【スイス】国民投票によりオンラインカジノ解禁

スイスでは既にカジノが合法化されていますが、2012年、新たにオンラインカジノの運営を認めるか否かを問う国民投票が行われました。この新たな賭博法は半数以上の賛成者をもって可決、法律が制定されました。

スイスの新しい賭博法とはどういうものか

カジノと言えば、大半の人はラスベガスなどの有名なところを想像してしまいがちですが、実はスイスにも多くのカジノがあります。
しかし、この国の歴史をひも解いてみれば、長い間カジノが禁止されてきたという時代がありました。カジノを楽しむという目的のため、多くの人々が他の国へ旅行する一方で、スイスでは政府がこれを頑なに禁止していたわけです。その後、スイスでカジノを合法化するという法案が国民投票によって成立しました。ところがこの時点でも、オンラインカジノに関しては依然禁止とされたままでした。

オンラインカジノの運営を許可するという内容を含んだスイスの新しい賭博法は、2012年の国民投票で可決となりました。これにより、スイス国内ではオンライン賭博の運営も可能になりました。オンラインカジノとは、インターネット上でのいわゆる仮想カジノという位置づけで、今、世界的に大変注目されている賭博の一つです。スイスの新しい賭博法の下では、オンラインカジノは実際のカジノと同様、一定の決められた条件をすべて満たす必要があり、政府の許可がないカジノサイトはインターネットへの接続を遮断されることになります。

新しい賭博法には、オンラインカジノ以外の賭博に関する定めも盛り込まれています。たとえば、宝くじやスポーツ賭博など、スイスにもさまざまな賭博がありますが、新法ではこれらに関わる組織による新しいタイプの企画の提案が容易にできるようになりました。新企画を導入することができれば、それだけビジネスチャンスも広がり、利用者の選択肢も増えることになります。賭博を企画する側、行う側双方に喜ばしいことではないでしょうか。

この新しい賭博法では、国が賭博市場を確実に調整管理することにより、運営側が常に最新の賭博を利用者に提供できることを保証しています。もちろん、保証の対象となるのは国が認めた会社だけです。どうしてそこまで国が保証をするのか、それには大きな理由があります。新しい賭博法では、賭博から得られる利益はすべて公益に使用される、と言及しているからです。具体的には、老齢遺族年金を始め、障害者年金、文化事業、社会福祉、スポーツ振興、共益施設などに使われるといったことが明記されています。

ギャンブル依存症対策の狙いもある

この新しい賭博法はまた、ギャンブル依存症対策を強化するという大切な目的も持っています。スイスという国はこれまでにも、賭博の依存症対策に随分力を入れてきましたが、新法ではさらなる強化策を講じています。基本的に、運営側に依存症防止の専門家を最低でも一人は配属するというのもその一つです。また、これまでの依存症対策はカジノのみを対象としてきましたが、新しい賭博法ではもう少し幅を広げ、宝くじ企業などにも適用されることになりました。

オンラインカジノの運営を認めるスイスの新しい賭博法では、スイス国内の認定会社によるオンラインカジノ運営だけを認めており、たとえば国外に拠点を置く会社は、基本的には接続遮断の対象となっています。こうしたさまざまな対処によって、依存症対策をさらに強化しようという狙いがあります。

賭博の依存症という問題は、最近では日本の国会でも議題にされてきましたが、スイスの新法にはこの依存症対策がかなり具体的に盛り込まれています。賭博依存症の早期発見と早期治療の大切さを念頭に法律が定められており、国レベルでの管理が行われています。日本では賭博依存症になってしまい、そこから抜け出すことができない人も少なくありません。カジノのような賭博運営者には、依存症対策の確実な強化が義務付けられて然るべきと言えます。

まとめ

スイスには数えきれないほどのすばらしい観光名所があります。
雄大な自然や希少な建物群などが、多くの人の心を揺さぶります。そんなスイス観光の中で、特別な経験としてカジノを楽しむという選択肢もあることでしょう。この国では長い間カジノが禁止されてきた歴史がありますが、国民投票により合法化され、今では国内で多くのカジノが運営されています。そして、2012年にはそれまで禁止されていたオンラインカジノも、国民投票によって解禁されました。こうした賭博に関することも国民投票で決めるというのは、スイスらしい特徴でもあります。

スイスのカジノ運営は、国が認めた運営会社以外は禁止という厳しい姿勢が貫かれてきました。また、賭博の依存症対策はこれまでも多様に行われてきましたが、新しい賭博法では特にオンラインカジノに重点を置き、賭博の依存症対策がより一層強化された内容になっているのが特筆すべき点と言えるでしょう。

カジノとビールと旅が好きな男性です。
カジノ関連の記事執筆は得意分野です。世界中のカジノ施設を巡るのが大きな夢!


友達にもシェアしましょう!