計算です。ということは、カンボジアの銀行で両替した場合は「90米ドル」となりますので、カンボジアのほうが若干お得になります。

しかし、カンボジア国内のATMでキャッシングした場合は、為替レートに加えて、為替手数料、海外ATM手数料、また利息が発生しますので、あまりお得とは言えません。

 

ホテルでの両替は絶対NG

カンボジアのカジノに行こうとホテルで両替をする日本人もいますが、ホテルでの両替は「法外なレート」となっているので止めておきましょう。

ATMも緊急時のみ、ただしカンボジアのATMは故障していることも多い為、使用するときは十分に注意が必要です。

 

カンボジアは米ドルの両替がカンタン!

日本で米ドルに限らず国内で両替すると、流通していないことから手数料が高くなりますが、カンボジアでは米ドルが流通して一般的に使われていますので、日本円から米ドルに両替することは非常に簡単です。

 

けど高額紙幣は注意が必要!

ただし、100ドル札のような高額紙幣は嫌がられたり、お釣りがもらえない可能性がありますので、小さい紙幣を多く持っておくことをお勧めします。1ドル、5ドル、10ドルあたりを多く持っておくと便利です。

カンボジアでは、大きなショッピングセンター等では100ドル紙幣を使用できますが、その他のほとんどのお店では使用できないと考えておきましょう。

コンビニも例外ではありませんので、大きい紙幣しかない場合は先に崩しておく必要があります。

 

交通運賃の支払いは5ドルでもお釣りが場合も

カンボジアの交通手段である、

  • タクシー
  • トゥクトゥク
  • バイクタクシー

を利用する場合、5ドルでもお釣りがもらえないことがあります。そのため、1ドル札を多めにしておくことがポイントです。

 

カンボジアには両替所がたくさんある

カンボジアの観光地では、歩くとすぐにわかる程沢山の両替所があります。

特にセントラルマーケットの辺りは集中していますので、比較的レートも良くなっているようなのでおすすめです。

ただし、小さい両替所では一度に大きな額を両替できない場合もあります。

 

プノンペンで両替するなら?

プノンペンで大きな両替所へ行く場合には、「LY HOUR EXCHANGE」という両替所がおすすめです。

カンボジアでは両替所を比較的容易に見つけることができますが、中には偽札が混ざっている両替所もありますので、きちんとした両替所で両替をするようにしましょう。

また、リエルがたまってきた場合には、米ドルに両替しておくとどこでも利用できますので便利です。

 

まとめ

カンボジアで旅行やカジノにお金を準備する場合には、日本国内ではできるだけ両替をせず、現地の両替所で米ドルに換金するようにしましょう。

カジノが併設されているホテルでの両替はレートが悪い為お勧めできません。また、米ドルを用意する場合は、できるだけ小額紙幣にしておくことがポイントです。

これらを覚えて、カンボジア旅行を満喫しましょう!

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!