ラスベガス「サーカスサーカス ホテル カジノ&テーマパーク」に泊まってカジノを楽しむ!

ファミリーでも両親がカジノ好きというのであれば、ラスベガスにあるサーカスサーカスホテルなどが最適です。テーマパークやカジノ、サーカスなどをまとめて満喫できる「ホテル&カジノ」がこのホテルのメリットです。

▼ラスベガスのおすすめカジノホテル紹介

基本情報


サーカスサーカス ホテル カジノ&テーマパークは1968年に開業したラスベガスの中でも由緒のあるホテル&カジノのひとつです。建物自体は年数が経っているとはいえ、2003年に全館改装してあるので快適な滞在が楽しめます。上空から見ると名前通りの巨大なサーカスといった印象を受けるこのホテルですが、敷地内には全米でも最大級を誇る遊園地「アドベンチャードーム」を擁している他、空中ブランコやジャグリングなどの本格的サーカスも連日繰り広げられています。

空からのアクセスも便利で、マッカラン国際空港からは5.8km、ラスベガス空港からは8.8km、ヘンダーソン エグゼクティブ空港から17.8km、そしてボールダー シティ空港からも34.2kmと至近距離となっています。客室数は約3744、このうちスイートルームは110室ありますが、ホテルの性格上子ども連れが多いので、多少騒がしい感じがすることは否めません。また、水道と電気の完備したキャンピング施設が整っており、400台以上のRV(リクレーショナルビークル)を収容することができます。北米でキャンピングカーに乗って長旅をするチャンスを得られたらぜひ利用してみたい施設です。

カジノ施設の情報


サーカスサーカスのカジノは24時間営業していますが、未成年者(21歳未満)のみのホテルでの宿泊は法律によって禁止されていますので、必ず予約する人のいずれかが21歳以上であることが前提となります。アメリカでは「未成年」の定義が州によって異なりますが、ラスベガスの場合には21歳未満の場合カジノでゲームができないばかりではなく、同じフロアでゲームを観察することも禁止されています。

ですから年齢が20歳に満たない人は1階部分のカジノではなくて2階にあるゲームセンターを利用することをおすすめします。ゲームセンターには「UFOキャッチャー」や「エアーホッケー」などが設置されています。

サーカスサーカスのカジノ部分の面積は9406㎡と広大で、スロットマシーンが1400台、テーブルゲームも45台用意されています。テーブルゲームはある程度ゲームの知識がわかっていないとなかなか挑戦できませんが、スロットマシーンはカジノ初心者にはおすすめです。スロットマシーンならミニマム・ベット(最低の掛け金)も0.30ドルと低料金なので、大損を心配せずにプレイをすることができます。初めてカジノに行く人でも0.60ドル程度の投資で150ドル程度の当たりが出ることは日常茶飯事ですから、一度は挑戦してみる価値があります。

サーカスサーカスにはこの他にもビデオポーカーや電子テーブルゲームがありますから、さまざまな楽しみ方をすることが可能です。ブラックジャックは朝10:30、ルーレットは11:30などといったようにゲームごとに異なるレッスン時間が毎日組み込まれています。

カジノ以外の楽しみ方

カジノやゲームセンターにはさほど興味がないという人のために設けられているのが屋内テーマパークアドベンチャードーム(旧名「グランドスラムキャニオン」)です。5エーカーという巨大な敷地を誇るアドベンチャードーム内には射的や輪投げなどの昔懐かしい縁日的な施設がある他、ジェットコースターやエルロコ(急流下りのような遊具)など本格的な遊園地設備が整っており、小さい子どもでも十分に楽しむことができます。絶叫系のマシーンがけっこう多いので日ごろのストレスを発散するには最適の空間と言えるかもしれません。屋内型なので天候の悪い季節でも天気を気にせずに遊ぶことができるのもこのアドベンチャードームのメリットです。

18ホールのミニチュアゴルフコースも揃っているので、カジノで少し緊張したらゴルフで身体をほぐすのも悪くありません。アドベンチャードームの開館時間は平日が11:00~18:00、金・土・日が10:00~18:00ですが、季節によっては深夜まで営業している特別営業日などもあります。入園料は基本的に無料で、各乗り物に乗る際に料金を払うようになっています。乗り物の料金は5ドルか8ドルで、乗り放題の1日パスは身長48インチ以上が27.95ドル、33~48インチが16.95ドルです。子どもとはいえ、身長の高い子だと大人料金が適用されてしまいますので注意が必要です。

まとめ

ラスベガス旅行の醍醐味は何といってもカジノでゲームを楽しむことにありますが、ゲームに参加するにはそれなりの出費を覚悟しなければなりません。こうなってくるとホテルを選ぶ際にはできるだけリーズナブルなところを選ぶ必要がありますが、その点からいってサーカスサーカスホテルは理想的です。

29階建ての同ホテルは超ラグジュアリーというわけではありませんが、お金をかけずにサーカスやエンターテイメントを楽しむことができますから、宿泊代を多少節約してカジノを満喫したいという人にもぴったりです。館内にあるレストランもコスパがよく、20ドル前後でけっこう満足の行く食事ができます。自分の好みに応じてハンバーグを作ることのできるBBQステーションなどもありますから、子どもも参加して楽しいバケーションを過ごすことができます。

詳細情報

サーカスサーカス・ホテルカジノ&リゾートの公式サイト

出典元:https://www.circuscircus.com/en.html

住所
2880 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
電話番号
+1 702-734-0410
制限
21歳以上、パスポートチェック、写真撮影NG

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!