【シドニー】得をする両替所、損をする両替所

カジノへ遊びに行く場合、その現金をどこでオーストラリアドル(AUD)へ替えるかですが、旅行の始まりから順にこの記事で見てゆくことにしましょう。

主な両替所とレート

まず事前に三菱UFJ銀行などの外貨を扱う銀行やトラベレックスなどの両替業者でAUDに換金しておくことが出来ます。

レートは日により異なります。
換金手数料は若干銀行系の方が安いかもしれません。

為替レートに比例しますので、毎日チェックして予測を立て「この日のこのレートが旅行から帰って来るまでで一番低いレートだ」と読むのを楽しみにしている人もいます。私はよくこれをやります。

もちろん得をするか損をするかは旅行が終わって帰って来るまでわかりませんが、損をしていたらAUDのまま持っておくことでリスクを回避することが出来ます。この時点からギャンブルを始めているわけです。

私はFXをやりませんので独自判断で変動を読んでいますが、日頃FXをやっている人に教示してもらうのもコツのひとつだと思います。

次に、カジノに着くまでに必要最小限の金額を旅行当日AUDに換金し、カジノで遊ぶお金は日本円のまま持っていくことが考えられます。

オーストラリア入国時に先の換金分と併せて1万AUD以上持込むのには複雑な手続きが必要になるので、現金で持込む場合は注意が必要です。

計算が分かりづらい時は、日本円で100万円のまま持って行き、イチかバチか、シドニーの空港で換金すると言ってイミグレーション通過に賭けてみるのも手です。
ダメと言われたら手続きするしかありませんが、私は2度、この手で持込みました。
虚偽の申告はしないようにして下さい。

オーストラリアは以外と大雑把なので入国審査で「サイトシーイング ショッピング アンド ギャンブル アット カジノ」と純日本語訛り英語で言うと通過させてくれた経験があります。

ただ12年前のことなので、当時は外貨を沢山使ってもらうことに政策が動いていて、ショッピングがしやすいように消費税(GST)も帰国時に申請すると返還してくれるシステムもありました。
テロの激化につながるマネーロンダリング対策で現在は通じないかもしれません。

申告額は正確に言ったほうが良いと思います。
虚偽の金額申告は間違いなく違法なので止めましょう。あとで発覚したら持込んだ理由や隠した理由を警察で聞かれます。
現地に着いても空港の銀行や両替業者があります。

実は、1度だけですが出発時に見たレートよりナイトフライトの間に極端な円高になっていたことがあり、1件ずつ手数料を聞いて回って、現地の銀行でかなりお得になる業者を見付けたことがありました(申し訳ありません店名を忘れました)。
今でもあるかどうか分からないのですが、次に行った時に調べてみます。

こんな偶然はなかなかあるものではありません。これもギャンブルです。
FX好きの方には当たり前のゲームなのかもしれませんが・・・。

初めてシドニーを訪れる人に、これに挑めとは言えないので、安全策と少しでもリスクを回避するためカジノで遊ぶお金は日本円のままで、ホテル到着までに必要な金額のみ日本で換金しておくことをお奨めします。

街中に両替商はありますが、近年治安が悪くなっているので旅行者然とした格好で空港外へ出てうろつくのは危険ですし、安全な両替商を見抜くのも難しいのでお奨めできません。

ホテルまで送迎してくれるツアーか、旅行会社でオプションをつけてザ・スターのホテルまで、またはザ・スターのリゾート内まで送ってもらって下さい。
カジノで使うお金に比べたら微々たる金額です。せっかくの旅行を台無しにしないためにもその方法をお奨めします。

シドニーカジノのレート

シドニーカジノのレートはキャッシャーに掲示されています。

シドニーに限らないのですが、カジノレートは朝決められた時間に前日の為替レートを参考にして決められ、このレートでデポジットをすれば、翌日の変更時間までこのレートが保持されます。

デポジットの基準はカジノによりますが、日本円を換金しないでキャッシャーへ持ち込めば、戻してもらう時にカジノで負けて元本割れしてなければデポジット時の現金のまま返してくれます。
もちろんカジノで負けてしまえば、その分引かれます。

勝ち分はカジノチップをキャッシャーでAUDで渡されますので、これはどこかで使うか、AUDのまま持ち帰るしかありません。

日本に帰ってきたとき手持ちの現金が円、AUDあわせて100万円以下にしておかないと日本側のイミグレーションで面倒なことになりますので注意して下さい。
ここでも虚偽の申告は絶対にしないで下さい。

私はいつも1万AUD分は持ち込んだ上で、クレジットカード(実際にはVISAで決済出来るデビットカード)に遊ぶお金をあらかじめマウントして(実際には日本の銀行の口座にいれておく)ようにしています。

そしてその日負けてもいいと思う分だけ現地ATMで引き出すようにしています。カジノの中にもATMはあります。

カジノの1ベット(賭け)でとられるコミッション(手数料)を考えたら、円→AUDの換金手数量など微々たる金額なのであまりナーバスにならず、遊ぶ分ずつ引き出すことをお奨めします。

負けが込むと熱くなって取り戻そうと、最初に考えていた金額より使いすぎてしまう人の方が圧倒的に多いようですので、その防止にもなります。

まとめ

初めてカジノへ行くのであれば、お奨めは食事や空港での買い物など生活に必要な額のみ出発前にAUDに換金し、違法でなくても冒険はせず、不要な現金は所持しないで、クレジットカードにマウントしていきカジノで遊ぶ分ずつ引き出していくのが良いと思います。

現金で持ち込む場合は、カジノで遊ぶ分は日本円のまま持込みましょう。個人差もありますが、生活系は日本で1万円程度換金しておけば充分だと思います。

カジノは最低でも3万AUDは使えるようにクレジットカードに準備しておきましょう。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!